中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~

中村祐人インタビュー~2016春~ 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年の年末。 チームが勝てない状況の中、男は語っていた。 「このまま続けていけば、必ず結果はついてくる」 そして、香港における新年である旧正月(2月中旬)を過ぎると、状況は彼の言葉通りになった。 香港プレミアリーグ第13節、14節と、中村祐人がキャプテンを務める黄大仙は2連勝を飾る。 さらに第15節。強豪・南華戦を1-1で引き分けると、チームは残留に向けて大きく前進した。

暖かくなったかと思えば、急に気温が下がったりと気まぐれな天候が続く3月の香港。 昨年末以来となる再会を果たした中村選手から話を聞いた私は、表面上の結果からは見えることのなかったチーム事情を知ることとなる。 2016年に入ってから、新たに2名のブラジル人選手が加わったことは事前情報として知っていたが、それがチームと中村選手にどのように影響したのか。 小雨が煙るその日、いつものように、コーディネーターのKさんがアレンジしてくれた見晴らしのいいホテルの37階にあるレストランにて、ランチをしながらひとしきり世間話を済ませた私たちは、早速インタビューを開始した。

—黄大仙の今季も残すところ、あと3試合となりました。現実的な目標としては、やはり残留ということになりますか? 中村「そうですね」

—残留争いのライバルとしては、ユンロンとレンジャースということになりますね。 中村「はい。この2チームとの直接対決を残しています。向こうも死に物狂いで来るでしょうし、うちとしてはもうやるだけですね」

—昨年のインタビュー時に、チームが結果を出せていなくても、「このまま続けていけば結果はついてくる」とおっしゃっていましたが、そのとおりになっています。そのあたりは、狙い通りという感覚でしょうか? 中村「実は、その後、一回(チームは)壊れていたんです。このチームはどこに行っちゃうのかな?という雰囲気がありました。コーチ陣と選手の間の距離が離れていってしまってたんです」

—そんなことがあったんですか。原因は? 中村「(第12節)レンジャースとの直接対決があって、そこで負けてしまうと、うち(黄大仙)が最下位に転落してしまうという状況でした。その試合、前半は1-1で折り返しましたが、内容はすごくよかったんです。ただ、ハーフタイムで僕は交代を告げられました」

—前半だけの出場になってしまった? 中村「はい。その采配で、チーム全体に『うん?』というような空気が出てしまった。そして後半、内容も全然だめで、結局試合に負けてしまったんですね。これによって、チームの雰囲気が切れてしまった。開幕以来、『いつか勝てるぞ』と我慢してここまでやってきて、実際にやっといい内容のサッカーができてきたのに、なぜわざわざそれを壊すような采配をするのか?やってられないよ!というような雰囲気になってしまったんです」

—これまで信じて続けてきたサッカーを突然、無にするような采配に、選手の間で不満が出た、と? 中村「そうです。その試合後の練習は、あまり空気がよくなかったですね」

—しかし、次の第13節では、結果が出た。 中村「(第13節は)サザンとの試合でした。明らかに僕たちのほうがいいサッカーをしていたのに、ゴールを奪えず、0-1で負けている展開でした。そこで、監督は60分くらいで、私ともう一人のキープレーヤーであるボランチの選手を下げて、新たに二人の選手を投入したんです。その交代によって内容的には全然うまくいかなくなってしまった。ただ、結果的には、代わって入ったその二人が得点を決めて、2-1で勝利したんです。サッカーって、本当にどうなるかわからないな、と思いましたね」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
連載
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【今度の相手も】非公式MDP93【セカンドチーム】【ベか舟と矢切の渡しとサッカーと】

週刊シンガポールサッカーダイジェスト 3月28 日号【シンガポールサッカーの探求】

INAC神戸レオネッサvsコノミヤ・スペランツァ大阪高槻 なでしこリーグ2016第1節【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconarahatanin

中超(中国1部リーグ)を中心に、中国や世界のサッカー情報を配信しています。
中超クラブや中国サッカー協会とも縁のある松本忠之氏が執筆。

<松本忠之氏の略歴>
中国サッカーへの造詣が深く、山東魯能をはじめ上海申花や武漢光谷といったクラブ関係者と交流がある。Jリーグのアジア枠設置に伴い、中国人選手がJリーグへ移籍する際の窓口の一つにもなっている。また、元中国サッカー協会会長の閻世鐸氏とは何度も会食している。

08年 Cリーグ武漢光谷の日系企業スポンサー募集担当。

08年 山東魯能のCリーグ優勝祝賀パーティーに日本人として初めて正式招待。

09年 アジアチャンピオンズリーグ 山東魯能日本人アドバイザー。
  • 昨日のページビュー:220
  • 累計のページビュー:14946184

(04月28日現在)

関連サイト:松本忠之プロフィール

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田「パリSGレベルはお断り」
  2. ザック「香川はまるで○○だ」
  3. 香川に「ひどくやっかいだ」
  4. インテルが長友放出?新たなSBを補強。
  5. マガト監督は日本代表キャプテンの長谷部について…
  6. 本田、実はバルサも断ってミランに入った!?
  7. 香川不起用についてやっと語ったモイーズ監督
  8. 浦和の選手がセリエAへ移籍か
  9. 原技術委員長「香川に次ぐタレント」
  10. ついに出た!モイーズ解任報道@英国

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss