中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

カップ戦決勝直前!中村祐人独占インタビュー 4 of 5

このエントリーをはてなブックマークに追加

‌4 of 5

—監督からはもっとリンクマンの動きを求められている。でも、中盤の守備ではものすごく機能している。この2つは、両立できるものなのでしょうか?

中村「できますね」

—そういう意味では、まだまだこのポジションで成長していける余地がある、と?

中村「ありますね。まだまだ無駄な動きを減らしていかないといけませんし、また前線との連携ももっと深められます。例えば、FWの選手がどこに出してほしいかを僕がもっと理解すれば、リンクマンとしての動きもよくなります。前線の選手は、僕のことを信頼してくれていて、僕がボールを持ったらすぐに動き出してくれるんで。試合を重ねれば、もっとよくなると思います」

—自分自身としては、このままCMでプレーし続けたいですか?

中村「したいですね」

—監督には、そういう要望は伝えているんですか?

中村「いや。ただ、見ればわかるだろう?とは思っていますが」

—過去のインタビューで、いつまでもFWでプレーできるとは思っていない、だからいつかは中盤でプレーしたいと語っていたことがありました。今、まさにその通りの道を進んでいますね。しかも、結果まで出している。

中村「僕もこんなに早く、中盤でプレーする日が来るとは思わなかったです。予定では、あと1,2年はFWでプレーする予定だったんですが(笑)」

—5月3日には、チームとしてタイトルのかかった、Sapling Cupの決勝が控えていますね。そこでもCMでの出場でしょうか?

中村「まぁそう希望していますが、こればっかりは監督の判断なので。対戦相手のペガサスは、奇をてらった戦術を使ってくるチームでもあるので、うちの監督がFWでっていうかもしれません」

—中村選手がFWにいると、ボールが回ってこないという言葉がありました。しかし、中村選手が中盤に入ると、チームとして機能する。それはつまり、中村選手が中盤で機能している証拠ですよね?

中村「そうでしょうね。まぁ、これは、僕が自分で言うべきことかどうか、わかりせんが…(少し間を置いて)香港サッカーの課題とも言えますが、ワンタッチのプレーが少ないんですよね。僕はワンタッチでプレーすることも多いので、そこでフリーの味方を一人多く作れたり。そういうことができるので、僕が中盤に入ったほうが、チームにとってはいいのかな、とは個人的には思っています」

—守備の面で、インターセプト以外に、中村選手が中盤に入ることによって、チームとして機能する部分はなんでしょうか?

中村「スイッチを入れられることでしょうね」

—スイッチ、ですか?

中村「はい。例えば、相手がサイドでボールを持ったとします。僕はすかさず、中に入れてくるなと判断し、中にいる相手選手にプレッシャーをかけにいきます。結果として、ボールが入って来なくても、僕が激しくプレッシャーをかけにいったプレーで、チームに守備のスイッチが入るんです。この前の試合(サウスチャイナ戦)で、それをすごく感じました。単なる見せかけの守備ではなく、本気でボールを奪おうというプレーを見せれば、周囲は僕を信頼して動いてくれるんだと」

—なるほど。スイッチという意味では、「攻守の切り換え」というのは、サッカーでよく言われます。攻撃のスイッチとしては、例えば縦パスを入れるという選択肢があります。その意味で、中村選手が中盤でプレーすることで、チームの攻守のスイッチを入れているとも言えますか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

カップ戦決勝直前!中村祐人独占インタビュー 3 of 5【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

2-66 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 新潟L 2-1 I神戸【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

【ユアスタで】非公式MDP128【応援できる事に感謝】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:14968123

(11月26日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss