Go Angels Baseball!

セイバーメトリクスの誤算 ドジャース敗因を分析する

このエントリーをはてなブックマークに追加

主要スポーツの中で、野球以上にアナリティクス(分析)が活躍しているものはないでしょう。 そしてその中でもさらにロサンゼルス・ドジャースは、アナリティクスの最高峰といえるかもしれません。 ここはアンドリュー・フリードマン(ユダヤ系の名前)、ファラン・ザイディ(インド系)といういかにも数字に強そうなセイバーメトリクスの最高峰をお金で招聘することによって運用されています。 ハーバード卒がずらりと並び、野球チームというよりは金融機関のように戦略が決められていく方針には、まさに「運用」という言葉がふさわしいでしょう。

そんなブレーンたちが打ち出したある一つの方針が、最近注目を浴びていました。 それは、投手は同じ打者と対戦するごとに、不利になっていくというデータに基づく采配です。

今季、ドジャースの先発投手が100球以上投げた試合はメジャーワーストのわずか20試合。 もちろん、クレイトン・カーショーみたいなわかってて打てない規格外投手もいます。 でも先発投手は打線の3巡目に入と打たれる確率が高くなるので、調子が良くても3巡目を前になるべく変えてしまおうというのです。

昨日の第2戦でも、先発のリッチ・ヒルはぴったり打者18人と対戦したところで交代となりました。そして前田やワトソンが期待通りに抑えていく間に、シーガーがバーランダーとの3回目の対戦で2ランを放ち、リードを奪います。この時点では、ドジャース首脳陣はほくそ笑んでいたことでしょう。

しかし、クローザーが回をまたぎ、先発がブルペンから登板したり、シーズン中はあまりやらないことをするのがポストシーズン。十分にデータがないため、絶対的な方針を打ち出すのが難しくなります。おまけに、気温が下がらない熱帯夜だったため打球が気持ち悪いくらい飛ぶ異例の環境。

絶対的クローザーのジャンセンが被弾して延長に入ってしまうと、ドジャースの計算は完全に狂ってしまいました。 本来なら登場するはずのない投手が出てきて次々と被弾。味方打線も奇跡的な粘りを発揮しましたが、およびませんでした。


わずか2時間28分で終わった第1戦は、まさにドジャース野球の真骨頂でした。 リードして、中押しして、ジャンセンが締める。

大エースによる熱投、大逆転は派手で面白いですが、これが最も確実な勝利の方程式。 スポーツに限らず、大企業が勝ち続けるシステムと一緒です。 成功するシステムを見出し、それを地道に続けていくことは地味ですが効果的です。

まだまだドジャースが不利になったとは言えない展開。 第3戦はどうなるでしょうか。 ミニッツメイドを大得意にするダルビッシュが何回や何球かだけじゃなく、打線3巡目まで対戦させてもらえるかに注目したいと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
ワールドシリーズ
前田
ダルビッシュ
ドジャース

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

セイバーメトリクスの誤算 ドジャース敗因を分析する

スパーズはいいたとえですね。ドジャースは本当にスキがない。
明日は唯一の「スーパースター」が登板するので楽しみです。

セイバーメトリクスの誤算 ドジャース敗因を分析する

シーズン中から、ドジャースの野球はつまらないと思っていましたがその理由をうまく言葉にしてくれました。プイグがかき回してくれるけど、おおむねNBAのスパーズと一緒。勝つけどワンパターン。

こんな記事も読みたい

WS新記録の計8HR!アストロズ 9回同点弾から両軍5発の乱れ打ち!アストロズがスプリンガーで決めタイに!全米が揺れるワールドシリーズ第2戦!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

WSのカギを握るカーショー対アルトューベ/コレア【MLB、NPB四方山話】

WSドジャースの相手は、ダルと因縁のアストロズ【MLB、NPB四方山話】

ブロガープロフィール

profile-iconangelsbaseball

小学生の頃からのエンゼルスファン。
以前にはパートタイムながら、MLBの速報記事などを書いており、その延長でブログをスタート。

ヤンキースでもマリナーズでも、MLBに関する話題すべてをエンゼルスファンの視点で捉えたいと思っています。



MLBエンゼルスがNo1ですが、その他スポーツも大好きなスポーツオタクです。
NFLが2番、テニス、NBAも好きです。

あと、
アナハイム・ダックス、マニー・パッキャオの大ファンです。

その他話題もじゃんじゃんどうぞ。
  • 昨日のページビュー:490
  • 累計のページビュー:1617222

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 386億円契約!いつまでも学習しないのはオーナー、それとも。。?
  2. マイク・トラウトを知っていますか?
  3. ヨハン・クライフの名言ランキング!!
  4. 三冠王なんてもう古い?トラウトかカブレラかの大激論
  5. ピネダの不正投球、ボラスの失態 ーメジャーの話題3つー
  6. 実は知らなかった走塁妨害のルール、野球の奥深さ
  7. 大谷が200億円損しても、平気顔のNPB
  8. サイヤング賞投票、ダルにとっては2位争いも大事だったり
  9. イチロー移籍に見るマリナーズ愛
  10. NBAの偽善、クリッパーズオーナー追放劇

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
2016
08
04
03
2015
07
04
2014
11
07
06
05
04
02
2013
12
11
10
02
2012
10
07
06
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
06
05
04
03
01
2009
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss