中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

月別アーカイブ :2008年06月

スペイン優勝の陰に~アラゴネスと協会の内紛~

中国サッカー魂編集部 Euro 2008決勝、ドイツvsスペイン。試合はスペインがフェルナンド・トーレス(Fernando Torres)の決勝ゴールで1-0とドイツを下し、44年ぶり2度目の欧州選手権優勝を果たした。 スペインのアラゴネス監督はチームを優勝させたにもかかわらずこの大会限りで代表監督の座を降りる。トルコリーグのフェネルバフチェが監督の就任を要請しているという......続きを読む»

高さのドイツVS足もとのスペイン~今日決勝~

中国サッカー魂編集部 決勝を前にスペイン代表監督のアラゴネスは語った。 「彼らは長身のため高いボールにも強い。我々は少し苦しむだろう。もしかしたら私が選手のためにはしごをかけなければならない。ドイツは確かに強い、けれども我々の地上でのフットボールが彼らに問題を生じさせると思う」 ドイツを評しながらもあくまで強気の姿勢を崩していない。 はたしてどちらが栄光をつ......続きを読む»

岡田監督「前回と同じ間違いを繰り返さないようにしたい」

中国サッカー魂編集部 2010年南アW杯アジア最終予選の組み合わせが決定した。 日本はグループA。オーストラリアやウズベキスタンと同組になった。 グループA オーストラリア 日本 バーレーン ウズベキスタン カタール また、グループBは以下。 グループB 韓国 イラン サウジアラビア 北朝鮮 アラブ首長国連邦(UAE) ......続きを読む»

コラム:複雑な愛国心を超えて~スペイン代表

編集:中国サッカー魂編集部 いつも期待はずれだったスペイン スペインがロシアを3-0で破って決勝進出を果たした。優勝すれば、実に44年ぶりの優勝ということになる。 スペイン代表といえば、これまで「BEST8の壁」を常に超えられずにいた。 「無敵艦隊」と呼ばれ、才能ある選手が多く、大きな国際大会では必ず期待を集めながら、最高でもBEST8までしか進出できないことが多かった。 ......続きを読む»

トルコまたもや奇跡!!かと思われたが…

編集:中国サッカー魂編集部 Euro 2008準決勝、ドイツvsトルコ。 1-2ドイツリードで迎えた後半41分。トルコのセミー・シェンテュルクが同点ゴールを決める。試合終了間際の同点劇。またしてもトルコが奇跡を起こすのか。誰もが延長戦を予想した。 しかし、ドイツはこれ以上トルコに奇跡を起こさせなかった。 ロスタイム。左サイドバックのラームが決勝点を奪った。 試合後......続きを読む»

アーセン・ベンゲルはドイツが優勝と予想

編集:中国サッカー魂編集部 W杯3次予選のため中断されていた国内リーグが今日再開される。 Cリーグ第10節。(第9節は四川地震の影響で延期) 今日の注目はなんと言っても首位決戦。上海申花(シャンハイ シンハ)VS陕西中新(きょうせい ちゅうしん)だ。 首位を走る陕西中新はここまで5勝0敗3分という驚異的な数字。今日はアウェイで強敵上海シンハと対戦。無敗を更新できるか。 ......続きを読む»

引退後も影響力抜群のジダンとチャイナ代表の今後

編集:中国サッカー魂編集部 ※諸事情により、「ちゅうごく」と漢字表記すべき部分を「チャイナ」と表記してあります。 ご了承ください。 チャイナでももちろん、人気も知名度も高いジダン。 2006年W杯決勝戦後には、他の国と同じようにチャイナでも「マテラッツィーは何をいってジダンを怒らせたのか」がネット上で盛んに議論された。 さて。 今回のEuro2008では......続きを読む»

スペインVSイタリア PK戦詳細

編集:中国サッカー魂編集部 試合開始前。 両チームのキャプテンが主審と共にコイントスを行う。 120分後。 再び両チームのキャプテンが主審と共にコイントスを行う。 しかしこのとき、両キャプテンの双肩にのしかかっていたプレッシャーは120分前とは違うものであったにちがいない。 120分で決着がつかず、試合はPK戦へ。 イタリア代表キャプテン・GKブッフォン。 スペ......続きを読む»

ロシアの天才・アルシャビン

編集:中国サッカー魂編集部 まったく今回はすごい大会になっている。 いや、今回も、というべきかもしれない。ユーロという大会は、サプライズがよく起こる。 昨日のトルコに続き、今度はヒディングロシアが奇跡を起こした。 Euro 2008準々決勝、オランダvsロシア。試合は1-1で前後半90分を終え、迎えた延長戦で2得点を挙げたロシアが3-1でオランダを下し、準決勝進出を決め......続きを読む»

トルコマジックでクロアチア下す

編集:中国サッカー魂編集部 Euro 2008準々決勝、トルコvsクロアチア。試合はトルコがPKでクロアチアを下し、準決勝進出を果たした。 グループリーグで2度の奇跡を起こしてきたトルコが、またもや奇跡を起こした。 いや、この言い方は正確でない。 3度目なんだから、3度目の正直なんだから、もはや奇跡とは呼べまい。 これはきっと、トルコマジックだ。 Euro2004を思い......続きを読む»

勝負を分けた疑惑の3点目 ドイツVSポルトガル

編集:中国サッカー魂編集部 Euro 2008準々決勝、ポルトガルvsドイツ。試合はドイツが3-2でポルトガルを下し、準決勝進出を果たした。 試合開始直後から激しいプレスをかけるドイツ。誰が見ても「そのペースでは後半に運動量が極端に落ちるだろう」と思うくらい激しく相手陣内から高い位置でプレスをかけていた。まるで前半で試合を決めてしまうのだといわんばかりのハイペースである。 ......続きを読む»

ドイツのC・ロナウド封じは通じるか?ポルトガルVSドイツ見どころ

編集:中国サッカー魂編集部 ユーロ2008の8強が出揃った。 ポルトガルVSドイツ クロアチアVSトルコ オランダVSロシア スペインVSイタリア 強豪対決となるポルトガルVSドイツ、そしてスペインVSイタリア。 母国に挑むヒディング・ロシアVSオランダも興味深い。 またクロアチアは決勝トーナメントでも、その強さを発揮できるか。 決勝トーナメントは今日、19日......続きを読む»

「世界王者になったのはまぐれじゃない」

編集:中国サッカー魂編集部 「まるで決勝戦のように感じている」 「命をかけた試合」 「我々はまぐれで世界王者になったのはではない」 いささか大げさにも聞こえるし、マスコミ対策もあるだろうが、しかしながらまったくの本音でないこともないだろう。 イタリア不動の守護神、ブッフォンがフランス戦を前に語った内容である。 そのイタリアは見事、フランスを2-0で下した。同組もう1......続きを読む»

犯人は誰だ!!~戦犯探し~

編集:中国サッカー魂編集部 先週、アウェイのタイ戦でW杯最終予選進出を決めた日本。 3次予選を1試合残しているため、次節は勝敗はさておき、いかに最終予選への準備をするかがポイントになる。欧州組は数少ない国内組との実践の機会である。特に連携に関しては、実践を通して覚えるのが最も有効である。 さて。中国代表である。 日本がタイに勝利して最終予選進出を決めた同日、中国はホームでイラ......続きを読む»

ルーマニアがフランス代表ドメネク監督を批判

編集:中国サッカー魂編集部 オランダに勝てば、自動的にC組2位となり準々決勝へ進出が決まるルーマニア。 なんとフランス代表のドメネク監督が、オランダはすでに準々決勝へ進出を決めているため17日のグループリーグ最終戦では全力で戦わず、ルーマニアに勝利をプレゼントすると主張した、というのだ。 本当にドメネク監督がそのような発言をしたのかどうかは不明だが、オランダとしては決勝ト......続きを読む»

「今年のユーロはオランダ祭りだ!」

編集:中国サッカー魂編集部 「今年のユーロはオランダ祭りだ!」 4点目が決まった瞬間、チャイナTV局のアナウンサーはそう叫んだ。 それにしてもなんという強さだろうか… サッカーEuro 2008のグループC。オランダvsフランス。試合はオランダが4-1で快勝し、2連勝で準々決勝進出を決めた。 前節、世界王者イタリアを3-0で下したオランダが、なんと今度はフ......続きを読む»

番狂わせか妥当な結果か…

編集:中国サッカー魂編集部 これは番狂わせか、それとも妥当な結果か… ユーロ2008は12日、1次リーグB組の2試合が行われ、クロアチアがドイツを2-1で下して準々決勝進出を決めた。 チャイナ国内の報道を見ていると、番狂わせ的な報道が目立つ。 確かに、ドイツは優勝候補にも挙げられているし、バラック、クローゼといったおなじみのスター選手に加え、ポーランド戦ではポドルスキが......続きを読む»

やっぱりC・ロナウドはスーパースターだった

編集:中国サッカー魂編集部 「確実に彼を抑えなければならない。スペースを与えず、常に2、3人がマークするように守らせたい」 試合前日、C・ロナウド対策を聞かれてチェコのブリュックナー監督はこう答えた。 チェコは前半早々に失点を許すものの、その後はこの言葉通り、C・ロナウドを抑えた。C・ロナウドがボールを持って前を向くと、たちまち2、3人に囲まれる。得意のドリブルは何度......続きを読む»

もう期待は裏切らない

編集:中国サッカー魂編集部 もう期待は裏切らない… 中国においても、サッカースペイン代表が「毎回毎回期待されながら、それ相応の結果を出せない」のは有名である。 中国のサッカー通の間では、スペイン代表に対する評価を下すときには、「いつも期待を裏切られるからね~~」と言うのが、サッカー通としての証明みたいになっている。 しかし。 昨日の試合を見る限り、今回こそやって......続きを読む»

代表監督会見「選手の涙を見たときは…」

編集:中国サッカー魂編集部 中国でもファンが多いイタリア代表。 しかし今回の歴史的大敗に多くのファンが落胆した。 もちろん、オランダファンが喜んだことは言うまでもないが、中国では国営テレビであるCCTVにてイタリア、スペイン、ドイツ、フランスといった欧州主要リーグの試合が頻繁に放映されている。以前は同様に放映されていたプレミアリーグが放映権の都合上、昨年から放映されなくなったため、イタ......続きを読む»

幸福な日本サッカー:オシム「今度は私が『頑張れ』と言う番だ」

編集:中国サッカー魂編集部 前日本代表監督のオシム氏が、日本サッカー協会のアドバイザーに就任し、その会見が行われた。 会見の内容 オシムがまだ監督をしていた頃。 あるTV番組で川口能活選手が語っていた。 「オシムさんが日本の監督をしてくれているということに、僕らは感謝しなければならない」 これは恐らく川口選手の本音であると思う。 オシム氏のその複雑で多難な人生はご本人の......続きを読む»

次節、代表に暗雲?闘莉王怪我、国内世論など

編集:中国サッカー魂編集部 「W杯3次予選、オマーン-日本」(7日、マスカット)  サッカー日本代表は3日、前夜のスタメン11選手と、両足首ねんざのため離脱したDF阿部勇樹(26)=浦和=を除く12人が横浜市内で調整後、W杯アジア3次予選オマーン戦(7日・マスカット)と同予選タイ戦(14日・バンコク)に向け、現地へ向かった。岡田武史監督(51)は、前夜の横浜決戦の裏でDF田中マルクス闘莉......続きを読む»

代表戦レビュー日本VSオマーン 中国VSカタール

編集:中国サッカー魂編集部 アジア各地で行われたW杯アジア3次予選。 日本はホームで3-0とオマーンに快勝。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/live/jpn_20080602_01.htm 前節アウェーでバーレーンに痛い敗戦を喫していただけに、この試合の結果によっては岡田監督の進退問題にまで発展するなどとささやかれていたが、ふた......続きを読む»

岡田監督、オマーン戦に負けたら進退問題 フラドは…

編集:中国サッカー魂編集部 「W杯アジア3次予選、日本ーオマーン」(6月2日、日産スタジアム)  サッカー日本代表は1日、会場の横浜・日産スタジアムで公式練習を行い、オマーン戦への最終調整を終えた。3月に敵地バーレーンで敗れている日本代表は、連敗をホームで喫すれば、4大会連続のW杯出場が極めて厳しくなる。日本協会の川淵三郎キャプテン(71)は2日の結果次第では7日の第4戦オマーン戦が行われる......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:14967644

(11月09日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss