WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~

月別アーカイブ :2013年06月

プロ

全身どこも痛くないプロレスラーなんていないんじゃないかと思うくらい、誰もがどこかを痛めている。 鼓膜が破れるなんていうのは日常茶飯事で、当然試合にも出場するし、容赦ない打撃も受ける。 KENSOの動向には賛否両論あるかと思うが、あの万全ではない肉体であっても6/30の両国に向けての揺ぎ無い決意には頭が下がる。 KAIも少しずつトレーニングを再開すると連絡がきた。 力を入れると関係の無い部位で......続きを読む»

アミノ酸

アミノ酸とは実に奥深い。 一言で言ってしまえば、体の材料ということになるのだが、その一つ一つが個性的なのだ。 例えばアルギニンというアミノ酸は体を構成しているアミノ酸の一つでありながら、血管を拡張するという特長をもっている。 グルタミンというアミノ酸も体を構成するアミノ酸でありながら、小腸にとっての唯一のエネルギーとなる役割をもつ。 バリンは単独では大きな力をもたないが、ロイシンとイソロイシ......続きを読む»

デビ

すっかりとヒールが板についてしまって、もうデビちゃんと呼べない雰囲気だ。 介入アリとはいえ、あのタナをも撃破するとはこの勢いは暫く続くであろう。 今度、バッタリとジムで会ったらどういった挨拶をするのだろう。 まさか「よぉ!」とか「オイっ!」なんて言われるのか・・・。 ただ、一つだけバラスとするなら、彼の大好物はパワプロの赤いホエイプロテインなのだ。 あれしか彼の体は受け付けない。 味がつ......続きを読む»

LR

LR=ラストレボリューション。 この巣晴らしいユニットが、本来の素晴らしさを発揮する前に解散することが決定的となってしまった。 プロレスは、基本は個と個のぶつかり合いだと思うが、時には考え方や方向性が近い者同士がユニットを作ることで、大きなうねりを生み出す。 これまでに生まれた名ユニットも数え出したらキリがない。 LRには個人的にそういった期待感が強かった。 現状は厳しいかもしれないが、プ......続きを読む»

漸進的向上

漸進的向上とは、少しずつ進化すること。 筋肉はまさにこれだ。 一気に大きくはならない。 全然効果が無いなと諦めたくなるが、それでもトレーニングを続けると、いつの間にか少しだけ大きくなっている。 成果を急いでも無駄なのだ。 人生も似ているなと思うことがある。 セミナーをやるとキャンセル待ちになるほどに人気があると自惚れていると、集客に大苦戦したりする。 もう大丈夫。もう安心。暫くは心......続きを読む»

依存

携帯が突然に壊れた。きっと何か理由があるのだろうが、自分では思い当たらない。 宿泊先のホテルに忘れ物をして、その確認をしようと携帯を取り出したところ、全く動かないことに気がついた。 壊れた事はもちろんショックなのであるが、それ以上に携帯に依存してしまっている自分にショックを受けた。 忘れ物をしたホテルの電話番号も調べられない。 公衆電話を見つけても、誰一人電話番号を知っている相手がいない。 ......続きを読む»

看板

全日本プロレスが大きく揺れた。 40年の歴史、数々の名選手、そして名場面。 看板は守るべきものか、育てるものか、それとも超えていくものか。 難しい選択だと思う。 プロレスラーは一人一人が看板でもあるから尚更難しい。 頭で考え、ヘソで考え、考え抜いて決めたらいい。 そして決めた以上は、絶対に間違っていないと信じて前進することだ。 紆余曲折があって、大きな壁が続いても、これが正しい道なんだ......続きを読む»

ギャップ

新日本プロレスのスイーツ真壁が大人気だ。 あのべらんめい調のドスのきいた声とは裏腹に、なんと大の甘党だとのこと。 「おいっ!よ~く聞け!モンブランってのはよぉ、ケーキの王様なんだょ」 なんてギャップがたまらない。 時にギャップは大きな魅力を生み出す。 本来の評価以上の評価を作り出したりもする。 ヒールが親切だったり、筋骨隆々のレスラーが手先が器用だったり、荒々しいファイトの選手の趣味......続きを読む»

恋愛物質

恋をするとジャカスカと分泌される脳内物質があるらしい。 フェニルエチルアミン(PEA)といって、フェニルアラニンという必須アミノ酸が大元の材料となる。 このPEAはマックス4年くらい経つと分泌が悪くなるか、耐性出来てしまって効果がなくなるそうだ。短い人だと3ケ月くらいで出にくくなるとか。 つまり、出会った頃のドキドキ感はマックス4年までしか続かないというわけだ。 でもなんとなく、なるほど~と......続きを読む»

活性酸素

スタローン主演映画のバレットが好評だと聞いた。 武藤さんとPRイベントをやらせて頂いただけに個人的にも嬉しいお知らせである。 それにしも66歳とは思えないスタローンの肉体はお見事である。 我々の身体は酸素がなくては生きていけない。酸素を取り入れてエネルギーを作り出しているのだ。しかしその一方で、エネルギーが作り出されていく過程において活性酸素なる副産物が生まれてくる。これは元々は体内にある細菌......続きを読む»

卜部兄弟

6月30日(日)14:00~krushの看板選手である、卜部兄弟をスペシャルゲストとしてお招きし、桑原塾krush編を開催します。 場所はフィットネスショップ水道橋店(千代田区三崎町3-6-14 第2ハンタービル) 0120-46-4681 基本トークショーとなりますが、若干実践編も入れられたらと勝手に構想を練っていますので、観る人も、闘う人も、初めての人も、イケメン好きな人も、み~んな集まれ......続きを読む»

DHEA

若返りのホルモンとも呼ばれるDHEAというホルモンがある。 副腎から分泌されるホルモンで、男性ホルモンにも女性ホルモンにもなることができる。 このDHEAの分泌が多いということは、一言で言えば若い!ということにもなる。 先日、自身のDHEAを測定したところ、ジャスト52歳。 あまりにもピッタリで、嬉しいような悲しいような、ちょっとガッカリみたいな複雑な感想。 海外ではサプリメントとしても購......続きを読む»

ファイト

ファイト! 闘う君の唄を闘わない奴らが笑うだろう。 ファイト! 冷たい水の中をふるえながら上っていけ。 中島みゆきさんのファイト!の歌詞であるが、こんなシーンが日常様々な所に溢れている。 自分自身に鑑みたとき、ふるえながら上っていけていない様な気がする。 それどころか、もしかしたら笑う側に回っているんじゃないかという懸念すらある。 リング上で戦っている選手全員に送りたい。 ......続きを読む»

コラーゲン

コラーゲンって名前は聞いたことがあるかもしれない。特に女性には人気の高いタンパク質である。 関節やお肌の成分となるタンパク質で、炎症作用や骨密度アップやお肌の代謝促進なんかが期待される。 ところがコラーゲンをアミノ酸レベルにまで分解してみると、構成しているアミノ酸にすごく偏りがあることに驚かされる。 圧倒的に多いのがグリシンというアミノ酸で、これだけで約1/3を占める。他にプロリンやらアラニン......続きを読む»

100レップクラブ

6年ほど前に武藤さんと一緒に夢中になったトレーニングがある。 トレーニングというよりは一種の測定法で、体重別の乗率を決めて段位まで決めた。 全日の道場で流行って、そのまま資格やらにせずお蔵入りとなったのだが、最近この公式規則がでてきた。 簡単に説明すると、60kgに設定したベンチプレスを何回できるかというものだ。 途中に30秒のレストを2回とることができる。2回のレストはどのタイミングでとっ......続きを読む»

悲劇

オーナーの社長就任で騒がしい全日本プロレスではあるが、一つ一つの戦いにはしっかりとした説得力がある。 KAIも間違いなくその一人である。 そのKAIに悲劇が起きた。 後楽園ホールでの河野戦。 不自然に曲がってしまった肘。 明らかに異変が起きている。 しかし不幸中の幸いに、骨や靭帯には問題がなく、脱臼という診断であった。 これから約1ケ月はギプスの生活が待っている。 きっと焦りもあるだ......続きを読む»

柔道

オリンピック以降、何かとスキャンダルが多い柔道界であるが、柔道がもつポテンシャルは大きいと思う。 今は学生柔道を少し横から覗いているレベルであるが、一つ一つの動きがとにかく面白い。 力はあった方がいいが、力の強い人間が勝つわけではなく、むしろ力は関係無いのかもという錯覚に陥る瞬間もある。 もちろん体重も思い方が有利なのであるが、軽くても十分に勝つケースがある。 柔よく剛を制すだ。 こんな武......続きを読む»

バレット

シルベスタースタローン主演のバレットの公開PRイベントに武藤さんと参加してきた。 映画のストーリーも痛快で面白のだが、やはり66歳の肉体という点に関心がいってしまう。 武藤さんも私も50歳を越えて、今後の肉体の維持が気になるところなのだが、維持という発想をもっていてはいけないと思った。 あくまでも進化である。 ただし、大人の進化の仕方をしなくてはいけないのだろう。 慌てない、焦らない、しか......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconall-japan

[[all-japan-71723.jpg]]

■塾長:武藤敬司
代表取締役社長
「プロレスLOVE」を公言し、ラブポーズでも有名な言わずと知れた「プロレス界の至宝」。社長兼レスラーとして活躍中、タレント業もこなす一方でトレーニング・肉体改造を科学的に実践。自身も大きな怪我を抱えながら、驚異のトレーニングでコンディション作りを行っている。

----------------------------------------------------------------------

[[all-japan-41489.jpg]]

■監修:桑原弘樹
桑原塾 主宰。 
スポーツサプリメント『パワープロダクションの産みの親』。
NESTA JAPAN(全米エクササイズ&トレーナー協会)PDA。
武藤敬司選手などのトレーニングコーチとしても活動している。
また国内外で活躍する多くのプロスポーツ選手に対して、サプリメントを活用した独自のコンディショニング指導を行ったり、各種スポーツ誌への執筆や幅広いテーマで講演会を実施するなど多方面にわたって活躍中である。
----------------------------------------------------------------------
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4052199

(02月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. プロレス
  2. 至宝奪還
  3. 怒り
  4. 肉体改造
  5. ジョーどこへ
  6. プロレス大賞
  7. 棚橋防衛
  8. 太陽ケア
  9. 征矢
  10. 世界タッグ返上

月別アーカイブ

2017
01
2016
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss