サッカーと心身の使い方

月別アーカイブ :2016年10月

リハビリのコツ②〜神経系を再構築する〜

   先日の野球の松坂大輔選手の1軍登板は残念な結果に終わりました。 そして、サッカーの内田篤人選手。検査の結果では良い方向に向かっているようですが、復帰までに長い時間が掛かっています。 さて、長年、本格的に競技を続けてきた人達が故障したり、スランプに陥った後に復帰するのは大変だと思います。この記事では、リハビリの際に障害になる緊張パターンについてと、神経系を再構築する方法について書いていきたい......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconalexsports

アレクサンダー・テクニーク教師
高椋浩史(たかむくこうじ)

2001年から2年間、青年海外協力隊員としてバングラデシュでサッカーを指導。現地の人たちのしなやかなで生き生きとした身体のありかたに感銘を受ける。帰国後、アレクサンダー・テクニークの教師養成コースで学び2010年に教師認定を受ける。
現在は東京・吉祥寺のアレクサンダー・テクニーク教師FUN!で主に教えている。

連絡先 takamuku@cozyalexander.com



       

  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:49793

(10月05日現在)

関連サイト:COZYアレクサンダー・テクニーク

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 決定的な場面でシュートを外す理由
  2. NHK番組で見えたサッカー選手の体幹の使い方の違い
  3. コーチが選手をダメにする?
  4. 体罰がパフォーマンスに与える影響
  5. 選手のケガは誰の責任か?
  6. リハビリのコツ
  7. 技術指導と声かけ
  8. 正しいがんばり方
  9. スポーツでの痛みと動きのクセ
  10. 禅とスポーツ

月別アーカイブ

2016
10
08
2014
07
04
2013
08
06
01
2012
12
11
05
04
02
2011
11
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss