もっとアメリカズカップ!

オラクルのACCとチームニュージーランドのACC

このエントリーをはてなブックマークに追加

つい先日、バミューダでオラクルのレース用ヨットが披露されたことを伝えましたが、 実は同じ日2月14日に、地球の反対側にいるチームニュージーランドの地元、ニュージーランドのオークランドで、ヨット関係者を驚かせるACCの進水式が行われ、そのことが、早速ニュースになっており、イタリアのスポーツ新聞Gazzetta dello Sporto でも話題になったので紹介します。

「チームニュージーランドは、自転車でアメリカズカップを勝ち取るつもりだ」というタイトルです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ルイヴィトンカップを目指して、100日後にバミューダの水にカタマランが浮かぶ。 その間に、アメリカチームはニュージーランドチームと同じ日にレース用ヨットACCを進水させた。 案の定、ニュージーランドは、最も革新的なヨットを完成させた。 グリンダーは、手ではなく、脚を使う。

「これは、アメリカズカップを再防衛するためのヨットです」 オラクルのスキッパー、James Spithill は、この言葉でオラクルのACCを披露した。 アメリカチームの進水式は、バミューダのベースキャンプで、バレンタインデーの日に行われた。 この日が、アメリカチームの進水式の日として選ばれたのは、偶然ではなく、2010年2月14日は、第33回アメリカズカップが行われた日で、アメリカのシンジケート(オラクル)が、スイスのアリンギを相手に初勝利した日であったからである。 当時はバレンシアで論争があり、アメリカズカップはオラクルとアリンギだけで競われた。

15人以上のデザイナー、50人以上の作業員がアメリカチームのカタマランの構築に携わり、「17」というニックネームを命名した。 「17」とは、オラクルのオーナー、Larry Ellisonが他に所有するヨットにも使用されているニックネームであり、Larry Ellisonの誕生日8月17日に由来する。

この新しいヨットの誕生を祝福するために、大西洋に浮かぶバミューダ諸島に、チームの家族、友人、サポーターの多くが駆けつけたが、当日、オーナーのLarry EllisonとRussell Coutts の姿は無かった。

オラクルのACC披露の当日、設計チームの責任者Scotto Fergusonは、以下のようなコメントを残した。 「設計上の主要な決定はすでに行われている。ヨットの改良は、ここで終わらず、繰り返される。5月26日のルイヴィトンカップ開催まで、まだまだ研究を重ねてヨットの改良に従事することになる。」

一方で、アメリカチームのパーティーに水を差すかのように、ニュージーランドがサプライズを用意していた。 チームニュージーランドは、意表をついて、彼らのカタマランの進水式をニュージーランドで行なった。 刺激を与えたのは、ニュージーランドがオラクルと同じ日に進水式を行なったことよりも、(本当の進水式は、実は2月17日に予定されていた)Kiwi チームが、案の定、革新的なヨットを披露したことだった。

ニュージーランドのカタマランには、通常のグリンダーで、「コーヒーグリンダー」とも呼ばれすマストを調整するための手挽きコーヒーミルのような、手動の装置を、足で漕ぐ自転車のペダルに置き換えたのだ。 セーリング中に、マストを手で調整する重労働を、足の安定性と動力を活かすアイデアだ。 さらに、脚を使うことで、手が自由になり、他の動作を手で行うことを可能にさせる。

元ニュージーランドのスキッパーであり、現在、日本チームに所属するDean Barker は、この革新的なアイデアの導入に疑り深い様子。 「我々のチームもこの仕様について、新しいヨットの設計の際に検討した。 計算上、この革新が実を結ぶようには思えない結論に至った。 論理上は、脚を使う方がより動力を展開させることができるので、かなっていると思う。 しかし、船上では素早い動作と、左右への絶え間ない移動も必要することから、このアイデアが必ずしも決定的になるとは言えないと思う。」 果たして、この新兵器がニュージーランドにアメリカズカップを奪回させることになるのか? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー この他に、アメリカのヨット関係ニュースの解説も読みましたが、グリンダーについては比較的設計上の制限がゆるいことから、今回、ニュージーランドがこのアイデアを採用したのも納得できるという解説でした。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ニュース
タグ:
Emirates Team New Zealand
Oracle team USA
チームニュージーランド
オラクル
バミューダ
アメリカズカップ
Bermuda
America's cup

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

アメリカズカップまであと100日!【もっとアメリカズカップ!】

165年の歴史を変える発表【もっとアメリカズカップ!】

第35回アメリカズカップのスキッパーたち【もっとアメリカズカップ!】

ブロガープロフィール

profile-iconamericascupmore

ミラノ在住。
イタリアからアメリカズカップを追いかけています。
2007年からニッポンチャレンジの復活を期待してこのブログを始めました。
イタリアのメデイアでの話題なども独自の視点からアメリカズカップを日本に向けてレポートしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:292
  • 累計のページビュー:128273

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ついに死亡事故が発生しました。
  2. カタマランとトリマラン
  3. ニッポンチャレンジが残した足跡
  4. 突然の発表!
  5. アメリカズカップをオラクルが防衛‼︎
  6. 第35回アメリカズカップのチャレンジャーオブレコードが決定!
  7. 新ニッポンチャレンジが誕生?????
  8. アメリカズカップ本戦/レース17,18
  9. ソフトバンクチームジャパンのラインナップ決定!
  10. LVACWS Fukuoka 第1日目

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
06
05
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
07
06
01
2013
10
09
08
07
06
05
04
2012
11
10
08
07
06
05
04
2010
02
2008
05
04
02
2007
11
10
08
07
06
05

このブログを検索

https://twitter.com/americascupmore

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss