もっとアメリカズカップ!

165年の歴史を変える発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりの更新になりますが、1月25日に公式発表された将来のアメリカズカップに関する決定について、イタリアのスポーツ新聞「ガゼッタ・デロ・スポルト」でも詳しい記事が出たので、紹介します。

まずはこのリンクから写真を見てください。 News of America’s cup

この写真には、参加チーム全6チームのうち、5チームのチーム代表(アメリカ、イギリス、スエーデン、フランス、日本)がアメリカズカップを囲んだ写真です。 この写真に、ニュージーランドの代表が参加していないことが大きな皮肉になっているのです。

まず、1月25日にどのような発表がされたのか? 「ガゼッタ・デロ・スポルト」の記事は、「最古のトロフィーを巡って、ねじ曲げられた混乱」というタイトルがついています。 以下は、記事の要約です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー この発表は、アメリカズカップのトロフィーを1851年に作成した、イギリスの宝飾品会社Garrard(ガラード)のロンドン本社から「意表をついた突然の」発表があった。

その内容とは、 ー今回の35回大会以降のアメリカズカップの開催時期を第36回は2019年、第37回は2021年に決定した。 ーその決定に、現在のアメリカズカップ参加チーム6チームのうち、5チームが合意し、規約に署名した。 ー開催時期の同意と同時に、予選ワールドシリーズのレースでは、ヨットクラスをAC45F、本戦ではACCを使用する。 ー重要なのは、この合意に、ニュージーランドが賛同していない。満場一致の合意ではない決定。

<盲点> ① 物議を醸し出す この決定は、現時点ではあくまでも「こうなるかもしれない」という憶測レベルの決定に過ぎないということ。 ただし、この決定はアメリカズカップの伝統の視点から分析すると、アメリカズカップの伝統を払拭するという深刻な決定。 そもそも、アメリカズカップは、本戦で勝利したチームが次回の開催概要を決定する特権を持っているスポーツイベントであり、それが165年から続いている伝統でもある。 今回のように、将来のレース開催時期、ヨットクラスが勝者が決まる前に決められてしまうことは、歴史上無かったこと。 1988年大会を除いて、2007年までアメリカズカップは常にモノハルのヨットで競われてきており、2010年の大会は、開催規定の解釈を繰り返し行なった(ルール変更などで裁判沙汰になった大会)、モノハルからカタマランにヨットクラスを変えたことで、勝者でありレースの規定を決める特権を持つことが、当時の勝者であったオラクルにとって、いかにレースを有利に展開させることができるかということを印象付ける大会になった。 その流れは、2013年のサンフランシスコ大会に受け継がれ、今年、バミューダで見ることになるカタマランで競われるアメリカズカップのきっかけとなった。 更に、解釈を掘り下げると、今年、バミューダでイギリス、フランス、スェーデン、日本、またはアメリカチームがアメリカズカップを勝利すれば、次回とその次の大会のアメリカズカップは、カタマランの現在のクラスで行われることが確実にななるが。。。この決定に同意していないニュージーランドが今回勝利すれば??? 「すべてが見直される」可能性が高いということになる。

② なぜこの時期の決定か? この決定のタイミングが今であることの背景には、数多くのスポンサー契約を継続して、スポンサーからイベントへの投資を続けてもらう状態を保つこと。という意味が大きく作用している。 確かに、大会ごとに、ゼロからスポンサー探しをしなくても良いということは、主催者にとって大きな要素になる。 日本円で90億円と言われるアメリカズカップの参加費用と、仮に新しいヨットクラスに決められた時のヨットの開発費用を考えれば、現在のヨットクラスで競い続けることは、大会の連続参加チームにとっては節約になり、開発時間を割く代わりに、レース回数を増やすことができることになるだろうという想定から、今回同意した5チームは、すばらしいアイデアとして受け入れた。 ただし、満場一致ではない決定なので、参加チームの間に、アメリカズカップについての考え方に、大きな亀裂があることは隠せない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ニュース
タグ:
America's cup
アメリカズカップ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第35回アメリカズカップのスキッパーたち【もっとアメリカズカップ!】

LVACWS Fukuoka フォトレポート3【もっとアメリカズカップ!】

LVACWS Fukuoka フォトレポート2【もっとアメリカズカップ!】

ブロガープロフィール

profile-iconamericascupmore

ミラノ在住。
イタリアからアメリカズカップを追いかけています。
2007年からニッポンチャレンジの復活を期待してこのブログを始めました。
イタリアのメデイアでの話題なども独自の視点からアメリカズカップを日本に向けてレポートしたいと思います。
  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:125644

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ついに死亡事故が発生しました。
  2. カタマランとトリマラン
  3. ニッポンチャレンジが残した足跡
  4. 突然の発表!
  5. アメリカズカップをオラクルが防衛‼︎
  6. 第35回アメリカズカップのチャレンジャーオブレコードが決定!
  7. 新ニッポンチャレンジが誕生?????
  8. アメリカズカップ本戦/レース17,18
  9. ソフトバンクチームジャパンのラインナップ決定!
  10. LVACWS Fukuoka 第1日目

月別アーカイブ

2017
04
03
02
2016
12
11
10
09
07
06
05
03
02
2015
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
07
06
01
2013
10
09
08
07
06
05
04
2012
11
10
08
07
06
05
04
2010
02
2008
05
04
02
2007
11
10
08
07
06
05

このブログを検索

https://twitter.com/americascupmore

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss