WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~

月別アーカイブ :2015年02月

レジェンド降臨

大阪心斎橋で、武藤さんとのトークイベントが決定しました!!! 多忙な合間を縫ってようやくの実現です。 開催日時:3月14日(土) 14:00~16:00 開催場所:大阪市中央区西心斎橋1-6-14 心斎橋ビッグステップ地下2階特設会場 ※フィットネスショップ スポタカビッグステップ店 サプリメントコーナーにおきまして 3月1日~3月14日15時までに、グリコ商品5,000円以上お買上げの方......続きを読む»

KAI

ようやくKAIがベルトに手を掛けるところまで辿り着いた。 武藤さんに憧れて入門をして、長く付き人を務め、分裂の時も一番最初に手を挙げた男。 不器用ながら、ひとつひとつ壁を乗り越えて、確実に力を付けてきた。 まだ早いと判断されるのか、任せようと思わせられるのか。 数年前、武藤さんのIWGPにタナが挑戦した時を思い出す。 KUWABARA ...続きを読む»

AJ

順風満帆、向かう所敵なしの様相を呈していた棚橋選手であったが、予想外の短命政権だった。 AJはレギュラー参戦しておらず、どういった観点からも棚橋有利と思われたのだが、やはりプロレスは分からない。 これからの覇権争いは、まさに混沌とした状態に突入するだろう。 オカダ、中邑、真壁、内藤、飯伏、永田、小島、後藤、柴田、、、、もしかしたら同門のファレも名乗りをあげるかもしれない。 このまさかの展開が......続きを読む»

内臓

スポーツ選手は常に肉体の進化と退化の狭間でもがき苦しんでいる。 特にプロアスリートの場合は、肉体の退化は引退へと繋がり、ひいては失業にも繋がっていく。 そんな中でコントロールが難しいのが内臓であろう。 逆に言えば、内臓の強い人は選手寿命が長いとも言える。 やはり食べる事は体作りの基本のキなのだ。 武藤さんも最近はすっかり食が細くなったと嘆くが、それでもまだ普通の人の倍は食べて飲んでいるだろ......続きを読む»

熊ゴロー

熊ゴローの名前を聞いてW-1の若手選手だと分かる人は相当なプロレス好きかもしれない。 昨年のオーディションで浜口ジムから参加をして見事合格したのだ。 ついこの間までリングネームを皆で悩んでいたところだった。 本人は本名の鈴木を希望していたが、武藤さんの「どこにでもある名前」という理由で却下。 結局は熊ゴローとなったのだ。 名付け親は武藤さんだと聞いているが、様々な思惑があるに違いない。 ......続きを読む»

引退

ミスタープロレス天龍源一郎が引退を発表した。 年齢から考えても当たり前のことであるはずなのだが、大きな驚きを感じざるを得なかった。 それくらい凄い選手だと思う。 関取が強いこんなにも強いという印象を万人に植え付けたのは彼だろう。 武藤さんとIWGPをかけて戦った府立での試合は、今思い出しても興奮してくる。 怪我にも滅法強かった。 怪我に強いというよりは、我慢強かった。 その分、対戦相手......続きを読む»

KAI復活か?

昨年は進んでも進んでも壁に跳ね返され続けたKAIであるが、今年に入って船木、河野と確実に駒を進めてきた。 本来であれば、すぐにでも武藤さんへの挑戦を表明したいのだろうが、グッと堪えて動かない。 彼なりのチャンピオンシップへの敬意なのだろう。 挑戦するに値する立場であると納得するまで動かない。 一時は「誰が何と言おうが、レッスルワンのエースはこのオレだ!」のフレーズが痛ましい感じすらしていた。 自由奔......続きを読む»

必須アイテム

プロ野球もいよいよキャンプインとなった。 個人的には中日ファンであり、いわゆるドラキチってやつなのだが、一選手ということでいえば、タイガースの鳥谷選手のサポートをしている。 元々はジムでたまに見かけていたのだが、筋トレ肯定派という点でも気に入っていた。 ガオラの桑原塾のゲストで対談したことがきっかけであるが、サプリメントへの意識も相当に高い。 パワープロダクションを、バットやグラブと同様にな......続きを読む»

恐怖

内輪でのトークショーで、誰が苦手かとか、誰が怖いかとか、そういったネタで話すことがたまにある。 先日もW-1の若手に誰が怖いかを聞いたところ、船木選手が怖いとの声が一番多かった。 これは嫌いという意味ではなく、その厳しい姿勢が若干の恐怖心にまで繋がっているようだ。 これまでのキャリアもさることながら、現時点でもその追求していく姿勢がそんな副産物を生み出している。 これまで全日時代も、W-1に......続きを読む»

入門テスト

1/25の公開オーディションにて三人の若者が合格となった。 全員十代である。 審査をする側としては、その基準が本当に難しい。 何人もの応募者が競い合っているため、そこでの順位が合否を決めるように思いがちであるが、こちらはそれ以外のポテンシャルを相当意識している。 例えば17歳と25歳がいたら、多少パフォーマンスで劣っていても今後の8年間という歳月が17歳には武器になるのだ。 身長も然り。 ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconall-japan

[[all-japan-71723.jpg]]

■塾長:武藤敬司
代表取締役社長
「プロレスLOVE」を公言し、ラブポーズでも有名な言わずと知れた「プロレス界の至宝」。社長兼レスラーとして活躍中、タレント業もこなす一方でトレーニング・肉体改造を科学的に実践。自身も大きな怪我を抱えながら、驚異のトレーニングでコンディション作りを行っている。

----------------------------------------------------------------------

[[all-japan-41489.jpg]]

■監修:桑原弘樹
桑原塾 主宰。 
スポーツサプリメント『パワープロダクションの産みの親』。
NESTA JAPAN(全米エクササイズ&トレーナー協会)PDA。
武藤敬司選手などのトレーニングコーチとしても活動している。
また国内外で活躍する多くのプロスポーツ選手に対して、サプリメントを活用した独自のコンディショニング指導を行ったり、各種スポーツ誌への執筆や幅広いテーマで講演会を実施するなど多方面にわたって活躍中である。
----------------------------------------------------------------------
  • 昨日のページビュー:39
  • 累計のページビュー:4052048

(02月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. プロレス
  2. 至宝奪還
  3. 怒り
  4. 肉体改造
  5. ジョーどこへ
  6. プロレス大賞
  7. 棚橋防衛
  8. 太陽ケア
  9. 征矢
  10. 世界タッグ返上

月別アーカイブ

2017
01
2016
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss