中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

中村祐人インタビュー~2016春~ 3/3

このエントリーをはてなブックマークに追加

—シーズンが終盤に差し掛かっている今、具体的な勝ち点計算をチーム内でするようなことはあるのでしょうか? 中村「それはしづらいですね。直接対決が残っているので、要するに、そこで勝てば残留なので」

—昨年にこのまま続けていれば結果が出るとおっしゃっていて、一時期はチームが壊れかけたこともあったものの、結果的にいい流れになっている。内容は決して中村選手のイメージ通りではなかったかもしれませんが、続けていれば結果が出てくる、ということに関しては、その通りになりましたね。 中村「このチームは決して弱くはないとずっと思っていましたから。だから、タイミングというか、きっかけがあれば、必ず結果は出てくると信じていました」

—なるほど。きっかけですね。それにしても、改めて思いますが、サッカーというスポーツは、ゴールひとつで、そんなにも劇的に変わるものですか? 中村「変わりますね。本当に変わります。特にうちはそれまで、得点力不足に悩んでいたチームだったので。それが、あんなにもあっさりと得点が決まってしまった(第13節のサザン戦の1点目を指している)。チームとしても、得点に対する意識が高まったと思います」

—第14節のメトロ戦では、3点を奪って勝利していますね。昨年までと、今年に入ってからと、チームの得点パターンに変化はありましたか? 中村「練習ではポゼッションや細かいパス交換からゴールを奪う形をずっとやってきましたが、高さのあるFWが入って、ダイレクトにそこに当てられるようになったことで、セットプレーだったり、それからうちはロングスローも得意なんですが、ロングスローやシンプルなクロスからとか。そういうところからのゴールが期待できるようになったというのは、実際にプレーしていて感じますね。そういう意味では、得点パターンのバリエーションは広がったのかもしれません」

—ただ、チームが勝っているなかでも、中村選手自身のゴールはありません。その点については、どう感じてらっしゃるんですか? 中村「まぁ、そこは、僕自身にゴールのチャンスがなかったわけでもないので…ただ、今はとにかくチームが勝つこと。それが最優先ですね。自分のゴールについても、まだ残り3試合あるので、そこで、しっかりと決められればと思って練習に取り組んでいます」

本筋とは逸れてしまうが、最後に私は、ストライカーの「エゴ」について聞いてみた。

—これは生粋のストライカーである中村選手であるからこそお聞きしたい質問なのですが、チーム状況としては自身のゴールよりも今は勝つことが何よりも必要であるという状況の中で、でもストライカーとしてゴールを決めるんだというエゴは必ずあると思うんですよね。そういうのは、自分でエゴを押さえつけるようにコントロールするものなのでしょうか?それとも、チーム状況が自然と自身のエゴを消してしまうものなのでしょうか? 中村「(少し考えて)エゴが消えるということはないですね。自分がゴールを決めるんだというのは、当然、もう毎秒思っていることなので。でも、もちろんチーム状況もある。だから、そこは常に様子を見ながら…という感じですかね」

—試合のあのピッチに立てば、当然、自分がゴールを決めるんだという思いが湧き上がってくるのがストライカーだと思うんです。でも、そういう思いが自身のプレーをエゴイスティックなものにする、ということは中村選手の場合、ないんですか? 中村「ないですね。もちろん、試合になれば絶対に決めてやろうって思いますよ。でも、実際のシチュエーションで、自分よりもいいポジションに味方選手がいれば、自分はそこに出す。自分よりも最後はチームのため、というのはありますね」

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
連載
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Sリーグ第6節(vsホーガン・ユナイテッド)S.League 6th leg, vs Hougang United FC【アルビS 海の向こう側での挑戦。】

恐れていた事態がついに・・【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

2016:JFL:前期4節:H:vsブリオベッカ浦安「チームとしての指針」【蹴鞠談議2】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:14962148

(07月21日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss