中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

カップ戦決勝直前!中村祐人独占インタビュー 3 of 5

このエントリーをはてなブックマークに追加

3 of 5 ※CMとはセントラルミッドフィルダーを指します

—私がサンフランシスコでオンラインのライブ中継を見た試合(第20節のサウスチャイナ戦)で、和富大埔は4-1で大勝しました。その試合でも中村選手はCMとして出場しました。その時の印象として、とにかく中村選手がインターセプトしまくっていた、というのがありました。

中村「あの試合は確かにそうでしたね」

—チームにボールを奪える選手がいるのといないのでは大違いです。しかも、中村選手の場合、フィジカルでガンガン削りにいって奪うというよりは、ボールの出先に中村選手がいた、もしくは(テレビ画面に)突然、中村選手が現れてボールを奪っていった、そんなイメージでした。

中村「そうでしたか」

—あくまで一般論ですが、FWの選手は守備の能力に欠けます。その選手が守備力も求められるCMの位置でプレーする。守備に関しては自信はありましたか?

中村「まったくなかったです。そもそも、一対一の練習でもすぐ抜かれますし。ただ、CMの位置での守備はそこが求められるのではなく、コース切ったりとか、インターセプトだったりとか。とにかく頭をフル回転させて対応する必要があるので。そうしているうちに、相手にも激しく当たれるようになってきましたね」

—元々、FWの選手である中村選手が、なぜこんなにもインターセプトできるのか、とても不思議でした。そこで考えたのですが、中村選手の特徴のひとつとして、セカンドボールへの対応のよさ、というのがあります。つまり、試合の流れのなかで、次にどこにボールが来るのかを先読みして、しっかりポジショニングしている。その能力が、ひょっとしたら、中盤でのインターセプトのプレーにつながっているのかな?と。

中村「その通りですね。FWのときからそうでしたが、洞察力ですね。FWで、ずっと相手選手との駆け引きを繰り返して来ましたから。それに、僕がFWだっただけに、相手FWの心理というか、次にどうしたいかっていうのは読みやすいですし。ここは裏を付いてきそうだ!とかね」

—洞察力や駆け引き。具体的にはどういう感覚なのでしょうか?

中村「そうですね…ボールの位置、ボールホルダーの身体の向きや目線。それから相手選手と味方選手のポジショニングなどの周囲の状況。そういうのを見ながら、次にここにパスが出てくるな、と予測して奪いにいきます」

—インターセプトに関連して、もうひとつ思ったことは、奪ったあとの動きです。中村選手はキープ力が高いので、チームを落ち着かせることができる。逆に、ショートカウンターを仕掛ける時は縦に素早くパスを入れる。そこの判断がまたとても的確です。

中村「周りもそう言ってくれるんですよね。僕は無意識ですが(笑)」

—インターセプトした後の動きについては、奪ってからすぐに判断されているのですか?

中村「いや。奪う前です」

—あ、奪う前から、もう奪った後のプレーまで見据えている?

中村「基本的にはそうです。奪いに行く前から、周囲の状況はある程度わかっているので。例えば、相手のパスが弱かったら、そのままダイレクトで前線につなげようとか…まぁ一瞬の判断ですが」

—なるほど。本当に一瞬ですよね。

中村「そうです。0コンマ何秒の世界ですよね」

—今、お話を伺っていて気がついたのですが、中村選手の先読みやセカンドボールへの反応の良さ、そしてインターセプトと、すべて判断力の賜物なのですが、私は今まで、それが「的確な判断」という意味においてのみ考えていました。しかし、ただ的確なだけでなく、「的確で速い判断」というべきですね。0コンマ何秒の瞬間の判断で動いている。だからこそ、セカンドボールをしっかり確保できたり、インターセプトできたりする。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2-66 コーナーキックの事情 なでしこリーグ 新潟L 2-1 I神戸【なでしこリーグが地上波放送されるまで】

【ユアスタで】非公式MDP128【応援できる事に感謝】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

同期【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:101
  • 累計のページビュー:14966930

(10月20日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss