サッカーと心身の使い方

自分のモノサシもってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、音楽をやっている高校生がレッスンを受けにきてくれました。

彼曰く「先生の指示に従っていたら身体に違和感が出てきて、、、、そこで、ネットや本を調べてアレクサンダー・テクニークを見つけて受けてみようと思って来たんです。」とのことでした。

 今は調べようと思えばいくらでも情報を手に入れられる時代になったので、高校生であっても自分で問題意識を持って動けば必要なものを手に入れやすくなりましたね。

そうはいっても、中高生の方は保護者に連れられてくることが多いので、自分で調べて来てくれたというのにはちょっと感動しました。

さて、レッスンにはサッカーなどのスポーツ、ダンスやヨガ、その他のいろんな習い事をやっていて、指導者から言われた事を一生懸命やろうとしてるんだけど、上手く出来なくて困っている方達も来てくれます。

指導者の方へのアドバイスとしては、「自分が発した言葉を生徒がどう受け取って表現しているのかというところまで注意深く観察しましょう。」ということなのですが、これについては別の機会にお伝えするとして、今日は生徒の側はどういう心構えでいれば、上達しやすいかということを書いていきたいと思います。

まず、言葉を使って動きを伝えるということはとても難しいということを頭に入れておいてください。

例えば、「〇〇を意識して動いてください。」と言われると、

10人いれば10通りの”意識する”方法で動こうとします。

そのうち、動きが良くなる方向に動作を実行できる人は僕の印象だととても少ないです。

指導者の指示を自分の運動経験というフィルターを通し、解釈して実行しようとするので、指導者の意図するようにできる人もいれば出来ない人も出てくるのです。

本来は指導者が受け手のフィルターが一人一人違うことを前提にアドバイスをするべきなのですが、そこまでできる人はそれほど多くはないと思います。

そういう訳なので、「なんで、できないんだ!」などと言われた場合にも、「自分が悪いんだ」と落ち込む必要はありません。

もしかしたら、コミュニケーションに齟齬があるのかもしれないなと思ってこれから挙げるポイントを確認してみてください。

①部分を動かそうとすると全体のバランスが崩れやすい。

みなさん 「膝を意識して」 と言われたらどうなりますか?

多くの人は膝の辺りに意識が集中して、体全体のことが分からなくなると思います。

言葉には限定する働きがあるので、部分を現す言葉を聞くと意識がそこに集中しやすいのですが、そうなると体全体のバランスが崩れやすくなります。

全体のバランスを司る仕事は複雑すぎて意識してコントロールすることはできないので、それは身体に任せましょう。

そのためには、意識を身体の一部分に偏らせないことが大切です。

②その動作の目的は? 形だけになっていないか?

運動を実行するためには、目的やまわりの環境からの情報が必要になります。

目的は、例えばサッカーならゴールをする、ボールを奪うなどですね。

まわりの環境についての情報とは、味方、相手、ピッチの広さ・状態、風向き、気温、観客の有無など、全ての情報を含みます。

この2つの情報を受け取って初めて、身体はその状況に合わせた微調整をしてくれます。

フォームを変えようとか、新しい動作を習得をしようというときには、身体だけに意識が偏りがちです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
トレーニング
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日常生活での基本動作再考:2. 起き上がり/立ち上がり (4);立ち上がり❷;床からの立ち上がり【運動科楽からスポーツ再考!!】

香港プレミアリーグが開幕!和富大埔は昨季王者に惜敗【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

東海学園大学vs鈴鹿アンリミテッドFC(8月27日)観戦の周辺をウロウロ写真で振り返る【4thDayMarketCenter】

身体運動を考えるにあたって;序【運動科楽からスポーツ再考!!】

にしやん松戸ラグビー教室2016-42【Dream Rider  西山淳哉】

トライアスロンの健全なカタチ~木更津トライアスロン!【青山剛のKeep on Running!】

ストレッチで壊れないカラダ作り☆【TeamAOYAMAブログ】

【北海道総合スポーツクラブ】第4回公開セミナー ”アスリートの「怪我からの復帰」について” 8/27開催【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconalexsports

アレクサンダー・テクニーク教師
高椋浩史(たかむくこうじ)

2001年から2年間、青年海外協力隊員としてバングラデシュでサッカーを指導。現地の人たちのしなやかなで生き生きとした身体のありかたに感銘を受ける。帰国後、アレクサンダー・テクニークの教師養成コースで学び2010年に教師認定を受ける。
現在は東京・吉祥寺のアレクサンダー・テクニーク教師FUN!で主に教えている。

連絡先 takamuku@cozyalexander.com



       

  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:49793

(10月05日現在)

関連サイト:COZYアレクサンダー・テクニーク

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 決定的な場面でシュートを外す理由
  2. NHK番組で見えたサッカー選手の体幹の使い方の違い
  3. コーチが選手をダメにする?
  4. 体罰がパフォーマンスに与える影響
  5. 選手のケガは誰の責任か?
  6. リハビリのコツ
  7. 技術指導と声かけ
  8. 正しいがんばり方
  9. スポーツでの痛みと動きのクセ
  10. 禅とスポーツ

月別アーカイブ

2016
10
08
2014
07
04
2013
08
06
01
2012
12
11
05
04
02
2011
11
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss