中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

【1 of 5】2016年末スペシャル「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年 年末スペシャル 「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」

聞き手:松本忠之

—本日は1-0での勝利、おめでとうございます。 中村「ありがとうございます」

—まずは決勝点のシーンから振り返りたいと思います。左に開いた中村選手からのクロスをエースのFWルーカス選手がヘディングで決めました。見事なアシストでした。中村選手にパスが行った際、ボールに寄っていかずに、相手を引き付けるような動きがあったように見えましたが、あの場面はどう考えてプレーしていましたか? 中村「リスタートからだったのですが、自分でボールを迎えに行ってコントロールするよりは、単純に流したほうが自分が仕掛けるスペースが生まれるなと判断しました」

—そこから、ドリブルで相手をかわしてからのクロスでしたね。 中村「ドリブルの時は、相手が古巣のチームメイト(標準灝天は昨季、中村選手がプレーした黄大仙)ということもあって、僕と対峙した選手は、僕が中に切り込むと思うだろうな、と。そこでタイミングを見計らって、縦に仕掛けて行きました」

—そして、ピンポイントのクロスでした。 中村「クロスをあげた時は、中はまったく見ていませんでした。相棒(決勝点を決めた11番のルーカス選手)の声が聞こえた方向へ蹴ったという感じです。多少無理やりでも、あいつなら何とかするだろう、と」

—私の中での中村選手は、いつもセンターFWの位置でプレーしているイメージが強かったので、クロスからのアシストというのは珍しいシーンだと感じました。しかも利き足とは逆の左足で、ピンポイントのクロスでした。 中村「でも、自分としては昔から、左足のほうが得意なんですよね。ステップが取りやすいからかな?よく理由はわからないのですが。サウスチャイナでのデビュー戦のアシストも左足でしたしね」

—対峙した相手が古巣の選手だったので、というお話でしたが、あの場面で中へ切り込んでいく選択肢は想定しなかったですか? 中村「なかったですね。もちろん、中に切り込んで自ら得点を狙いにいくという選択肢もありますが、あの場面ではサイドで縦に行くという動きも相手に見せておきたかったというのもありました。そしたら、思いの外、うまくドリブルで抜けれたし、クロスをあげるスペースも十分ありましたね」

—あの形は練習でよくやっているのですか? 中村「いや、やってないです。僕もサイドで縦に抜けることはあまりないので」

—それにしては、クロスが本当にピンポイントでしたが、あれは感覚的に「ここに上げれば」というものがあるのですか? 中村「そうですね。まぁサッカーを長くやっていれば、感覚的なものはありますね。ここに(DF)ラインがあるから、この辺(に味方がいる)だな…というような」

—結果的にこれが決勝点になったわけですが、その直後、中村選手に決定的な場面が訪れましたが、惜しくもゴールにはなりませんでした。あの場面を振り返っていただけますか? 中村「PA付近で相方(11番ルーカス)にボールが収まったときに、最初、(中村選手が)右に抜け出すスペースがあったんですね。でも、相手からしたらクロスに走られたほうが嫌だろうなと思ったので、途中から左に切り換えました。それで…まぁあんないいタイミングでボールが出てくるとも思わなかったんですが(苦笑)、しっかりと僕のことを見ていてくれてて。それで最高の場所にボールが来たんですけど…」

—決められませんでした。 中村「GKの脇下を狙って(シュートを)打ったんですけどね。それが少し甘くなって…。まぁああいうのを決めきらないといけませんよね」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

欧州組・凱旋帰国!【世界プロサッカー挑戦プロジェクト(WPSCプロジェクト)】

【プロローグ】2016年末スペシャル「FOOT×BRAIN出演直後の中村祐人を独占取材! 10000字インタビュー」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

【クラブW杯出場チームレビュー】南米代表編【西の落伍家】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:87
  • 累計のページビュー:14962234

(07月21日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss