WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~

月別アーカイブ :2013年01月

エース対決

船木vs諏訪魔のエース対決が決まった。 なんだかんだ言っても、このスピードで諏訪魔の再戦を認めさせるのだから、蝶野アドバイザーの手腕は大したものだ。 かなり勘ぐり深い見方であるが、蝶野アドバイザーの目的がそこ(諏訪魔の挑戦)にあるとは素直に受け止められない。 むしろこの手腕を各選手達に見せ付けているような気がする。 つまり、蝶野になびけば三冠に挑戦しやすいのだと。 加えて秋山選手率いる、バ......続きを読む»

唯一の日

今のトレのルーチンは、背→胸→脚(前)→脚(後)→肩→アクティブレスト&補助種目→オフで回している。もちろんイレギュラーな事は日常茶飯事なので、しょっちゅう変更が入るが、基本これで回す。 特に嫌なのは、やはりなんといっても脚(前面)の日。 逆に脚が終わると、少しほっとする。ちょっと苦手な宿題を終わらせたような安堵感だ。 でも脚が終われば肩がやってきて、また数日後には脚の日が来る。 年にほんの......続きを読む»

冬派

冬は食べ物は美味しいし、トレーニングで流す汗も心地よい。 サウナに入った後に、冷え切った街中を歩くのなんて最高だ。 朝は寒さから少々布団が恋しくなるが、汗でシャツが背中に張り付くあの夏の感覚から比べれば全くもって快適である。 そう、何を隠そう、私は冬派なのである。 もっと正確に表現するならば、冬派のインドア派である。 もっともジムもインドアであるから、冬にジムでトレーニングをするのは、そう......続きを読む»

VM

ヴードゥーマーダーズが復活する。 それだけではさほど驚きをもたなかったが、総帥のTARUが再び指揮をとるとなると、一気に注目度があがった。 一連の事件では表に向かっては多くを語らなかったが、オフの顔を知っているだけに、それなりの言い分もあるだろうと案じていた。 平井選手の大怪我はTARU自体の暴行との因果関係が薄く、傷害罪ではなく暴行をしたという事実を認定するだけの暴行罪となったことも復帰への......続きを読む»

エポックメイキング

2013 新春シャイニング・シリーズ 最終戦 1月26日(土)東京・大田区総合体育館 この日は何かが起きる気がする。 いわゆるエポックメイキングな日となるのではないか。 黒のカリスマ、蝶野選手が何かを仕掛ける気がしてならない。 正直、イチ選手としては、それほどの脅威を感じない。ブランクもあるし、フィジカル面でも全盛期からはほど遠いだろう。 しかし彼の持つカリスマ性は依然健在である。い......続きを読む»

進化

某スポーツ系の雑誌で、タナと対談をすることになった。 久しぶりに会ってじっくりと話をする時間でもある。 武藤さんの付き人をやっている駆け出し時代からの付き合いだけに、彼の成長には本当に驚かされる。 彼曰く「光の速さで進化する」わけだが、その過程では何度も挫折や屈辱も味わっているはずだ。それでも彼曰く「百年に一度の逸材」になれたのは、自身の可能性を信じる力なのだと思う。これまた彼曰く「特技は疲れ......続きを読む»

ローディング

今年はスタートダッシュしない!が目標で、成人式過ぎにボチボチエンジンをかけはじめた。 まずはクレアチン&ベタインのローディングを始め、気持ちと体にエネルギーを充満させていく。 7日間のローディングが終わり、明らかに体のハリが違う。 これぞクレアチンだ! 体重も2kg増えて、トレ強度もアップしている。 ベタイン入りのクレアチンをスプーンで2杯(だいたい8g程度)を一回分として、一日4回を飲む......続きを読む»

オーラ

ある二人の若者が訪ねてきた。 二人ともマイナー個人競技の選手で、共に日本一の称号をもつ。 しかし、どちらも世界との壁は大きく、日本一になってもオリンピックはまだ夢の世界にある。 私の雑談にも必死に耳を傾け、ペンを走らせる。 目がキラキラしている。 若者が放つこんなオーラはどこから生まれるのだろうと、話しながらずっと考えてしまった。 KUWABARA ...続きを読む»

BEFORE-AFTER

歯が折れた。 トレで歯を食いしばってではなく、ハンバーガーに刺さっている串をうっかりかじった際に「ガリっ」っていう音と共にセラミックにヒビが入った。 本当にくだらない理由で、しかも食べる前に串の刺さったハンバーガーの写メまで撮っていた。 写メを見るたびに悔しさがこみ上げてくる。 これが交通事故でなくてよかったと、かなり強引に前向きになってみた。 しかし人生はこういった一瞬を境にしたBEFO......続きを読む»

クレアチン&ベタイン

昨年の秋以降使用を休止していたクレアチン&ベタインを始めることにした。 クレアチンもベタインも栄養補助という概念からは少し離れたサプリメントである。 飲めばパワーアップが体感できるエルゴジェニックエイドである。 だからこそ、何となくではなく、しっかりと意識して使いこなしたい。 意外に思われるかもしれないが、今年の自分の目標は「スタートダッシュしない」である。 スタートダッシュが悪いとは思わ......続きを読む»

アスリート

年末年始、特に年始は様々な競技が盛り上がる。 プロレスはもちろんであるが、駅伝、サッカー、ラグビー、アメフト、どれもみな、かなり熱い。 競技がメジャーだろうがマイナーだろうが、勝とうが負けようが、みなアスリートである。 アスリートは見るものに感動を与える。 アスリートは他者の成功を力にできる。 アスリートは努力は歯磨きと同じと考える。 アスリートは失敗を成功の準備と感じる。 アスリ......続きを読む»

時間

時間のもつ価値というものを痛感させられる瞬間がある。 定期的に肉体改造を指導しているアスリートに会う瞬間だ。 一回のトレーニングはせいぜい2時間+αだから、その前後では何も変わらない。 しかし1ケ月、2ケ月と時を刻み、その価値が数ヶ月ほど積み重なった時、明らかにそれは大きな変化として認められる。 本人の努力の賜であるが、まさに時間のもつ価値が具現化された瞬間でもある。 人は誰しも一日24時......続きを読む»

肉体改造

プロレスラーの間では、密かに肉体改造ブームのような気がする。 大和あたりが肉体改造を始めた頃は、まださほど追随する動きがなかったが、今ではかなりの数の選手たちが黙々と肉体に磨きをかけているのだ。 実は今現在、私が密かにアドバイスを送っている選手だけでも数名いる。 もちろんプロレスラーなのだからカラダを鍛えるのは当たり前といえばそれまでだが、より個性の出せる、説得力のある肉体を目指して鍛錬に励む......続きを読む»

思いは形に

よく人間は思いを現実にできる動物だといった類の話を聞く。 強く願えば思いは叶うとも。 大ヒットした「シークレット」に書かれている「引き寄せ」なんかもこの類の話である。 確かに強い思いは明確な目標を作り、明確な目標は具体的な行動へと繋がっていく。 思っているだけでは実現しないが、その思いが強ければ、それは自ずと行動を伴うのだろう。 オカダカズチカは一年前に今の自分を想像していただろうか。 ......続きを読む»

ホット

ジムでばったりタナに出会った時、「今日はどこ?」(クワ) の質問に、 「胸でした」(タナ) の回答はなんら違和感なくやりとりされる。 トレーニングを日常としている人にとっては、「どこ?」は土地などの場所を指すのではなく、トレーニングする部位を指しているのだ。 更にマニアックな会話になると、 「太くなったな。今、何センチ」(クワ) に対して 「44センチになりました」(某レスラー)......続きを読む»

時代は変わった?

1・4東京ドームを終え、棚橋が見事に防衛を果たした。 最高のチャンピオンであるにもかからず、今回ほどチャレンジャーの下馬評が高かったチャンピオンシップも珍しいかもしれない。 G1制覇から温存したオカダの力は伊達じゃない。 それは見る者すべてがそう思っていた。 しかし時代は変わらなかった。 タナの名言「時代は変えるものではなく動かしていくもの」。 オカダの名言「今年もカネの雨を降られます」......続きを読む»

始動

プロレス界は1.4が終わって、ようやくお正月といった雰囲気になる。 まずは全日の1/2&3。 近ちゃんがジュニアの2冠を達成。 あれだけの実力者だけに、簡単にはベルトは落とさないだろう。 少なくとも春が来るまでは、間違いなく近ちゃんがジュニアの中心だろう。 そしてもう一つの出来事が。 蝶野選手が全日に参戦。 個人的には予想の範囲内であったが、やはりインパクトは絶大だ。 昔から......続きを読む»

謹賀新年

あけましておめでとうございますm(__)m また新たな年の幕開け。 年々と髪は細くなり、老眼が始まり、脚トレの翌日は膝が痛くてたまらないけれど、進化できるところはしっかりと進化させていく一年にしたい。 もちろん年間300トレ。 まずは昨年減量したために少し細くなった上腕を、コールドの状態で16インチ(40センチ)に戻したい。 ローマは一日にして成らずの通り、肉体には日々の積......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconall-japan

[[all-japan-71723.jpg]]

■塾長:武藤敬司
代表取締役社長
「プロレスLOVE」を公言し、ラブポーズでも有名な言わずと知れた「プロレス界の至宝」。社長兼レスラーとして活躍中、タレント業もこなす一方でトレーニング・肉体改造を科学的に実践。自身も大きな怪我を抱えながら、驚異のトレーニングでコンディション作りを行っている。

----------------------------------------------------------------------

[[all-japan-41489.jpg]]

■監修:桑原弘樹
桑原塾 主宰。 
スポーツサプリメント『パワープロダクションの産みの親』。
NESTA JAPAN(全米エクササイズ&トレーナー協会)PDA。
武藤敬司選手などのトレーニングコーチとしても活動している。
また国内外で活躍する多くのプロスポーツ選手に対して、サプリメントを活用した独自のコンディショニング指導を行ったり、各種スポーツ誌への執筆や幅広いテーマで講演会を実施するなど多方面にわたって活躍中である。
----------------------------------------------------------------------
  • 昨日のページビュー:53
  • 累計のページビュー:4052251

(02月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. プロレス
  2. 至宝奪還
  3. 怒り
  4. 肉体改造
  5. ジョーどこへ
  6. プロレス大賞
  7. 棚橋防衛
  8. 太陽ケア
  9. 征矢
  10. 世界タッグ返上

月別アーカイブ

2017
01
2016
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss