中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

【4 of 5】2016年末スペシャル「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年 年末スペシャル 「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

聞き手:松本忠之

4 of 5

—チームの具体的な目標はありますか? 中村「リーグ戦ではトップ4に入ること。これは監督がいつも言っていますね。現に今、僕らは5位につけています。今後も、格下のチームを取りこぼすことなく、同じ順位のチームに対してしっかり勝利して、格上からは勝ち点を獲得していければ、トップ4もまったく夢ではないと思います」

—リーグ戦はトップ4。ではカップ戦はいかがですか?シルバーシールド杯ではベスト4に進出しています。 中村「カップ戦は今季、僕はまだほとんど出場がなくて、若い選手を起用してベスト4まで来ているんです。これからは主力組も出場するだろうし、僕にも出場機会があるかもしれません。そういう意味では、カップ戦はベスト4まで来ていますが、まだまだこれからが本番という感じですね」

—なぜ、カップ戦で強いのでしょうか? 中村「失点しないからじゃないですかね。シルバーシールドも1-0というスコアで勝ち上がって来てますから。それにうちには優秀なGKもいますから、PK戦になったら勝つ自信もあります」

—シルバーシールドのベスト4で対戦するのも傑志ですね。 中村「なので、次のリーグでの傑志戦をしっかり無失点に抑えて、相手にうちに対する苦手意識を与えることができれば、その後にやってくるカップ戦でも傑志を倒すチャンスは大いにあると思います」

—ディフェンスが堅い理由は何でしょうか?先ほど、守備時に後ろが5枚になるという話がありましたが、人数をかければ、それで守備が堅くなるというものでもないような気がしますが… 中村「いや、それがやっぱり人数だったりします(苦笑)。質が高いかと言われると、それよりは枚数かな、と。後ろに5枚いて、GKはローカル選手も外国人選手もレベルが高く、ボランチも同じく守備力が高い。そこへ更に僕が前線から守備でハードワークする。だからだと思います」

—でも、そうなると、守備で人数をかける分、よほど高い位置でボールを奪わないと、攻撃が人数不足に陥りますね。 中村「そうです。だから僕が積極的に中盤と関わって、つなぎ役になってるわけです。トレーニングでも、守備や攻撃の戦術練習はほとんどしない。基礎練習をやって、紅白戦をやって。その紅白戦でも、監督から特別に戦術指導が入るわけではありませんからね」

—監督はあまり戦術に関しては口を出さないタイプのようですね。 中村「はい。でも選手起用に関してはしっかりマネージメントしていて、相手に合わせて選手起用を変えたり、外国人、ローカル選手に関わらずバランスの取れた起用をするし、若手も積極的に使う。だから選手たちの監督に対する起用法の部分での不満はあまり聞かないですね。用兵術の部分はとても優れた監督だと思います」

—試合における選手の動きに関する決め事なんかも、設けない? 中村「はい。ありません」

—やりやすいですか? 中村「もう少し決め事があったほうが、選手にとっては動き方が明確になるので、やりやすいと思います。ただ、今は本当に自由にやらせてもらってるっていうのもあるので、何とも言えませんが」

—では中村選手も指示を受けることはあまりないんですね。 中村「ないですし、逆に何とかしてくれって言われることはありますけどね(笑)。でも見ているポイントは高いレベルにあって、もっと身体を鍛えろとか、筋肉付けろとか。そういうことは言われましたよ」

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

VAR(ビデオ副審)賛成・・クラブW杯を見て思う【南の島からホークスを応援する】

勇気一瞬 後悔一生【走れ!!ソニー仙台FC】

【3 of 5】2016年末スペシャル「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14965423

(09月16日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss