もっとアメリカズカップ!

36回アメリカズカップについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月19日にニュージーランドが次回の36回アメリカズカップの概要について公式発表しました。

要点は以下のとおり。

⚫︎ 具体的なプロトコール(規定)は、9月に発表予定。

⚫︎ 開催時期は2021年早々。ニュージーランドの夏時期。

⚫︎ Deed of Giftを尊重し、参加ヨットは参加国の時刻で造船されるもの、参加クルーは自国籍所有者であることが、プロトコルに含まれるものとする。

Deed of Giftとは、アメリカズカップが最初に行われた1851年に勝者のアメリカ号のオーナーたちが「カップの保持者は、いかなる国の挑戦も受けなければならない」と書いた「アメリカズカップの贈与証書」のことです。

下記は、ニュージーランド公式ページのリンクですが、「外国との友好なレース」になることも記載されています。 http://emirates-team-new-zealand.americascup.com/en/preview-news/256_ANNOUNCEMENT-ON-THE-36th-AMERICA-S-CUP.html

次の4年間を目指して、日本にとっての大きな課題は、

日本は国内でヨットを造船することができるのか?

優秀な日本人クルーの獲得ができるのか?

個人的には、ディーン・バーカーはどうするのかも気になることです。

9月のプロトコルで、ヨットクラスも具体的になる見込みです。

イタリアのヨットクラブも、モノハルになるのかカタマランになるのかの決定を心待ちにしているようです。

それではまた!



http://emirates-team-new-zealand.americascup.com/en/preview-news/256_ANNOUNCEMENT-ON-THE-36th-AMERICA-S-CUP.html

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ニュース
タグ:
AC36
America's cup
最新情報
ニュース
ニュージーランド
アメリカズカップ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Emirates Team New Zealand がオークランドで凱旋パレード!【もっとアメリカズカップ!】

イタリアヨットクラブの動き【もっとアメリカズカップ!】

ニュージーランド優勝に関するコメント【もっとアメリカズカップ!】

ブロガープロフィール

profile-iconamericascupmore

ミラノ在住。
イタリアからアメリカズカップを追いかけています。
2007年からニッポンチャレンジの復活を期待してこのブログを始めました。
イタリアのメデイアでの話題なども独自の視点からアメリカズカップを日本に向けてレポートしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:152042

(09月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ついに死亡事故が発生しました。
  2. カタマランとトリマラン
  3. ニッポンチャレンジが残した足跡
  4. 突然の発表!
  5. 第35回アメリカズカップ、ニュージーランド優勝!ルナロッサ第36回のチャレンジャーオブレコード!
  6. アメリカズカップをオラクルが防衛‼︎
  7. 第35回アメリカズカップのチャレンジャーオブレコードが決定!
  8. 新ニッポンチャレンジが誕生?????
  9. アメリカズカップ本戦/レース17,18
  10. ソフトバンクチームジャパンのラインナップ決定!

月別アーカイブ

2017
09
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
06
05
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
07
06
01
2013
10
09
08
07
06
05
04
2012
11
10
08
07
06
05
04
2010
02
2008
05
04
02
2007
11
10
08
07
06
05

このブログを検索

https://twitter.com/americascupmore

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss