Go Angels Baseball!

大谷が200億円損しても、平気顔のNPB

このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷ポスティングの詳細が決まり、いよいよMLB球団への移籍もカウントダウンが始まった。

大谷は行きたかったMLBに行けることになり、日ハムはポスティングフィーをゲットし、MLBもスター選手が新しい客層を呼ぶ。 めでたしめでたし。

ん?

契約の内容を見ると、明らかに不公平な部分がありますね。

日ハムは前回の大物、田中のポスティング時と同じ金額、22億円強を手にした。

では大谷が受け取るのはいくらでしょうか?田中はだいたい170億円だったから、それ以上の逸材でかつ若い大谷だから200億。。


最大でも約4億です(レンジャーズが契約した場合が最大、NYYもそれに近い国際FA枠が残っている)。 てか仕組み上、6チームを除くほとんどのチームは1億1000万円以下しかボーナスを渡せません。大谷の決断次第では数千万円に終わる可能性もあります。

桁が2つ以上違うではないですか

MLB側としては「日本のベーブ・ルース」大谷は何としてでもほしい人材で、現地記者は現在の市場でFAなら200億円以上の契約になるだろうと予想していました。 だからNPB側としては十分に交渉する余地のある状況でした。

実際、去年からすでにMLB側が「25歳ルール」を大谷のために曲げる可能性があるという記事が出ていました。

しかし、蓋を開けてみれば、NPBが自分たちの20Mさえ確保できればOK!てな感じで交渉が終了したかのように見えてしまう展開で終結。 どうもフェアに見えず気分はよくありません。

大谷がお金に関心がないのも幸いして成立してしまいましたが、本当にこれでよかったんでしょうか。 選手会にはもう少し骨を折ってほしかったなと思います。


P.S. 大谷はとんでもない過小評価契約になってしまったので、トレード価値も半端じゃないはずです。国際FAプールが残っている再建中のチームが獲得して、いずれトレード放出したりしないのかな。オーナー変わったとはいえ、マーリンズは平気でそういうことやる球団なので怖い。

また、国際FAマネー上限で契約したのち、すぐに7年契約結ぶ約束をして取り込もうとする球団は出てこないでしょうかねぇ?

こういう市場価値と乖離しすぎた契約は必ずひずみを起こします。



*一部、意図が伝わってなかったようなので内容を足しました。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
日ハム
MLB
ポスティング
NPB
大谷翔平

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大谷が200億円損しても、平気顔のNPB

アメリカ人にも、お金に全く執着のない人はたくさんいますよ。反対に企業は、日本でもどこでも、やはり利益最優先。当たり前ですが。
日本の侍魂というか、大谷の純粋さですよね。

大谷が200億円損しても、平気顔のNPB

そういうふうに思える人は素敵だね。
ただ僕が気にしているのはお金というよりは、公平であること。
大谷がお金に執着がないからといって、ちゃんと交渉もしてやらないのはどうかってこと。

「お金のためにやってる訳じゃない」って言ってたら、どんなに優秀な人材でも最低賃金で雇ってもいいのか?
そこに引っかかってるわけ。

大谷が200億円損しても、平気顔のNPB

いや、アメリカが経済価値ですべてを決める主義に傾きすぎているだけさ。大谷はへんでも何でもない。ごく当たり前の考えからだ。考えてもみろよ。スポーツ競技の意味は金だけじゃない。4大スポーツやテニスやサッカーは例外。大半のスポーツでは選手たちは手弁当で参加している。

大谷は「世界一の選手になる」という目標を掲げた。決して世界一金をもうける選手になろうという目標を掲げたわけではない。柔道や水泳やレスリングで金メダルを取るという目標と同じさ。

だいたい、人間は必要以上の金があるとろくなことをしない。普通の奴が大金を稼いだら、贅沢三昧浪費するに決まっている。金を持っていいのは、その使い方を知っている人間だけだ。そして大谷は既に一生分の金を稼いだ。これ以上どこに金にこだわる必要がろう。

メジャーの歴史は長く、現役だってすぐれた選手は山のようにいる。「世界一の選手になる」という目標は極めて達成困難だ。でも、出来ようと出来まいと応援するぞ。

大谷が200億円損しても、平気顔のNPB

米国人に日本人の侍魂を存分に見せつけて毅然としてる大谷はすごいです。
金に囚われるトランプとそれに擦り寄る安倍に見習ってほしいものです。

こんな記事も読みたい

大谷二刀流を実践できるポテンシャルを持ったメジャーリーガーにゴロゴロいる、というメジャー通の言説に惑わされるな【MLB 戦いの原理を求めて】

大谷翔平は戦略的にチームを厳選すべきである 二刀流にフィットするチームの条件を戦略的に考える【MLB 戦いの原理を求めて】

未だに過小評価の出塁率! (ボットーがMVPにふさわしかった理由)【Go Angels Baseball!】

ブロガープロフィール

profile-iconangelsbaseball

小学生の頃からのエンゼルスファン。
以前にはパートタイムながら、MLBの速報記事などを書いており、その延長でブログをスタート。

ヤンキースでもマリナーズでも、MLBに関する話題すべてをエンゼルスファンの視点で捉えたいと思っています。



MLBエンゼルスがNo1ですが、その他スポーツも大好きなスポーツオタクです。
NFLが2番、テニス、NBAも好きです。

あと、
アナハイム・ダックス、マニー・パッキャオの大ファンです。

その他話題もじゃんじゃんどうぞ。
  • 昨日のページビュー:490
  • 累計のページビュー:1617222

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 386億円契約!いつまでも学習しないのはオーナー、それとも。。?
  2. マイク・トラウトを知っていますか?
  3. ヨハン・クライフの名言ランキング!!
  4. 三冠王なんてもう古い?トラウトかカブレラかの大激論
  5. ピネダの不正投球、ボラスの失態 ーメジャーの話題3つー
  6. 実は知らなかった走塁妨害のルール、野球の奥深さ
  7. 大谷が200億円損しても、平気顔のNPB
  8. サイヤング賞投票、ダルにとっては2位争いも大事だったり
  9. イチロー移籍に見るマリナーズ愛
  10. NBAの偽善、クリッパーズオーナー追放劇

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
2016
08
04
03
2015
07
04
2014
11
07
06
05
04
02
2013
12
11
10
02
2012
10
07
06
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
06
05
04
03
01
2009
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss