中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

【2 of 5】2016年末スペシャル「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年 年末スペシャル 「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

聞き手:松本忠之

—2トップを組むルーカス選手は開幕からここまで、ゴールをたくさん決めています。この相棒を中村選手はどのように見ていますか? 中村「そうですね。ちゃんと点を決めてくれるし、どんな形からでも点が取れる。両足とも蹴れますしね。信頼していますよ。ただ、戦術の中で活きるタイプではなく、彼を活かしてあげれるプレーヤーが必要ですね。僕にとってはやりやすい選手です」

—トレーニングの時から、二人で動きを確認したり、決め事を作ったりっていうのはあるんですか? 中村「いや、それはありません。というのも、お互いの役割がはっきりしているので」

—役割とは? 中村「彼は裏に抜ける、1対1を仕掛ける。僕は中盤と関わりながら攻撃の形を作っていく。それがすごく明確なので、練習の時から二人で特別に何かをすることはないですね。試合でも、僕がボールを持ちそうになれば、彼はもう動き出していますから」

—開幕直後はベンチスタートでしたが、その後はスタメンに定着しました。しかし、今日はベンチスタート。監督は「ディフェンシブにいきたかったから」ということで、要するに戦術的な理由でスタメンではなかったわけですよね。これについてはどう感じていますか? 中村「まぁチームには合計6人、各ポジションに個性的な外国人選手がいるのでね(レギュレーションにより、外国人は一試合に四人までしか出場できない)。戦術的な理由で外国人選手の起用を変えるというのはわかりますが…でも、単純に自分が結果を出していれば、ずっと使われ続けるんでね。悔しい部分もあります。でも、僕にも当然、自分の役割っていうものがありますし。例えば今日の試合でも、試合展開やチーム状況を見て、自分が入ったら何ができるかってことだけを考えてプレーしてますし。そこはまぁ、割り切ってというか…そういう風にしてますけどね」

—今日の試合でもそうでしたが、ルーカス選手はフィニッシュの部分にフォーカスされているように見えます。となると、中村選手の役割は、2トップの一角なのでゴールは当然として、でも中盤とのつなぎ役だったり、ルーカス選手へのお膳立てであったり、そういう役割に徹しているように見えましたが、いかがですか。 中村「そうですね。まさにそうです。それに加えて、前線でのディフェンスも、ですね。まぁ彼(ルーカス選手)の前線からのディフェンスというのは、あまり計算に入れられないので。僕がその分、前からがんがんディフェンスにいきます」

—FWでありストライカーである中村選手ですが、チーム事情により、どちらかというと1.5列目的な役割をせざるをえない。そこに関してはどう感じていますか?割り切っているんですか? 中村「割り切っているというか、僕のやりたいプレーでもあるんですよ。そういうタイプですしね。それに、うちのチームは2トップのどちらかがそういう動きをした方がボールが回るので」

—中村選手がピッチにいなかった前半、チームはボールが繋がらず、ルーカス選手へのロングボールやDFラインの裏を狙うロングボールを多用していました。それが、中村選手が試合に入った60分過ぎから、ボールが繋がりだしたように見えました。 中村「実際には、僕が入ってからも、僕の足元にはあまりボールは来てないんですよ。どちらかというと、ルーカスに当てたボールのフォローやこぼれ球を僕が拾って攻撃していた感じです。それを繰り返したことで、相手DFがうちの攻撃を恐がり出したのも感じていましたしね」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

一番の好敵手【走れ!!ソニー仙台FC】

【1 of 5】2016年末スペシャル「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

欧州組・凱旋帰国!【世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14966699

(10月18日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss