Go Angels Baseball!

エジプト選手、イスラエルの柔道選手との握手拒否を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

題にある事件について、国内メディアは詳しく伝えられないので少し解説したいです。

この事件に限らず、日本のメディアは少しでもイスラム教国(ISではない)にネガティブな角度が付くニュースになると、報道に非常に消極的になります。 君子危しに近寄らずと言いますが、単純にイスラム教徒を刺激したくないのでしょうか。フランス大衆誌の例もありますし、気持ちはわかります。

ですからそれを踏まえて、例のごとく他国の報道を見回して、欧米側(USA Today, AP, BBC, Reuters)から見ての事実関係をおさらいしていきます。 なお、イスラエル、エジプト(中東)間の政治関係は掘り返せば数千年の歴史があり、非常に複雑なので触れません。

ですが、この事件を理解するには、予備知識が必要です。 イスラエル選手がイスラム諸国の嫌がらせを受けるのは、珍しいことではありません。 今大会だけでも、 開会式前にはレバノンの選手団が同乗予定のバスからイスラエル選手を締め出す事件がありました(レバノンは自分たちの貸切バスだと思ったと主張している)。 その3日後には柔道で、サウジアラビア選手がイスラエル選手と対戦する可能性が出てきたため、初戦放棄をしています(名目上は、練習中の負傷)。
こういった事件はロンドン大会でもありましたし、対戦拒否はリオ大会の予選(ボクシング)でもあったようです。 予選では、その選手ははっきりと「イスラエルと試合をするということは、イスラエルという国の存在を認めることになる」と理由を述べています。 国連がイスラエルを国家として認めてから70年近くが経ちましたが、このようなことは今も続いているのです。 一番有名なのはイスラエル選手11人が誘拐、殺害された1972年の事件でしょうか。さすがにこのようなことは起きなくなりましたが、近年は「対戦拒否」がブームのようです。

ちなみに、サッカーのW杯予選で、明らかに中東にあるイスラエルが欧州に組み込まれているのを不思議に思ったことありませんか? これは、中東だと試合を拒否する国が非常に多いからなんです。


これを踏まえて、本題。 今回の件でも、このエジプト選手は自国から「試合棄権しろ」と圧力をかけられていました。 同国のあるテレビ局では、「イスラエル選手を倒したら称賛されるなどと勘違いするなよ。試合をした瞬間、君は裏切り者になる」と勧告されていたようです。 この選手はこの日のために4年間努力したのでしょうが、イスラエル選手と当たると、その時点で終了です。 不運にも1回戦で当たってしまったので、この選手は試合もできぬまま敗退となる見込みでした。

しかし、このエジプト選手は勧告を無視し、戦ったのです。 ですから、試合には負けたものの、せめてものメンツを保とうとしたのが、この握手拒否だったのではないかと推測できるのです。

一方のイスラエル選手はどうでしょうか。 この選手は「悪意は感じなかった」「相手の事情はわからない」と握手を拒否されたことは批判しません。 そして最終的には絶対王者リネールと互角の試合をした結果、3位で銅メダルを獲得するのです。 また、イスラエル五輪協会も「戦ってくれただけでも、感謝なことだ」とエジプト選手に同情を示しました。

おそらく、日本ではエジプト選手を「スポーツマンシップと礼節に欠ける最低な人物」などと思った人は多いでしょう。 反対に、「イスラエルが相手だから当然」と考える立場の人もいるでしょう。 もちろん、イスラエル国内にもエジプト選手を糾弾したり罵声を浴びせたりしてる人はたくさんいるでしょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:
オリンピック
リオ
中東
イスラエル
柔道

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ五輪 競技7日目:日本柔道男子初の全種目メダル獲得【スポーツ えっせい】

【NBA】2016' リオ五輪 8/13 予選A G4 USA○94-91●セルビア。#Rio2016 #USABMNT【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

2016夏の甲子園 第7日【スポーツ えっせい】

第98回選手権・大会第7日の4試合【高校野球観戦日記】

福原愛は言った。メダルを取れなければ意味がない。結果を残せなければ内容がよくても何も残らない。だから,【キキアシワアタマ】

リオ五輪、日本躍動!!【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

笑顔の金メダル:女子砲丸投、ミシェル・カーター【Sports News 】

リオデジャネイロ五輪選手評価。 【 興梠慎三。浅野拓磨。鈴木武蔵。中島翔哉。南野拓実。矢島慎也。原川力。大島僚太。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconangelsbaseball

小学生の頃からのエンゼルスファン。
以前にはパートタイムながら、MLBの速報記事などを書いており、その延長でブログをスタート。

ヤンキースでもマリナーズでも、MLBに関する話題すべてをエンゼルスファンの視点で捉えたいと思っています。



MLBエンゼルスがNo1ですが、その他スポーツも大好きなスポーツオタクです。
NFLが2番、テニス、NBAも好きです。

あと、
アナハイム・ダックス、マニー・パッキャオの大ファンです。

その他話題もじゃんじゃんどうぞ。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1575200

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 386億円契約!いつまでも学習しないのはオーナー、それとも。。?
  2. マイク・トラウトを知っていますか?
  3. ヨハン・クライフの名言ランキング!!
  4. 三冠王なんてもう古い?トラウトかカブレラかの大激論
  5. ピネダの不正投球、ボラスの失態 ーメジャーの話題3つー
  6. 実は知らなかった走塁妨害のルール、野球の奥深さ
  7. サイヤング賞投票、ダルにとっては2位争いも大事だったり
  8. NBAの偽善、クリッパーズオーナー追放劇
  9. イチロー移籍に見るマリナーズ愛
  10. 一塁へのヘッスラは禁止すべし。ー今年メジャーの話題5つー

月別アーカイブ

2017
11
10
2016
08
04
03
2015
07
04
2014
11
07
06
05
04
02
2013
12
11
10
02
2012
10
07
06
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
06
05
04
03
01
2009
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss