Go Angels Baseball!

「これが世界一の守備だ」 ヤンキースのミスを浮き彫りにするアストロズの中継プレー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2試合連続の好ゲームで始まったALCS。 第2戦の勝敗を分けたのは、私が野球で最もエキサイティングだと思っているクロスプレーでの対応の差だった。

ヤンキースは3回二死、ガードナーがライト線に転がる痛烈な当たりを放つも三塁でアウトに。 一方のアストロズは9回一死、一塁走者のアルテューベがフェンスに届かない当たりで本塁に突っ込み、サヨナラの得点をたたき出した。

両者とも俊足のランナーが文句なしの快走。 野球のセオリーでは無死と二死のときは三塁、無死と一死の時は本塁でアウトになることは避けなければならないので、お互いに少々無謀な走塁判断だった。


でも中継プレーの質には天と地ほどの差があった

まず3回のアストロズの守備。

  1. 右翼手レディックがフェンスに跳ね返ったボールを処理から送球まで、ワンモーション。確認もせず、誰かがいると信じて三塁方向へ全力のノールック送球
  2. ライトへの当たりに関わらず、二塁手アルテューベではなく、強肩の遊撃手コレイアが素早く中継位置に入る
  3. コレイアが捕球から一連のモーションで三塁への矢のような送球
  4. 三塁手ブレッグマンがワンバウンドの球をきれいに処理し、見事なタッチにより間一髪で仕留める。

一方のヤンキース。

  1. 右翼手ジャッジは打球をしっかりカットしたが、一度上体を起こして内野を確認しながら二塁へ送球
  2. 二塁カバーに入ったのは遊撃手グレゴリウスで、より肩の弱い二塁手カストロが中継位置に入った。二塁はセーフのタイミングだったが、カストロはボールを要求しなければ、送球もカットせず
  3. 塁上で起き上がったコレイアに妨害され、グレゴリウス送球は力がなく、少し逸れてワンバウンド。
  4. 捕手サンチェスは片手で捕球しようとして失敗、走者の生還を許した。


もちろん、最後のプレーばかりが注目され、試合後はヤンキースのイマイチな守備ばかりが話題になるでしょう。 でもアストロズにも注目してほしいと思います。 ヤンキースがあったからこそ、アストロズの超一級品のリレーを一層評価することができるはずです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
MLB
タグ:
ALCS
アストロズ
ヤンキース
MLB

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「これが世界一の守備だ」 ヤンキースのミスを浮き彫りにするアストロズの中継プレー

私は誰の責任が一番重いかと言われれば、カストロだと思います。
ボールを追ってる外野手はダイヤモンドの状況がわからないので、判断は内野手の責任。
カストロがセカンドでアウトにできると判断したから、ホームとの中継地点に入らず、手を挙げてボールを要求しませんでした。
アルテューベが突っ込んだことに、両内野手とも驚いていた様子でしたね。

「これが世界一の守備だ」 ヤンキースのミスを浮き彫りにするアストロズの中継プレー

ご無沙汰しています。

私もヤンキースの中継ミスだと思いました。1点取られれば終わりのあの場面では、打者走者は無視していい。1塁走者のアルテューベにだけは本塁を踏ませてはいけない、ということに集中してプレーすべき場面。そこで中途半端に2塁ベース付近に投げてしまった右翼手ジャッジのミスジャッジでしたね。

やはりヤンキースよりはアストロズの方がチームの完成度は高い。おそらくナ・リーグを制するドジャースとはアストロズの方が戦えるでしょう。

こんな記事も読みたい

田中将大を責めるなかれ【スポーツ えっせい】

田中将大 オプトアウトを掴み取れ!6年契約で獲得狙う5球団は!?ALCS進出で田中の人生激変!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

シーズン終了と今後の予定【Rayを釣りたくて】

ブロガープロフィール

profile-iconangelsbaseball

小学生の頃からのエンゼルスファン。
以前にはパートタイムながら、MLBの速報記事などを書いており、その延長でブログをスタート。

ヤンキースでもマリナーズでも、MLBに関する話題すべてをエンゼルスファンの視点で捉えたいと思っています。



MLBエンゼルスがNo1ですが、その他スポーツも大好きなスポーツオタクです。
NFLが2番、テニス、NBAも好きです。

あと、
アナハイム・ダックス、マニー・パッキャオの大ファンです。

その他話題もじゃんじゃんどうぞ。
  • 昨日のページビュー:490
  • 累計のページビュー:1617222

(01月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 386億円契約!いつまでも学習しないのはオーナー、それとも。。?
  2. マイク・トラウトを知っていますか?
  3. ヨハン・クライフの名言ランキング!!
  4. 三冠王なんてもう古い?トラウトかカブレラかの大激論
  5. ピネダの不正投球、ボラスの失態 ーメジャーの話題3つー
  6. 実は知らなかった走塁妨害のルール、野球の奥深さ
  7. 大谷が200億円損しても、平気顔のNPB
  8. サイヤング賞投票、ダルにとっては2位争いも大事だったり
  9. イチロー移籍に見るマリナーズ愛
  10. NBAの偽善、クリッパーズオーナー追放劇

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
2016
08
04
03
2015
07
04
2014
11
07
06
05
04
02
2013
12
11
10
02
2012
10
07
06
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
06
05
04
03
01
2009
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss