中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.06 November, 2017 2 of 5

このエントリーをはてなブックマークに追加

Dialogue with Yuto Nakamura No.06 November, 2017 2 of 5

—単刀直入にお聞きします。なぜ傑志戦に出場できなかったんでしょうか? 中村「実はよくわかっていません。もちろん、納得もしていません。それに、試合展開がリードしたまま終盤までいけば、出場チャンスはないかなと思いましたが、同点にされ、勝ち越されて、得点がほしい展開になったので、(自分の出場が)あるのかなとは思っていたのですが…。結局、出場機会は来ませんでした。まぁもう過ぎたことではありますが」

—監督からも説明はありませんでしたか? 中村「ありませんでした」

—中村選手から監督に聞いたりは? 中村「それもないですね」

—傑志戦までの4試合は2勝2分。しかも全部アウェーゲーム。チームは好調でした。にもかかわらず、5試合目で突然、中村選手はベンチ。「チームが好調のときはメンバーをいじらない」というのはサッカー界における定説でありセオリーです。そこからいけば、中村選手がスタメンであるべきでした。もちろん、その一方で「スタメンを決めるのは監督である」という厳然とした事実もあります。もしも傑志戦にTaipoが勝利していたら、監督の采配が当たったということになりますが、試合には敗れた。中村選手のファンやサポーターからすれば、納得できないまま、もやもやとした感情を抱き続けていることと思います。 中村「そうですね」

—もちろん、一番納得がいかなかったのは、中村選手本人であるとは思いますが。その辺は、もうすでに気持ちは切り替えられたんですかね? 中村「はい 。もう今は、全然、なんとも思っていませんよ」

—スタメンに自分の名前がなかったとき、どんな心境でしたか? 中村「当然、なんで?とは思いましたけどね。考えたのは、傑志戦の前節で、僕のミスから失点してるんで、まぁ仕方ない部分もあるかなと」

—あのミスが直接スタメン落ちにつながったんでしょうか? 中村「いや、恐らく理由はそこじゃないと思うんですけどね」

—試合を振り返っていただきたく思います。Taipoは先制するも、逆転を許して1-2で負けました。中村選手にとっては、今季初めて、チームを90分間ベンチから見守ることとなったのですが、外から見ていて、中村選手の目にこの試合はどんな風に映りましたか? 中村「みんなすごい果敢に戦っていたし、ひるむことなく向かっていってたと思いますね。ただ、試合途中から、やっぱり(先制した)1点を守りたいという心理が出始めましたね。後半はもっと勇敢にプレーできていたらと思いました」

—試合運びによっては、勝てるチャンスもあった? 中村「全然あったと思いますね」

—そうですか。この試合、チームは先制点を奪っていますが、チームの意識としては、先制点を取りにいこうという感じだったんですか? 中村「いえ。この試合に関してはそうではなく、まずは前半、きっちり無失点で終えようという意識が強かったですね」

—以前のインタビューで、傑志戦のポイントのひとつにチームコンディションを挙げていました。傑志戦の前は怪我人が 多く、代表ウィークもありました。チーム全体としてのコンディションはどうでしたか? 中村「怪我人は戻ってきたんですけど、試合の後半にやっぱり失速しちゃいましたよね」

—この試合で今季リーグ戦の初黒星を喫してしまいましたが、相手は強豪の傑志で、しかもアウェーゲームでした。チームの雰囲気としては、負けはしたけど、この方向性で間違っていない、そんな感じでしょうか? 中村「そうですね。そんな感じです」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【今日と言う日をしっかり生きよう!】非公式MDP152【次の世代の未来のために!】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

縁の下+おまけ【走れ!!ソニー仙台FC】

【中村祐人】Dialogue with Yuto Nakamura No.06 November, 2017 1 of 5【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14969887

(01月16日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss