にわかフロンターレファンの試合分析

決勝のアレ、流行らないよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

すごいトリックプレーだった。 確かにすごかった。

でも確実にあれはリスクの方が大きい。

まず3人も固めて壁にするのは数的不利になる。

キャッチされたり壁に当たったりしたこぼれ球を奪われやすく、人が固まってる故に両サイドにワイドに展開すれば確実に突破される。

カウンターの危険性がかなり高い。

そしてなにより一度見られてしまった事が最大のウィークポイント

壁の人間とキッカーは最初に何歩目で蹴るかを決めてやらなければ効果は無くなる。

助走の瞬間にいっせーので頭下げれば、蹴る瞬間をGKに見られる。

とにかく蹴る瞬間と下げる瞬間のタイムラグを短くしないと効果が無い。

そして壁が下がる瞬間が遅ければ自爆になるため最低限球が来る前に壁は下がる。

それはすなわちキーパーに蹴るよor蹴ったよと壁が教えてしまってるという事だ。

本当に短距離ならまだ狙い目はあるかもしれないが、距離が今回のようにあれば本当にいいコースに行かない限り止められてしまう。

それなら今まで通りのコース狙いのキックの方がリスクも準備も少なくできる。

特にリスクの発生はかなりマズイ。

実を言うと、味方の壁でキックを隠すのは普段の壁でもできてしまうし、日常的に行われているという事も挙げておこう。

まぁ、ある意味高校レベルだからこそ見れたプレーであり、究極に直接FKを決めるという事を考えれば、中村俊輔のようなキッカーを育てた方が遥かに現実的だという事ですね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

決勝のアレ、流行らないよ

確かに戦術的にはリスクが高いと思います。
東福岡から見れば、先制してリードしている局面でもあり、力の差を踏まえた上で選択した奇策なのでしょう。
プレミアリーグ(ウェスト)の東福岡と、カテゴリーが2段階下位の東京都リーグ1部の國學院久我山との対戦だからこそ、出現した局面だと思います。
一見楽しく見えるパスサッカーも、個の力に差があると全く機能しないということが、非情にも露呈してしまったのだと思います。
ただし、この世代のサッカーですから、勝ちにこだわるのではなく、自分たちのサッカーを貫くことも大事だと思います。
結果は大敗でしたが、國學院久我山のイレブンは決して下を向く必要はないと思います。

こんな記事も読みたい

くだらない議論。事実は事実でしかないと。【会津のスナフキン的ドラゴンズ応援歌】

【侍青の風】5万4000人の大観衆を集めた埼玉スタジアムで東福岡の圧巻の5ゴール!【サムライブルーの風】

全国高校サッカー選手権大会決勝@埼スタ【山雅サポの徒然ブログ】

2015:全国高校サッカー選手権:決勝:東福岡vs國學院久我山「総合力の高さで夏冬の2冠」【蹴鞠談議2】

仮に東福岡がラグビーでも決勝進出していたら・・・【スポーツ えっせい】

「90年代サンフレッチェのWボランチが、歴代代表サッカーを圧倒!」ってな試合~【高校サッカー決勝】の周辺をウロウロと…★テレビ観戦記★【4thDayMarketCenter】

第94回全国高校サッカー選手権大会 準決勝【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

高校ラグビー人気復活は代表チームの活躍にあり【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconamazante

小学低学年頃にフロンターレと出会い約十年。自分もサッカー選手を目指すも中学までに断念して以来見て考える側に立っている自称ベテランフロンターレファン(ゴール裏には居ない)
コメントなどで皆さんの意見も聞けたらブログを続ける力になりますよろしくお願いします
  • 昨日のページビュー:34
  • 累計のページビュー:573103

(05月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. マスコミの報道レベルの限界
  2. 何度でも言う、サッカーはセンターバックだ
  3. フットサルなら負けていた
  4. 大久保批判が日本の成長の妨げ
  5. セレッソが上位候補とか
  6. 来年2チーム削減な、今年追加で落としてもいいぞ
  7. 最近荒いファンが増えた気がする
  8. 組み立てを放棄したサッカー
  9. 来年取ったら鹿島に何て言えばいいの?
  10. 決勝のアレ、流行らないよ

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2015
12
11
10
08
07
04
2014
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss