中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

中村祐人インタビュー~2016夏~ 2/5

このエントリーをはてなブックマークに追加

第1章

本年5月、香港プレミアリーグの2015~2016シーズンが終了した。 中村祐人がキャプテンを務める黄大仙はシーズン終盤、レンジャース、そして元朗(ユンロン)と残留を争っており、黄大仙の残り2節はこの2チームとの直接対決であった。 結果はレンジャース戦が3-3で引き分け。最終節、引き分けでも残留決定の試合で元朗に1-4で大敗。この時点で黄大仙は自力残留がなくなり、レンジャースのリーグ最終戦(スケジュールの都合上、黄大仙は一足早くシーズンを終えた)を待って最終結果がわかる状況になった。

まずは、このシーズン終盤の話を聞いた。

—レンジャースに引き分けたものの、次の元朗戦は引き分け以上でも残留が決まるということで、チームには楽観的な雰囲気があったんですか? 中村「楽観的な雰囲気はなかったですが、レンジャース戦で2-3から追いついて勝ち点を取れたということで、チームの雰囲気はよかったです。当日になって、元朗戦が最後の試合になるある選手がキャプテンマークを巻くことになったり(普段は中村選手が巻いている)、契約上、出場できない選手がいたりはしていたものの、いつも通りやればいけるだろうという雰囲気はありましたね」

—そんな中、臨んだ元朗戦で1-4と大敗してしまいます。この試合を振り返っていただけますか。 中村「この試合は、まず僕自身が真ん中のFWで出られたということもありますし、チームも先制できましたし、序盤はすごくよかったです。ただ、先制点を決めた2分後には同点にされたり、また前半のうちに逆転されてしまいました。その2失点目はうちのGKの弱い部分が出たというか、勇気を持って前に出られない弱点があって、それが原因で失点してしまったりと、よくない点の取られ方をしてしまいましたね」

—しかし、同点でも残留が決まるわけですから、ハーフタイムでは当然、まずはきっちり同点に追いつこう!という雰囲気だったわけですよね? 中村「本来、そうあらねばならないところなんですが、ハーフタイムのロッカールームで波乱が起こってしまったんです」

—えっ?どういうことですか? 中村「2失点目のことですが、セットプレーの場面で、得点を決めた相手選手と、マークについたうちの選手との身長差が20cmもあったんです(黄大仙側が低い)。それは試合前からわかっていたことなので、当然、練習のときから対策をしていました。でも、やられてしまった。すると、ハーフタイムのロッカールームで、コーチがその選手をなじり始めたのです」

—まだ試合は終わっていないのに。 中村「はい。それもかなり激しく。なので、その日はキャプテンマークは別の選手に譲っていたけど、キャプテンとして、僕がコーチをなだめつつ、ポジティブな発言でなんとかチームが団結して後半に向かっていけるように呼びかけたんです」

—キャプテンとして責務ですね。 中村「ところが…それを聞いたコーチは『もういい!』と言って、ロッカールームを出て行ってしまったんです」

—えっ!?まだ試合中にも関わらずですか? 中村「はい。さすがにこれには、選手一同、唖然としてしまいましたね」

—それでどうなったんですか? 中村「とりあえず、その場は監督がみんなをまとめました。そして、相手にFKを与えてしまうような不用意なミスはやめよう、クリアミスをなくそうとみんなで確認しあって、監督のもとにひとつにまとまって後半を迎えようとしていました」 ※このシーズンの黄大仙は変則的で、監督ではなく、コーチが実質上チームを取り仕切っていた

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中村祐人
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

NGU名古屋FCレディースvsバニーズ京都SC なでしこチャレンジリーグ第13節【球マニアのBLOG】

- 柏レイソル(練習試合)【舞浜宣言】

離脱者多数もサブ躍動。ホームで連敗から脱出(- MIOびわこ滋賀=日本フットボールリーグセカンドステージ第3節)【舞浜宣言】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14965423

(09月16日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss