中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

中村祐人インタビュー~2016夏~ 4/5

このエントリーをはてなブックマークに追加

第3章

—中村選手はキャプテンとして黄大仙を率いました。シーズン通して主将として戦ってみて、得たことや学んだことはありますか? 中村「キャプテンの難しさを感じましたね」

—どのような点でですか? 中村「チームをまとめていくことですね。僕は元々、言葉よりも自身の姿勢で示すタイプなんですが、それだけに試合中で自分らしいパフォーマンスができなかったりとか。例えば、僕のよさはピッチの中でも飄々としているところだったりするんですが、周りを鼓舞しなければならなかったりだとか。本当に、難しさを感じましたね」

—そうだったんですね 中村「というのも、最終節でキャプテンマークをはずしたときに、すごく気が楽になったんですね。自分のプレーに集中することができたんです」

—やはり、目には見えない「キャプテン」としての重圧があったということなのでしょうか? 中村「そうですね。特に黄大仙は小さなクラブだし、若い選手も多い。自分がやらなければ、という気負いが多かったですからね。そういう気負いを心のどこかで感じていて、それに勝てなかったんでしょうね」

—もしも、将来的にキャプテンをやる機会が再び訪れたとして、キャプテンを「やりたい or やりたくない」でいえば、どちらですか? 中村「やりたくないですね」

—そうですか。それはやはり、今言ったような理由でですか? 中村「それもそうですけど、本来、キャプテンをやるようなタイプではないんですよ。誰か他にやるべき人がいて、その人がやればいいと思いますね」

—確かに、誰しもがキャプテンをできなければだめということもなく、キャプテンをやるにも適正があるでしょうからね 中村「そうなんです。適正があって、僕は自分にはその適正はないと思いましたし、こだわりもないですね」

—中村さんが思うキャプテンの適正とは何でしょう? 中村「言葉で示せるとか、みんなを鼓舞することができるとか。僕自身の場合は、自分自身のことを考えてプレーしていたほうが、チームのために貢献できる気がしますね」

—キャプテンとしての中村さんのシーズン中の振る舞いについて、もっとお聞きしたいのですが、いわゆる首脳陣と選手の橋渡し役のような役割もシーズン通してやってこられたのでしょうか? 中村「やってきましたね。最終戦の元朗戦のハーフタイムじゃないですけど、時折、自分が割って入ってみんなをポジティブな方向に向かわしめたりとか」

—なるほど。最終節だけの話ではなかったんですね 中村「コーチとはしっかりコミュニケーションは取ってきました。それこそ、練習中に呼ばれて、次の試合はお前をこのポジションで使いたいと思っているとか、若手のこの選手を試してみたいけど、どう思う?とか、相談されたりして。でもそれを見て、他の選手が『キャプテンはそっち派かよ』って考えちゃったりとか、そういうようなこともあったんですけどね」

—シーズンを通して、そのコーチと選手の間は関係があまりよくなかったんですね 中村「そうですね。だから、振り返ってみれば、最後までそこをきちんと修復できなかった、と言えるかもしれません」

—ただ、それはキャプテンだけの責任ではないように思えますが… 中村「まぁそれでも、彼(コーチ)と選手たちをうまく結び付けられなかった、という部分はあると思っています」

—ともあれ、黄大仙は降格が決まってしまいました。わずか1シーズンだけだったとはいえ、やはりこのクラブに情が移っている部分はあるのではないですか?(中村選手は来季はこのチームを離れることが決まっている) 中村「もちろんそうです。いいクラブでしたし、若い選手も多い。また、若い選手たちが僕をリスペクトしてくれているのも伝わってきますしね。降格してしまったけど、今後ももちろん、注視していきたいと思っています」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リーグカップグループステージ第1節(vsホーム・ユナイテッド)League Cup Group Stage 1st leg, vs Home United FC【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

中村祐人インタビュー~2016夏~ 3/5【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

スカウティング【走れ!!ソニー仙台FC】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:87
  • 累計のページビュー:14962234

(07月21日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss