WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~

月別アーカイブ :2012年10月

温故知新

以前は誰もがやっていたトレーニングメニュウを、今では誰もやらなくなっているというケースは珍しくない。 私の年代であれば、巨人の星で、星飛雄馬と伴宙太がうさぎ跳びで競い合ったシーンを思い出すと思うが、うさぎ跳びなどはやらなくなったトレーニングの筆頭だろう。 しかし中には効くのにやらなくなるトレーニングもある。 ダンベルのプルオーバーやハイプルアップなどはすっかり影を潜めているし、シッシースクワッ......続きを読む»

台湾興行

全日にとっては恒例となった台湾興行を、今年は新日との対抗戦も入れて開催された。 私は帯同しているわけではないので、外から情報をもらっているだけであるが、例年にも増して大盛況だったようだ。 武藤さんも久しぶりにムーンサルトを披露したようだし、全日vs新日の対抗戦も熱をおびた。 ライガーvsカズや、金本vs田中稔なぞは、日本でもなかなか見れないカードで、台湾のファンは恵まれている。 やがて団体の......続きを読む»

良い側面

室内に干している洗濯物が一日で乾かなくなってきた。 こんなところで秋を感じたりもする。 夏なら一晩で乾いたのになぁなどと軽く嘆いたりするのだが、思い返してみれば、夏は夏の不満が満載だった。 生ゴミがすぐに臭いだす。まぁとにかく暑い。蚊もいる。 そんな不満はどこへやら、今は冬に向けての不満が頭をもたげる。 湿気が多くて押入れがカビやすい。朝のシャワーが寒い。日がすぐに暮れる。 どんな事でも......続きを読む»

世界最強タッグ

いよいよ世界最強タッグリーグ戦が近づいてきた。 今回の予想は、ぶっちぎりで諏訪魔&ジョー組だろう。 以前、このブログで諏訪魔とジョーで組んでみたらどうかと予想(期待)したが、まさにその通りになった。 もちろん不安材料はたっぷりとある。 とにかく二人ともキレやすいので、カーっとなって船木あたりのハイキックをくらう確率は決して低くない。 それ以上の不安材料は仲間割れだろう。 お互いに力を認め......続きを読む»

限界を超える

先日、ビックサイトのTFTホールで、ビューティワークアウトジャムが開催された。 これは女性向けの美の展示会であり、中では様々なレッスンが受けられるという催しだ。 今回は私もクラスを一つもたせてもらい、たくさんのビューティフリーク達に参加していただいた。 武藤塾も同様だが、普段はあまり一般の方のトレーニングシーンをみていないため、どの程度の強度に設定するかが少し難しい。 ところが蓋を開けて......続きを読む»

nWo

久しぶりに、武藤さんとスコットノートンの試合を観戦した。 まさにnWoである。 様々なプロレスのムーブメントの中でも、恐らく経済効果という点では圧倒的なものだったのではないだろうか。 それはプロレスという枠を超えての社会現象に近かった。 昔を回想しながらの側面をもちながら、今の試合を見るのも悪くない。 衰えを目の当たりにしたくないという深層心理が微妙に働いて、ついつい贔屓目に見てしまったり......続きを読む»

小さなこと

ふっとしたことで、虫歯を発見してしまった(*_*; あんなに歯磨きしているのに。 糸楊枝まで使っているのに。 最初は何かのゴミが付着しているのだと思って、ゴシゴシ拭いてみたが、やっぱり虫歯だ(>_<) 痛みはまったく無いが、奥歯がほんのり茶色っぽい。 こんなことは、他の人にとっては本当にどうでもいい話である。 究極に他愛も無い小さなことだ。 末期の癌と戦っている友人の言......続きを読む»

約束

今年のオフに中日ドラゴンズの大島選手とかわした約束がある。 約束というと大袈裟だが、まぁ来季に向けての目標だ。 「3割、30盗塁、3本」(大島談) 最後の(ホームラン)3本っていうところが、なかなかセンスがあるなと感心していた(^_^;) ペナントレースを終えて、打率310、盗塁32、本塁打1本の堂々たる成績。 文句のつけようがない。 しかし、当初の目標(約束)には、あと(本塁打)2本足......続きを読む»

心拍数

GHCジュニアチャンピオンの近ちゃんこと近藤修司選手が絶賛しているサプリメントがある。 「エキストラ オキシアップ」 これは、私もかなり実感しているアイテムである。 どう実感するのか。 怒責で行う目一杯のスクワットやレッグプレスをするとよくわかる。 その直後にベルトをはずした際、心拍数に違いがでる。 ぜひ試してもらいたい。 あるときとないとき。 私はハックスクワットをフルでやるのが好......続きを読む»

90周年

今年はグリコが90周年の年。 そしてスポタカことスポーツタカハシも90周年。 というわけで、ポッキー&プリッツの日でもある、11/11(日)に、武藤さんを呼んで私とのトークショーをやることになりました。 2012,11,11(日)14:00~16:00 スポーツタカハシ本店1F特設会場(06-6211-7175) 最初にトークショーをやって、その後パワプロ5,000円以上お買い上げの方に、......続きを読む»

LIVE

ライブ感は大切だと思う。 映画は家でDVDを観ればいいじゃない。 野球はテレビ。 コンサートはCD。 プロレスはCS。 でもでも、そういう訳にはいかないのだ。 心の高揚感が違う。 プロレスを生で観戦したことのない人は、ぜひ一度会場に足を運んでもらいたい。 もちろん、ライブが故の質の高低は生じる。 がっかりした試合もあるかもしれない。 初めての観戦でがっかりした人は、二度と見に行く......続きを読む»

富士山

「富士山は肉親の愛情のようだ。遠くにいると見えるのに、麓にいても見えないことがある(Byオレ)」 仕事で御殿場に行くことがあり、生まれて初めて富士山の五合目まで連れて行っていただいた。 つくづく富士山は不思議な山だと思う。 天気のいい日は東京からも見ることができる、まさに日本一の山であるが、少し曇っただけで麓の御殿場からも姿を消してしまう。 ましてや、富士山の中(五合目)にいても、見えな......続きを読む»

適応

固体としては最強の恐竜は絶滅し、大した武器も持ち合わせないゴキブリはどんどんと増殖している。 これは適応について語る際によく引き合いに出される例だ。 組織も企業もまさに適応できるか否かが生き残りのポイントだから、日々肝に銘じているつもりだ。 我々は基本的に、変化は拒絶したくなるし、これまでの延長線上のことは歓迎したくなる。 この適応をもっとも身近で日々感じることができるのがトレーニングかもし......続きを読む»

トップ

「トップは目指すものではなく超えるもの(By オレ)」 これは別に私が何かのトップを目指しているという話ではない。 プロレスやボディビルと接していて感じることである。 ボディビルのトップを目指していても、なかなかトップになれない。 フィギュア競技の難しいところでもあるのだが、前年度のチャンピオンが一つの評価基準となるため、審査員はどうしてもその基準に従ってジャッジをすることになる。 要......続きを読む»

氷山の一角

「氷山の動きの持つ威厳は、それが水面上に八分の一しか出ていないことによるのだ (Byヘミングウェイ)」 プロレスラーのリング上でのパフォーマンスはまさにこの言葉がピッタリと当てはまる。 常人の想像を超える練習の積み重ねの上にしかありえないのだ。 だから素人の真似事は危険でもある。 私の場合、「パワープロダクション」は氷山の一角だと自負している。製品が誕生するまでの苦労は、恐らくご愛......続きを読む»

四十周年

今年は新日、全日共に40周年の記念すべき年でもある。 先日、その記念パーティに出席させていただいた。 馬場さんからの歴史をみていてその重みがずっしりと伝わってくる。 でも、 過去に縛られる必要はない。 未来に萎縮する必要もない。 今、感じるプロレスを、感じるままに突き進んでもらいたい。 プロレスの中には喜怒哀楽が凝縮されている。 その時の環境や気分によって、響く要素はまちまちであるが......続きを読む»

失敗

「失敗はしてもいいけど、ミスはするな (By入社当時の上司)」 会社に入った頃、当時の上司によくいわれた言葉。 「一番失敗しない方法は、チャレンジしないことだ。失敗はチャレンジをした証でもある。だから失敗は許す。時には推奨すらする。 しかしミスは違う。ミスは単なる気の緩みだ。ちょっとした確認を怠ったり、手を抜いた結果起こるもの。だからミスはその大小にかかわらず叱責する。」 今思えば胸......続きを読む»

本当に大切なもの

本当に大切なものとは、普段あまり意識していないものだ。 肉親とか、恋人とか、仕事とか、 当たり前と思っているものが、実はめちゃくちゃ大切。 私には余命宣告を受けた友人がいる。 彼は、その瞬間にすべての価値観が崩壊して、すごく欲しかったものはどーでもよくなり、ないがしろにしていたものの本当の価値に気がついたと言う。 朝眠たいとか、電車が混んでいるとか、仕事がたまっているとか、実はすごく感謝し......続きを読む»

そっくりさん

世の中には似ている人が3人いると言われる。 私の場合、幼稚園の頃は丸顔で、鉄腕アトムに似ていると言われていたらしい。 小中の頃は特になく、高校生の頃は教科書に出ていた斉藤茂吉に似ていると言われた。 その後、水谷豊、木梨憲武、川田利明、、、。 まぁなんとなくって感じかもしれない。 鈴木みのる選手のパンクラス時代は、ベイスターズの三浦投手に似ていると思う。 クッシーことKUSHIDA選手がオ......続きを読む»

時間

あと3ケ月で2012年も終わってしまう。 もっともその前に、紅葉もあれば、インフルエンザの予防接種もあれば、三冠戦もある。 あと武藤さんとのトークイベントも2回予定している(これは後日発表)。 私たちは誰しも「時間」という名の銀行をもっていて、その口座には、毎朝86,400秒という財産が振り込まれる。 そしてその財産は毎晩0になって終わる。 しかし翌朝にはまた確実に86,400秒が振り......続きを読む»

ダイヤモンド

ボディビルの会場に行くと、なかなかユニークな掛け声を聞くことができる。 「でかい!」 とか、 「カットバリバリ」 とかは、まだ一般的だが、 「○番でかすぎー」(選手名ではなく番号で呼ぶ) なんて掛け声を女性の選手に向けて発せられたりもする(もちろん選手を応援している)。 そのほか、メロンを乗せたような肩とか、ソフトボールのようなカーフとか、背中の筋肉のセパレーションをクリスマスツリーと......続きを読む»

大切な人

大切な人がいる人は幸せだ。 友人でも家族でも恋人でも、もちろん配偶者や子供でも。 何故ならば、自分のために頑張る人と、大切な人のために頑張る人を比較した時、人のための方がより頑張れるからだ。 このことは科学的に証明されていると聞いた。 様々な勝利のシーンで感謝の言葉を口にするのはそういったベースがあるからなのかもしれない。 自分のために頑張る場合は、自分さえ納得すればこの段階で終わってもい......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconall-japan

[[all-japan-71723.jpg]]

■塾長:武藤敬司
代表取締役社長
「プロレスLOVE」を公言し、ラブポーズでも有名な言わずと知れた「プロレス界の至宝」。社長兼レスラーとして活躍中、タレント業もこなす一方でトレーニング・肉体改造を科学的に実践。自身も大きな怪我を抱えながら、驚異のトレーニングでコンディション作りを行っている。

----------------------------------------------------------------------

[[all-japan-41489.jpg]]

■監修:桑原弘樹
桑原塾 主宰。 
スポーツサプリメント『パワープロダクションの産みの親』。
NESTA JAPAN(全米エクササイズ&トレーナー協会)PDA。
武藤敬司選手などのトレーニングコーチとしても活動している。
また国内外で活躍する多くのプロスポーツ選手に対して、サプリメントを活用した独自のコンディショニング指導を行ったり、各種スポーツ誌への執筆や幅広いテーマで講演会を実施するなど多方面にわたって活躍中である。
----------------------------------------------------------------------
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:4063792

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. プロレス
  2. 至宝奪還
  3. 怒り
  4. 肉体改造
  5. ジョーどこへ
  6. プロレス大賞
  7. 棚橋防衛
  8. 太陽ケア
  9. 征矢
  10. 世界タッグ返上

月別アーカイブ

2017
01
2016
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss