WEB 武藤塾 ~驚異の肉体はこうしてつくられた~

月別アーカイブ :2012年02月

笑い

プロレスの中で大好きなのは菊ちゃんが登場する第一試合。 なんというか、安心して笑える。 特にお気に入りなのが、「ワン、ツゥー、うっそ~」のフレーズ(←見たことのある人にしか分かりませんが・・・m(__)m)。 終盤、ブレンバスターを決める前の口上から逆にひっくり返されるシーンも抱腹絶倒する。 笑いのパターンはほぼ決まっているが、それでも腹を抱える。 そういった点では吉本と同質の笑いなのかも......続きを読む»

アスリートの条件

長寿の三か条なるものがあるそうだ。 一つは生涯現役ということ。 つまり常にテーマをもっていることだそうだ。 会社勤めの場合など、定年後のテーマは大きなポイントになりそうだ。 アスリートの場合は常に大小さまざまな目標をもつことだろう。 二つ目はバランスのとれた食事。 バランスもさることながら、少な目がいいらしい。腹八分目ってやつだ。 アスリートの場合は腹八分目に加えて間食(補食)をするこ......続きを読む»

キャプテンニュージャパン

以前にパワプロで、超人ハルクやキングコングといったキャラクターを使わせてもらったこともあって、先日、映画関係のプレゼンを受けた。 イクレディブル・ハルク、アイアンマン、マイティ・ソー等、大ヒット作品ばかりである。 そんな中、昨年の大ヒット映画「キャプテンアメリカ」の話に・・・。 素の状態の私は「あ~、キャプテンニュージャパンですね!」 相手の方は「へっ?????(@_@;)」の反応。 「あ......続きを読む»

チートディ

減量やダイエットをしている時の唯一の楽しみといえば、、、、、? そう「チートディ」です(^O^)/ あまり食事制限をしすぎると、体が制限された状態に適応しようと代謝を落としてしまうので、それを「騙す」という意味で思い切って食べていい日を作るのです。 が、厳密にはチートディでも幾つかの留意点があります。 まず一週間に一食程度にしておくこと。 ディ(DAY)とはいいますが、朝から晩までというの......続きを読む»

女子ボクシング

シズちゃんの活躍で女子ボクシングの注目度があがっていますが、パワプロでサポートしているエッチャンこと多田悦子選手、アンちゃんこと安藤麻里選手のWタイトルマッチが開催されました。 結果、アンちゃんは初防衛に成功、エッチャンは最多の7度目の防衛に成功でした。 どちらもアグレッシブな素晴らしい試合。 女子ボクシング自体の進化をかなり実感しました。 ボクシングは、大まかに分類するとボクサータイプ、フ......続きを読む»

河野真幸

河野という男、とにかくデカイ。 電車に乗っていても普通じゃないとすぐに分かる。 遠くからも目立つから待ち合わせには苦労しない。 実際は193センチくらいかと思うが、近くにいくとそれ以上にデカクみえる。 無名時代にはよくプロレスラーにでもなったら?と一般の人に声をかけられたりしていた。 デカクて飄々としているが故に、なんとなく動きが緩慢な印象をもつ。 しかし驚くほど俊敏。 そして器用。 ......続きを読む»

永田裕志

2年前にパワプロドリームマッチなる記念興行をプロデュースさせていただいた。 マッチメイクにはわくわくしながらも相当苦労をした。 怪我人が続出。突然の海外遠征。団体の壁。競技の壁。 記念興行の場合、特に重要となるのが第一試合。 この試合から見たい!!!と思わせるかどうかだから、相当神経を使った。 ほぼ固まりつつあったカードが、渕VS石狩の師弟対決。 渕さんの重い(痛い?)腰もようやくあがっ......続きを読む»

減量進捗

減量というよりは正確にはダイエット。 ダイエットというよりは正確には禁酒。をスタートさせて2週間が経過しました。 実は朝と昼はダイエット前よりも摂取カロリーを増やしてみました。 ざっと朝と昼で2,000キロカロリーくらい(但し、おやつは一切食べない)。 体重が(あまりあてになりませんが)1.2㎏ほど減った感じであります。 就寝前には、エキストラアミノとグルタミン&乳酸菌とCOQ10を飲んで......続きを読む»

サワーミルク

久しぶりにプロテインの味で感動してしまった^_^; 自分で作っておきながら自分で褒めるのは、え~と慣用句でいうとなんていうのか? 自画自賛? 我田引水? 手前味噌? 自己満足? え~い、なんでもいいや。 マックスロード(ホエイプロテイン)の新しい味。 サワーミルク味。 美味しいです(^O^)/ 店頭で見つけたら買うか悩んでみてください^_^; 大量生産できないのが少し残念。......続きを読む»

河野VS永田

意外なところで遺恨が生まれてしまった。 河野VS永田である。 河野選手は新人時代から総合時代も含めて長い付き合いであるし、人となりも知っているつもりだ。 マイペースで飄々としていて、しかし芯が強く、あの巨体に似合わずとても器用な男である。 一方、永田選手は男気があって、負けず嫌いで、リーダーシップをもった、これまた素晴らしい漢。 まぁきっかけは船木選手の負傷であるが、いまではそれは関係ない......続きを読む»

まさかの・・・

まさかの王座陥落でした。 大阪でのタイトルマッチは何かが起きると・・・、その予感が的中してしまいました。 武藤も真壁も永田も鈴木も後藤も中邑も内藤も撃破してきた棚橋が、帰国したてのオカダに負けるとは・・・。 しかし今回は場の雰囲気にものまれる事無く、力を存分に発揮したオカダ・カズチカを褒めるべきかもしれません。 次戦は内藤。 IWGPへの執念は人一倍のうえに、中邑を破って勢いに乗っている。......続きを読む»

アンチエイジング

武藤さんとはどれだけ話していても飽きる事がない。 共通の話題が多いことも理由の一つかもしれない。 食べ物の好みが似ている、トレーニング好き、サプリメント好き(私の場合は職業ですが・・・^_^;)、プロレス好き(武藤さんの場合は職業ですが・・・^_^;)、カラオケが苦手、等など、、、、。 その中でもとりわけ最近関心が高いのがアンチエイジング。 筋肉を鍛えることもその一つ。 アミノ酸を飲む事も......続きを読む»

レインメーカー

これまでレインメーカーといえばコッポラ監督の弁護士を題材にした映画しか頭になかったが、今年の1/4を境にイメージが一変した。 あの岡田かずちかが、オカダ・カズチカと名前をカタカナに変えたまではどおってことなかったが、自身の必殺技をレインメーカーと名付け、その破壊力も説得力も以前の物とは比べ物にならないほど進化していたからだ。 TNAに武者修行に出るまでの岡田選手は、長身で甘いマスク、優しい物腰、......続きを読む»

インフルエンザ

インフルエンザが猛威をふるっています。 昨年末まではそれほど騒がれていなかったものの、年があけてからあれよあれよという間に日本全国に広がってしまいました。 身近な人でも何人も感染者がいます。 R1なる乳酸菌入りのヨーグルトが店頭から消えてしまうなど、危機感もますばかりです。 R1がインフルエンザに効果があるかは不明ですが、少なくとも免疫力をあげるという点においては悪くないと思います。 免疫......続きを読む»

三冠決定

大森選手の大健闘及ばず秋山選手が三冠を防衛しました。 その結果、ついに武藤さんの三冠挑戦が正式に決定。 実力、実績、集客力、何をとっても申し分ないでしょう。 唯一の懸念材料はコンディション。 「トレーニングは歯磨きと同じ」という名言を口にする武藤さん。 トレーニングは日常であって、どれだけ高い次元での日常を保てるかがハレの舞台で力を発揮するポイントであるということ。 全日ファンの誰もが期......続きを読む»

禁酒

完全にお酒を断って1週間になる。 どうやら調子がいい。 外食時、隣のテーブルのビールも羨ましくなくなってきた。 朝の通勤時に内臓が軽い気がする。 トレーニング時の回復が早い気がする。 1ケ月ぶりにIN BODYを測ってみたら、フィットネススコアが90から92にアップしていた(^O^)/ 数年前は100を記録したこともあったのだが・・・。 まだまだこれから。 まだまだ進化。 トレ強度......続きを読む»

二束のわらじ

髭面の長身の若者にいきなり声をかけられた。 一瞬というか、しばらく顔を凝視しても誰だか分からなかった。 その青年の正体は、池井佑丞。 戦う内科医として有名なキックボクサーの池井選手である。 最初に出会ったのはちょうど4年前。雑誌の対談だった。 その頃は、まだ医学生という立場で、今後の進路についても多少の迷いをもっているように見受けられた。 それから4年。年末の試合でもしっかりと勝利をあげ......続きを読む»

若き侍

アメリカに挑戦している、若き侍二人がオフを利用して挨拶に来てくれた。 一人はこのブログでも何度か紹介している小倉典子さん(女性の侍は別式女と呼ぶらしいが・・・)。 今は束の間のオフに小学校の先生をしているそうだ。 ヤル気マンマン、パワーに満ち溢れていた。 スクワットは私よりも担ぐ。 もう一人は和久憲三君。 大手証券会社を退社してフットボールの道を選んだ若き侍。 アナウンサーを辞......続きを読む»

減量

某雑誌の連載企画のため、数年ぶりに減量なるものに取り組むこととなった。 特段、奇をてらうことは何もしないが、それでも一般にはあまり知られていないノウハウもあるかもしれないので、応用価値があると思われる手法については公開していけたらと思っている。 期間はまだ決まっていないが、雑誌連載のイメージからすると4~5ケ月くらいになるかもしれない。 というわけで、その間はアルコールも完全シャットアウト。 ......続きを読む»

「芸は身を助く」とはよくいったものである。 全日の公開オーディションの審査員をやるたびにそう思う。 何故なら、これまで不合格と思っていたのが、最後の一発PRタイムのパフォーマンスで合格になった選手が多いからである。 よく武藤さんが半分冗談で「大和は物真似で合格した」と言うが、確かに彼が仕掛けた物真似のパフォーマンスは秀逸であった。この時はKAI、BUSHI、真田と合格者が多かったので、もしかし......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconall-japan

[[all-japan-71723.jpg]]

■塾長:武藤敬司
代表取締役社長
「プロレスLOVE」を公言し、ラブポーズでも有名な言わずと知れた「プロレス界の至宝」。社長兼レスラーとして活躍中、タレント業もこなす一方でトレーニング・肉体改造を科学的に実践。自身も大きな怪我を抱えながら、驚異のトレーニングでコンディション作りを行っている。

----------------------------------------------------------------------

[[all-japan-41489.jpg]]

■監修:桑原弘樹
桑原塾 主宰。 
スポーツサプリメント『パワープロダクションの産みの親』。
NESTA JAPAN(全米エクササイズ&トレーナー協会)PDA。
武藤敬司選手などのトレーニングコーチとしても活動している。
また国内外で活躍する多くのプロスポーツ選手に対して、サプリメントを活用した独自のコンディショニング指導を行ったり、各種スポーツ誌への執筆や幅広いテーマで講演会を実施するなど多方面にわたって活躍中である。
----------------------------------------------------------------------
  • 昨日のページビュー:53
  • 累計のページビュー:4052251

(02月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. プロレス
  2. 至宝奪還
  3. 怒り
  4. 肉体改造
  5. ジョーどこへ
  6. プロレス大賞
  7. 棚橋防衛
  8. 太陽ケア
  9. 征矢
  10. 世界タッグ返上

月別アーカイブ

2017
01
2016
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年02月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss