もっとアメリカズカップ!

死をリスクにしたアメリカズカップ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカズカップ参加の各チームがレース用カタマランACCを進水させて(フランスはこれから)トレーニングを積み重ねています。 アルテミスの進水式の時にも、2013年にトレーニング中に死亡したクルー、Andrew Bart Simpsonさんのことについても触れたばかりの、セーリングにおける安全性について話題にしたいと思います。 先日オラクルが配信したトレーニング中にクルーの一人が海に落ちる動画について、イタリアのヨット専門誌「VELA」から、アメリカズカップのカタマランの使用に関わる安全性について、もう一度見直した方が良いのではないかという喚起を促す内容の記事を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「死をリスクにしたアメリカズカップに意味はあるのか?」 オラクルが配信した恐ろしい動画 グリンダーGraeme Spenceが、命を失う可能性があった無傷に終わったエピソード。

空飛ぶカタマランでスピードとエンターテイメント性を追求するのは良いが、サンフランシスコで死亡したAndrew Bart Simpsonの死は、アメリカズカップの運営者に何も意味がなかったのか?

オラクルが最近配信したMan Over Board(船外の男=海に落ちたクルー)の動画は、これまでの一連の事故の最新のエピソードであり、結果として悲劇にならなかっただけでも強烈なシーン。 今回の被害者は、オラクルのグリンダー Graeme Spence。 ビデオからは安定したフォイリングからジャイブする際に船体の前部分が余儀なく水面に突っ込むシーンを見ることができる。

Oracle Man overboardを見る

Graeme Spenceは、片方のグリンダーからもう一方へ移動していたところ、おそらくフォイルの位置制御のエラーによりヨットが前のめりに水面に沈み込み、激しく減速した。 その瞬間Spenceは、船外に投げ出される。 カタマランの2体の船体の間に沈み込みような状態で、L字型に船体の内側に曲がっているフォイルの部分や、Tの字を反転させたような舵の部分に接触したら、このセーラーにいったいどのようなことが起こったのだろうと想像させられる映像だ。

アメリカズカップで使用されているカタマランの速度は時には壊滅的な力を持っている。 新しいレース形式になってから、フランスチームGroupamaのスキッパーFranck CammasもAC45Fでセーリング中に、今回よりも遅い速度でフォイルに接触して足を負傷したことも記憶に新しい事故の一つ。 40ノット以上の速度を記録するカタマランでは、シャープなドリフトは鋭いナイフに変わり、人間はナイフで切られるバターのような状態になる。

アメリカズカップは、海のF1レースのようなものという人もいるだろうが、深刻な事故は見逃すべきではない。 おそらく今回の場合は、命を落とすリスクの発生率が高すぎる最悪のエピソードの1つになる。 ここ数ヶ月のスピードテストだけでも、船外にセーラーが落ちる事件は発生しており、深刻な事故から運によって救われただけとも言える。

空力上の理由から、フロントデッキエリアは2つの船体の間にある空間に、実際に踏み込むスペースが確保されておらず、セーラーにとってはロシアンルーレットのように誰がいつ海に落ちてもおかしくないという危険性が常に存在する状態だ。

セーラーと船体を結びつける安全装置は解決策になり得るのか? それを明言するのは難しい。 仮に船体が転覆した場合、セーラーにさらなる危険をもたらすことも考えられるからだ。 いずれにせよ、取り返しのつかない悲劇が起こる前に緊急に安全対策を見つける必要性があるのは明らかだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ニュース
余談
タグ:
安全対策
アメリカズカップ
Man Overboard
MOB
Oracle
America's cup

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

死をリスクにしたアメリカズカップ?

HA-MAwasserfahrenさん。
コメントありがとうございます。
危険を伴うプロスポーツという視点からだと、カタマランでのアメリカズカップがよく例えらるF1レースや、バイクレースもこれまでも何度も死亡事故を起こしてきたスポーツとして考えられます。
人間の能力の限界への挑戦のために、命が引き換えになるのは、どんな理由であれ、できるだけ回避されるべきだと思います。どんなアスリートであれ、命あってのアスリートであって、命の尊さは忘れられるべきではないと思います。

死をリスクにしたアメリカズカップ?

確かにクルーの安全確保は最重要課題と思います。
しかしながら風という自然のエネルギーだけでここまでのスピードが得られると言うヨットスポーツ、
モノハルでは成し得なかったであろうレース技術の革新と進歩はやはり素晴らしいと思います。
ボブスレーやスピードスキー、そしてウイングスーツで滑空する危険なスポーツへ挑戦する人々もいます。
フォイリングするヨットマンだけが危険なスポーツといえるでしょうか?
海の男だけがチキンだなんて思われるのは私は嫌だなぁ〜

こんな記事も読みたい

Artemis と SoftBank Team Japan のACC進水式【もっとアメリカズカップ!】

オラクルのACCとチームニュージーランドのACC【もっとアメリカズカップ!】

アメリカズカップまであと100日!【もっとアメリカズカップ!】

ブロガープロフィール

profile-iconamericascupmore

ミラノ在住。
イタリアからアメリカズカップを追いかけています。
2007年からニッポンチャレンジの復活を期待してこのブログを始めました。
イタリアのメデイアでの話題なども独自の視点からアメリカズカップを日本に向けてレポートしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:153591

(10月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ついに死亡事故が発生しました。
  2. カタマランとトリマラン
  3. ニッポンチャレンジが残した足跡
  4. 第35回アメリカズカップ、ニュージーランド優勝!ルナロッサ第36回のチャレンジャーオブレコード!
  5. 突然の発表!
  6. アメリカズカップをオラクルが防衛‼︎
  7. 第35回アメリカズカップのチャレンジャーオブレコードが決定!
  8. 新ニッポンチャレンジが誕生?????
  9. アメリカズカップ本戦/レース17,18
  10. ソフトバンクチームジャパンのラインナップ決定!

月別アーカイブ

2017
10
09
07
06
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
06
05
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
07
06
01
2013
10
09
08
07
06
05
04
2012
11
10
08
07
06
05
04
2010
02
2008
05
04
02
2007
11
10
08
07
06
05

このブログを検索

https://twitter.com/americascupmore

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss