中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.06 November, 2017 3 of 5

このエントリーをはてなブックマークに追加

Dialogue with Yuto Nakamura No.06 November, 2017 3 of 5

—リーグの傑志戦から1週間後、カップ戦(シルバーシールド杯)の元朗戦がありまして、こちらもスタメンから外れました(中村祐人は延長前半から出場)。スタメンに自分の名前がなかったときは、どんな心境でしたか? 中村「そこは、監督と話しました」

—そうでしたか!監督はなんと? 中村「バランスとセットプレー対策ということでした。セットプレー対策というのは高さの部分で、僕が足りないからと。納得はできないけど、納得しなきゃいけないので、そこはしっかり監督と話しましたね」

—結果的に延長からの出場となりましたが、この試合では、途中出場はあると思っていましたか? 中村「思っていました」

—どういう試合展開になれば、自分に出番が回って くると考えていましたか? 中村「そうですね…。ボールがつながらないときや、劣勢のときですかね。この試合はそういう展開になったにも関わらず、なかなか声がかからなかったので、あれ?とは思っていましたが」

—この試合も90分間はベンチからチームを見守っていました。試合を振り返ってもらっていいですか? 中村「傑志戦のときもそうだったんですが、リードするとチーム全体が、ベンチも含めて、ふわっとしてしまうところがありますね。1-0でリードして後半を迎えたときに、もっと積極的に2点目を取りに行く、DFラインもしっかり高く上げる。そういう姿勢がないと、相手は恐くないのかなと思いながら見ていました」

—「この1点を守りたい」とい う心理が強く働いてし まうんでしょうか? 中村「そんな感じに見えますね。でも今季のうちのチームは、得点ができないチームじゃないんですけどね。1試合で2点、3点と取れるチームなのに…。なんででしょうね」

—この試合はカップ戦だったので延長戦があり、中村選手は延長開始時からの出場となりました。スコアは2-2。ピッチに入るに当たって、自分の役割はどういうものだと認識していましたか? 中村「チーム全体を落ち着かせるところと、ゴールを奪って勝利に導くところですね。ただ、延長のわりと早い段階で、相手の素晴らしいカウンターから失点してしまったので、そこからはちょっと急ぎすぎてしまったかな、という感じでした」

—延長で先に失点してスコア が2-3となったときの、 チームの変化は? 中村「延長戦では、前半も後半も、うちのチームはチャンス作ってたんですよ。でも、後半の早い段階で、パワープレーに走りましたね。僕としては、(パワープレーは)もう少し待ってもいいと思っていたんですけどね」

—パワープレーに走る前に、もうちょっとつなぐサッカーを続けるべきだったと? 中村「僕が個人的にそう思っているだけで、僕もチームに合わせていかなきゃいけないんですけどね…。ただ、CBが二人前線に上がったので、当然、相手のカウンターを防ぐために、中盤の選手が守備をしなければならない。でも、パワープレーでCBにロングボールを当てたとしても、そのセカンドボールを誰が取りにいくのか…とか。個人的にはCBを上げるのは一枚でいいと思っていましたね。二枚上げたのが監督の指示なのか、選手個人の判断なのかはわかりませんが。チーム全体として90分戦って疲れていたというのもあって、シンプルに戦いたかったのかもしれません」

—延長戦を戦っていて、相手と自分たちと、どっちのほうが最後まで動けていましたか? 中村「同じくらいだったと思います」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.06 November, 2017 2 of 5【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

【今日と言う日をしっかり生きよう!】非公式MDP152【次の世代の未来のために!】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

縁の下+おまけ【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:14968047

(11月24日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss