2013年03月29日

セリーグ順位予想

順位予想

1.巨人

2.ヤクルト

3.阪神

4.DeNA

5.広島

6.中日

◎巨人は今年も充実した投手陣と打線があります。昨年は2位に10ゲーム以上の差をつけて優勝しました。今年もその再現の可能性があります。ただ不安要素があるとすれば、開幕ダッシュに成功するか。

昨年は開幕ダッシュに失敗し、一時期は最下位に落ちた事がありました。今年はそういう事がなければ良いのですが。戦力的には充実していますので、油断さえなければ優勝できると思います。

◎阪神はオープン戦での打率が・294と12球団で2位の成績です。補強組の西岡、福留、コンラッドが力を発揮しています。打線強化というフロントの目標は達成できたと思います。

問題は投手です。能見、岩田、榎田がどれだけ力を発揮するかでしょう。抑え役は久保ですが、藤川ほどの活躍ができるか。ルーキー・藤浪は開幕ローテーションに入るようですが、秋山、白仁田などの若手投手にも出てきてほしいと思います。

◎広島は前田健太、野村、大竹の先発3本柱は良いようですし、バリントンも開幕投手に指名されました。昨年はチーム防御率も2点台と良かったですし、中日から加わった久本も頑張っているようです。ミコライオ、ソコロビッチの助っ人がどれだけやれるかでしょう。

打線は東出が怪我で離脱し、その為、野村監督は菊池と丸を1,2番で起用するようです。エルドレッド、ルイスの助っ人が活躍すれば、得点力は上がると思います。それでもオープン戦打率はあまり良くなかったですね。打線が踏ん張らないと今年もBクラスってこともあり得るでしょう。

◎DeNAですが、打線が今年は良いです。中日から加わったブランコがラミレスとともにホームランを連発すれば、かなりの得点が期待できます。モーガンはまだ日本の野球に慣れていないようです。それでも多村の加入や中村紀、筒香の存在は大きいと思います。

問題は投手陣。オープン戦の防御率が4点台後半なのが気になります先発、中継ぎ陣がまだ整備されていない感じを受けます。故に中日から加わったソト、ソーサの活躍に期待です。

今年は強力になった打線のおかげで、最下位脱出も可能だと思います。

◎ヤクルトですが、WBCでバレンティンが怪我をしました。これがシーズンにどう響くのか。補強はほとんどしませんでしたが、目立ったのは岩村の復帰くらいです。打線は昨年と変わらないと思いますが、畠山、田中、雄平、ミレッジが打線を引っ張っていくだろうと思います。オープン戦は打率・270台と好調でした。

投手陣は館山、村中、石川の3人が中心だと思います。それにロマン、七条、赤川の3人も先発陣に入るようです。抑えはバーネットでしょうが、若手の日高、増渕、松井などの活躍にも期待したいです。それと由規の復活が待たれます。

◎中日ですが、オープン戦での打率・242、防御率4.84は共に悪いです。特に投手陣が今年は良くないようです。ソト、ソーサがDeNAに移籍した影響が出ているように思います。先発は吉見、中田賢、ブラッドリー、カブレラ、岩田、雄太だと思います。しかし中継ぎのエース・浅尾が怪我で離脱したのが痛いです。

打線は高齢化が進み、中心打者の年齢も和田が41歳、井端が37歳、荒木35歳、森野34歳、山崎44歳など30歳代から40歳代前半になっています。大島が頑張っていますが、彼に続く打者が出てこないと。野本、堂上兄弟、平田、中田亮などの若手、それにルナ、クラークの助っ人の出来が鍵を握ると思います。



今年はかなり混沌としたシーズンになると思います。けれどあくまでも予想です。けが人という不確定要素が出てくると、当然順位も大幅に変わります。

今年のセリーグは

1.巨人の連覇がなるのか。

2.阪神の巻き返しがなるのか。

3.DeNAの最下位脱出はなるのか。

この3点に注目してみていきたいと思います。

コメントする

コメントの投稿方法はこちら

トラックバックURL
トラックバックは「スポーツナビ+」内の記事からのみ受け付けております。
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/arakan/tb_ping/472