中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

月別アーカイブ :2008年09月

北京世代よ台頭せよ

日本サッカー協会は29日、親善試合である10月9日のUAE(アラブ首長国連邦)戦と、W杯アジア最 終予選の第2戦、10月15日のウズベキスタン戦に臨む代表メンバー26名を発表した。 以下がその顔ぶれだ。 GK: 川口能活(磐田) 楢崎正剛(名古屋) 川島永嗣(川崎) DF: 中澤佑二(横浜FM) 高木和道(清水) 田中マルクス闘莉王(浦和) 駒野友一(磐......続きを読む»

「決定力不足」解消の最終手段が消えた…

レアル怒涛の7ゴール!ラウールが2ゴール! ACミラン2ゴールでレッジーナに勝利 J1の川崎に所属しているブラジル人FWのジュニーニョが日本国籍取得を目指していたが、断念したことが26日わかった。 ジュニーニョといえば、昨季J1で得点王に輝いたストライカー。ジュニーニョは日本代表入りを熱望し、日本国籍の取得を目指していた。 だが、2つの問題で日本国籍の取得が困難となり、断......続きを読む»

日本代表「タフさ必要」

リーガ・エスパニョーラ第4節の動画をアップ セリエA第4節の動画をアップ 日本サッカー協会は25日、北京五輪を総括したレポートの内容を公開した。2012年ロンドン五輪に向けた改善点がまとめられている。 レポートの中では男子の敗因について具体的に検証されていた。 「荒れたピッチなど厳しい環境に対応できるタフさ」 「失敗を恐れさせない指導」 などがそれに当たる。 ......続きを読む»

サッカー界のフランス人同士が激しく対立

 UEFA(欧州サッカー連盟)の会長を務めるミッシェル・プラティ二氏が、同じフランス人であるアーセナルのアーセン・ベンゲル監督を名指しで徹底批判!  ことの発端はこうだ。  20日に行われたイングランド・チャンピオンシップ(2部リーグ)のワトフォード対レディング戦で起きた「世紀の誤審事件」。これが今イングランド中で話題騒然となっている。  前半13分、右CKからのボールをレディング......続きを読む»

今日、岡田監督が日本のエースを視察

日本代表の岡田監督は浦和レッズFW高原直泰の代表復帰を見極めるため、今日、埼玉にて同クラブのACL(アジアチャンピオンズリーグ)アルカディシア戦を視察する。 高原は21日のJ1第25節大宮vs浦和の埼玉ダービーで高原「らしい」決勝ゴールを決めてチームを勝利へ導いた。チームにフィットしはじめ、本来の調子を取り戻し始めたのであろうか。 元々岡田ジャパンには召集される予定であったが、今......続きを読む»

日本代表最大のライバルはウズベキスタンか

ドイツW杯で日本代表監督を勤めたジーコがウズベキスタンのクラブ、クルブチの監督に就任することが決まった。ジーコは契約のためにタシケントに向かったという。 そして気になるのは代理人のコメント。代理人によれば、クラブのほかにウズベキスタン代表の監督を補佐する役職を兼務する可能性もある、という。 ウズベキスタン代表といえば、W杯アジア最終予選で日本と同組である。同代表は現在最終予選......続きを読む»

日本のエース復活に期待していいのでは…?

21日。J1・第25節大宮vs浦和の埼玉ダービーで、浦和がFW高原直泰(29)のゴールで大宮を1-0で下した。浦和は順位を2位に上げた。 前半27分。FW高原が相手DFラインの裏へ飛び出すと、左サイドの相馬から絶妙のスルーパスが。高原は飛び出してきた相手GK江角をかわすと、一瞬顔を上げてゴールを確認したあと、右足を振りぬいた。放たれたグラウンダーのシュートはGKの股の間を抜けてネットを揺ら......続きを読む»

酷暑と砂嵐と中東の奇怪な笛

  「オレも含めてミスが多い。砂ぼこりで呼吸できず、声も出せない」 闘将・闘莉王も音を上げるほどの環境だった。 アジアチャンピオンズリーグ。17日の準々決勝第1戦で浦和がアルカディシア(クウェート)に2―3で敗れた。浦和はACL通算13戦目でこれが初の黒星。 日本代表でもよく聞かれる中東のアウェイの厳しさ。その洗礼を浦和がもろに受けた試合となった。 まずは天候。......続きを読む»

いよいよ本格始動!

サッカーのヨーロッパ・チャンピオンズリーグ(CL)は17日、ヨーロッパ各地で1次リーグE-H組の8試合が行われた。 日本代表の中村俊輔が所属するセルティック(スコットランド)は0-0でオールボー(デンマーク)と引き分けに終わった。中村は右MFでフル出場した。 セルティックが入った同じE組では昨季CLチャンピオンのマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がスペインの強豪ビリ......続きを読む»

W杯予選南米・欧州の状況は?

9月の上旬に世界各地でW杯南ア予選が行われた。 日本代表は9月6日の1試合のみで、ご存知のように3-2でバーレーン代表にアウェイで勝利した。  ハイライト動画を見る また、同じアジアの韓国は日本とは別のグループBにて最終予選を戦っているが、こちらも9月は1試合のみで、9月10日に中立地の中国・上海で北朝鮮と対戦。1-1で引き分けた。 ハイライト動画を見る ヨーロッ......続きを読む»

ラジオ番組更新~W杯南ア大会最終予選日本vsバーレーンを振り返る~

サッカー専門番組ラジオBEE Football Spiritを更新しました。 今回は、9月初旬に行われた日本代表vsバーレーン代表の試合レビューを中心に、世界各地で行われたW杯最終予選の試合を振り返ります。 パーソナリティーは本ブログでコラムを記載している小松英之氏とラジオ製作を行っている「バンス」の中嶋圭吾氏です。 ぜひともお楽しみください。ラ......続きを読む»

俊輔来年1月にJ復帰の可能性示唆

中村俊輔がJ復帰!? 地元紙でそんなニュースが報道された。報道の中では、俊輔のコメントして「僕がスコットランド人だったら一生セルティックでプレーしたいと思うだろう。でも僕は日本人だ。それに家族や子供もいる」といった内容を記載し、その後、Jリーグへの復帰をほのめかしたというのだ。 俊輔本人はというと、「別に1月に日本に帰るとは言っていない。そういう可能性があると言っただけ。まあ、帰ると......続きを読む»

あの人がテレビに初復帰で久々の語録

「日本は実力があることを知らなければならない。日本はアジアのどのチームよりも優れたチームだと考える方が良いだろう」 あの人が脳こうそくで倒れて復帰後、初のテレビ出演! 元日本代表監督・オシム氏である。 16日から始まる欧州チャンピオンズリーグ(CL)についてのあるTV番組に登場して、この大会の見所を話したオシム氏。 その撮影の中で、ワールドカップ・アジア最終予選を......続きを読む»

イングランドに第3のワンダーボーイ登場か

10日に行われた2010年南アW杯欧州予選。 アウエーでクロアチアと対戦したイングランドは4-1でユーロで屈辱的な予選敗退を強いられた宿敵・クロアチアに大勝した。 この試合、右サイドに起用されたのはベッカムではなく、日本ではまだなじみの薄いウォルコット(アーセナル)。このウォルコットがアウェイのクロアチア戦という大事な試合でハットトリックを達成した。南アW杯を通じてその存在感を世界中......続きを読む»

ついにあの大物が協会から離脱!

昨日報道された電撃的なニュース。 中国サッカー界のドンこと謝亜龍が協会から離れることになった。 国際大会で次々と結果を出してきた中国サッカー女子に比べて、男子サッカーは低迷の底を極めている。2010年南アW杯アジア予選は3次予選で敗退し最終予選にも残れず、また地元開催となった北京オリンピックでも1勝もできずグループリーグ敗退。ACLではCリーグを代表して出場した長春と北京がともに......続きを読む»

アジアのサッカーレベルを底上げしよう!

 8日、来季より新しいシステムで行われるアジアサッカー連盟チャンピオンズリーグ(ACL)の概要が発表され、Jリーグからは4チームが参加することとなった。 新ACLは全32チームによって争われ、日本からはJリーグの成績上位3チームと、天皇杯チャンピオンの4チームが参加権を獲得する。また、もしも天皇杯優勝チームがJリーグの上位3チームと重なった場合は、Jリーグの4位のチームがACLに出場す......続きを読む»

日本サッカー協会はAFCに問題提議すべきである

日本代表は6日、W杯アジア最終予選初戦でバーレーンとアウェイで対戦した。試合は3―2でものにしたが、チームの中心であるMF中村俊輔と遠藤保仁が試合中に観客から緑色のレーザー光線を顔に当てられるという妨害行為を受けていた。日本サッカー協会はアジアサッカー連盟(AFC)に抗議する見通しだ。 これもアウェイの洗礼なのか… 試合をTVで観戦していたときは気付かなかったが、後々TV番組で流れた映像......続きを読む»

いよいよ明日決戦!岡田監督最新コメント

「継続して順調にきている。思った以上に、自分たちがやらなくてはいけないという気持ちでやってくれている」 サッカー日本代表は4日、W杯アジア最終予選の大事な大事な第1戦となるバーレーン戦が行われる当地で練習を行った。 冒頭は練習後の岡田監督のコメントである。 8月20日のウルグアイ戦での「完敗」。 日本を発つ直前の千葉合宿では大学生チームに敗北。 ここ最近、「本当に......続きを読む»

開幕戦から今年のセリエAを占う

今季で77年目を迎えたセリエAが先週開幕した。 注目は昨年スクデッドを獲得したインテル。 監督に新たにジョゼ・モリーニョを迎え出発したインテルだったが、開幕戦を勝利で飾ることができなかった。アウエーでサンプドリアと1-1と引き分けた。 インテルは、31分にイブラヒモビッチのゴールで先制したものの、68分にデルベッキオに同点ゴールを決められ、試合はそのまま終了した。(ゴールシーンを見......続きを読む»

レアル&バルサ2強が敗れる波乱の開幕戦を動画で!

8月31日(日)。リーガ・エスパニョーラ08~09開幕。 その開幕戦で、R・マドリーとバルセロナがそろって破れるという大波乱が起こった。 R・マドリーはデポルティボ・ラ・コルーニャ相手にアウェイで2-1の敗戦。(動画を見る) 一方のバルサは、こちらもアウェイでヌマンシアに0-1で破れた。(動画を見る) この両チームが同時に初戦を落とすというのは、なんと70年ぶりの出来......続きを読む»

C・ロナウドに約270億円を提示!?

「1億7000万ユーロ(約268億6000万円)を払えない理由がどこにある? われわれは世界最強のクラブを目指す。レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドに勝るクラブになるのだ」 こう豪語するのは、アル・ファイム氏。昨日、ロビーニョの電撃移籍を発表したマンチェスターCの新しい最高経営責任者で、「オイルマネー」を背景にもつアラブ系大富豪だ。 「マンチェスター・シテ......続きを読む»

ロビーニョ移籍問題は意外な結末で幕!

ロビーニョの移籍問題は、なんとも意外な形で幕を下ろした。 移籍先はチェルシーではなく、なんとマンチェスターCだった。 レアル・マドリーからの移籍が確実となっていたロビーニョは「チェルシーしか考えていない」と発言するなど、プレミアリーグのチェルシーに移籍するとの見方が多かった。 しかし、意外にもその移籍先はマンチェスターCだった。 なぜマンチェスターCなのか? ま......続きを読む»

日本代表対バーレーン戦術~前線からの激しいプレス

3次予選アウェイでの敗戦は二度と繰り返してはならない… 9月6日。 アウェイで2010年南アW杯アジア最終予選の初戦を迎える日本代表。対戦相手はバーレーン。 まだ記憶に新しい今年3月のアジア3次予選。日本代表はアウェイでバーレーンに0-1で破れている。この試合では、GK川口のミスもあったものの、日本代表は攻撃面でもいいところなく破れた。 この試合の反省点としてロングボ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14967054

(10月24日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss