WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~

月別アーカイブ :2013年04月

ウーマンパワー

アベノミクスの成長戦略の中核は女性の活躍だそうだが、既に様々なシーンにおける女性の影響力には脱帽している。 アウトレットに行っても百貨店に行ってもお店の大半は女性向けであり、男性は荷物持ちか子守におわれている。 先日、ビューティワークアウトジャムという女性限定のイベントで、女優ボディなるレッスンをしたが、参加者の意識の高さと湧き出るエネルギーにはひたすら感心するばかりである。 先進国の中では日......続きを読む»

泰山鳴動

泰山鳴動して鼠が一匹。 先日、地方への出張中に電車の中で食事をすることになった。 乗車する前に買ったお寿司と発泡ワイン。 空腹だったこともあって、ガッついて一気に食べたところ、米粒を喉に詰まらせた(正確には気管に入ったようだ)。 慌てて発泡ワインで流し込もうとしたところ逆効果に。 しばらくの間、涙を流しながらの苦しみだった。 そして翌日まで体調の悪さをひきずった。 ゴハンはよく噛ん......続きを読む»

大学生

最近、仕事で大学に行くことがある。 二十歳前後の若者達で溢れかえるキャンパス。 若さがまぶしい。 空気がゆっくりと流れているような感覚になる。 気だるそうにタバコをすう者。 自由な髪型、服装。 あのどんよりとした風景に違和感を覚えた。 エネルギーが有り余っている年代じゃないのか? その答えが分かった。 彼らは別のシーンで大量のエネルギーを注いでいるのだと。 たまたま見たシーンはそ......続きを読む»

心配事

KAIの肉体改造を手伝って、ひとつだけ気がかりなことがある。 ヘビー級として見劣りしない、そしてパワー負けしない肉体を作ったつもりであるが、脂肪をかなりそぎ落とした。 プロレスラーの戦い方は、相手の技を受ける戦いでもある。 その際には脂肪は衝撃を和らげるクッション材の役割もはたす。 以前、大和がボディビルダー並の体脂肪に落とした際、受身が痛いと話していたのを思い出した。 チャンカンという一......続きを読む»

測定

やっぱプロレスラーは凄い。 全日の道場で恒例の測定会を実施して痛感した。 IN BODYという体組成計で筋肉量やら体脂肪などを測定するのだが、ひとつの目安としてフィットネススコアなる点数がでる。 ちなみに自分で92くらい。 これでも一般のサラリーマンにとっては夢のような数字(のはず)。 度肝を抜かれたのは103という点数がでたこと。 他にも100、99、97など見たことも無い数字が連発。......続きを読む»

黒星

チャンカン初日が終わった。 個人的に肉体改造を手伝っている、KAIとKENSOのダブルK。 揃って黒星スタートとなった。 チャンカンに関していえば、初戦を落としたからといって栄冠を手に出来ないわけではない。 むしろ過去のデータからいえば確率があがるかもしれない。 そう思って、次に進んでもらいたい。 マイナスの事実に直面したときに、脳がどういった反応を示すかによって一流と二流の差があらわれ......続きを読む»

プロロードレーサー

パワプロを愛用しているプロロードレーサーの中島康晴さんが事務所を尋ねてきてくれた。 アジアを中心に各国のレースで活躍している。 見た目は華奢な感じを受けるが、その能力はずば抜けている。 ちなみに平常時の心拍数は40らしい。 世の中には様々な競技があって、それぞれの特徴がある。 時に、ある競技の常識は別の競技の非常識であったりすることもある。 例えば減量の仕方も、ボクシングと柔道ではアプロ......続きを読む»

チャンカン

絶対に無いと断言した太陽ケアが優勝したり、逆にケア優勝の予想を立てたら最下位だったりと、過去はずし続けているチャンカン予想を立ててみよう。 今年はなんといっても秋山、潮崎の両氏の勝敗が大きく影響するだろう。 誰もがこの二人には目の色を変えてぶつかるはずだから。 当然、諏訪魔、船木という全日二大エースは勝って当たり前の評価。 ダークホースとしては、KENSOとKAIのダブルK。 話題性もある......続きを読む»

朝食

バルクアップの強い味方が米ならば、ダイエットの強い味方は朝食だと思う。 朝食の内容は細かくは色々とあるが、とりあえず朝はしっかりと食べる。 朝にガソリンを満タンにして、あとはそれを上手に使いながら過ごしていく。 意外に思われるかもしれないが、一日トータルのカロリー消費のうち、約10%は食事によるものなのだ。つまり食べることはカロリーを消費することでもあるのだ。 そしてその大半は朝食で使ってい......続きを読む»

再びKENSO

KENSOがチャンカンに向けて不退転の決意表明をした。 怒りや危機感をモチベーションに転換しているようにもみえる。 オーナーの発言を一番正面から受け止めているのがKENSOかもしれない。 出来レースでないところが、これまた心に沁みる。 サラリーマンも終身雇用だとか、定年まで安泰だとかといえない時代になってしまった。 そういった意味では、毎年の契約で生きるか死ぬかを続けるプロレスラーと近い危......続きを読む»

ウォームアップ

歳を重ねたから特に感じるのかもしれないが、ウォームアップの重要性が身にしみる。 若い頃は、時間がもったいないということもあってか、ろくにウォームアップもせずに自身のマックスの重量をやっていた。 ところが最近は同じ自分かと思うくらいウォームアップが無いと重量が挙がらない。 徐々に暖めて徐々に重くしてウォームアップが完成すると、同じくマックスが扱える。 決して嬉しくはないが、不思議な感じだ。 ......続きを読む»

八重樫 東

八重樫がWBCフライ級の新チャンピオンになった。 知人の紹介で昨年からサプリメントのサポートをしていた。 ボクシングはプロレスと違い、コンディションのピークを作る競技でもある。 つまり試合の日が最高になるように調整をしていく。 極端に言えば、試合の翌日はヘロヘロでも構わない。 絶えざる努力、強靭な精神力、そして試合当日にピークを合わせられたコンディション。 戦前予想を裏切る圧勝だったが、......続きを読む»

バルクアップに最強のサプリメントって何ですか?という質問を受けることがある。 BCAA?クレアチン?HMβ?DMAA?(←これは医薬品) もっともっとマニアックな成分は? バルクアップに最強の素材は米だと思っている。 ウソだと思うのであれば、朝ゴハンに目一杯の米を食べてみてもらいたい。 ミスターユニバースの杉田会長も現役時代はバリバリの米派だったと聞いたことがある。 KAIの肉体改造にも......続きを読む»

新時代

オカダカズチカが二度目のIWGP戴冠を果たした。 随分と長い間、タナが先頭を引っ張ってきた感じがする。 寂しい気持ち以上に、お疲れ様の気持ちが強かった。 何故なら、まだチャンスはやってくるから。 この後は、新時代の到来なのか、鈴木みのるが立ちただかるのか。 中邑も意味深な発言をしているし、戦国時代に突入か。 一方、全日はバーニングの勢いが止まらない。 もうすぐチャンカンが始まるが、......続きを読む»

親切の連鎖

縁もゆかりも無いのに大好きな土地がある。 長野県茅野市。 10年くらい前に、御柱が白い光を放つ夢をみて以来、毎年何度か訪問している。 諏訪大社をお参りして、万治の石仏を拝んで、おいしい空気とおいしい水を満喫する。 温泉も最高。 夏は霧が峰などの山に行けば、最高の避暑地でもある。 フィジーズで桑原塾を開催させてもらい、夜は仲間たちと酒を酌み交わす。 真澄はここの酒だ。 この街で嫌な思い......続きを読む»

合同トレ

久しぶりに全日の道場で合同トレを実施することになった。 KAIやKENSOのように個人的に合同トレをしていた選手はいるが、若手・中堅が大集合しての合同トレはだいぶ間隔があいてしまった。 今回は胸、肩、脚を中心にギザトレをやる予定である。 表からは見えにくいが、どこかしら怪我や故障を抱えているものプロレスラーの過酷な点。 ギザトレはそれをうまくカバーしてできるトレーニングだと思う。 同時に体......続きを読む»

若人

まだまだ若い者には負けていないと負け惜しみナシに信じている。 経験という、年齢を重ねた者だけの財産は着々と増えている。 微妙に朝早く目が覚めるとか、夜中にトイレに行くとか、近い文字が読みにくいとか、多少の不便さは否めないものの、それでも20歳の時の自分より今の自分の方が圧倒的に素敵だと譲らない。 先日、某大学の柔道部に顔を出した。 約2時間の稽古を見学して、最後に少しだけレクチャー。 ニキ......続きを読む»

空腹

減量やダイエットをする際の一つの大きな壁が空腹である。 この本能に近い欲求に屈してしまう選手も少なくない。 ところが、トレーニングをした人なら経験があるかもしれないが、トレ直後はあまり食欲が湧かないのだ。 水分補給をしたからとか、プロテインを飲んだからとか、幾つかの要因は考えられるが、それほど極端なカロリー摂取をしているわけではない。 消化管ホルモンと呼ばれるホルモンがある、要は胃や腸から分......続きを読む»

KENSO革命

オーナーに対抗すべくKENSO革命をぶちあげた。 ポテンシャルの大きな選手だから、必ず成功すると信じている。 プロレスは喜怒哀楽。 これまでKENSOの「楽」のプロレスは堪能させてもらったから、次は「怒」のプロレスをみせてもらいたい。 個人的には(長めの?)入場含めて、KENSOのマイクが大好きだ。 以前は長いなと思っていたが、最近は待ち遠しかったりする。 いわゆるKENSOワールドだ。......続きを読む»

ディトレ

ディトレーニングとは、トレーニングを中止したり、徐々に減らしていくことだが、トレーニング強度をマックスまで高める期間を作った時は、その後少しだけディトレーニングをするといい。 いきなり完全オフという考え方もなくはないが、個人的には徐々に減らしていって完全オフはせいぜい2~3日というやり方がいいと思う。 肉体的な疲労をなくすという目的に加えて、気持ちの面での充実が大きい。 高重量を扱うようになる......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconall-japan

[[all-japan-71723.jpg]]

■塾長:武藤敬司
代表取締役社長
「プロレスLOVE」を公言し、ラブポーズでも有名な言わずと知れた「プロレス界の至宝」。社長兼レスラーとして活躍中、タレント業もこなす一方でトレーニング・肉体改造を科学的に実践。自身も大きな怪我を抱えながら、驚異のトレーニングでコンディション作りを行っている。

----------------------------------------------------------------------

[[all-japan-41489.jpg]]

■監修:桑原弘樹
桑原塾 主宰。 
スポーツサプリメント『パワープロダクションの産みの親』。
NESTA JAPAN(全米エクササイズ&トレーナー協会)PDA。
武藤敬司選手などのトレーニングコーチとしても活動している。
また国内外で活躍する多くのプロスポーツ選手に対して、サプリメントを活用した独自のコンディショニング指導を行ったり、各種スポーツ誌への執筆や幅広いテーマで講演会を実施するなど多方面にわたって活躍中である。
----------------------------------------------------------------------
  • 昨日のページビュー:47
  • 累計のページビュー:4052199

(02月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. プロレス
  2. 至宝奪還
  3. 怒り
  4. 肉体改造
  5. ジョーどこへ
  6. プロレス大賞
  7. 棚橋防衛
  8. 太陽ケア
  9. 征矢
  10. 世界タッグ返上

月別アーカイブ

2017
01
2016
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss