喬木アレグリ alegre1993

飯田市長杯第2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

飯田市長杯第2日目

日時 5月5日(火) 
会場 三日市場運動公園
担当 ちゅうべえ&はら&のまき
天気 曇りのち大雨

2位リーグ

<対戦結果>

△ 喬木アレグリFC.Jr 0(前半0-0、後半0-0)0 飯田FC

● 喬木アレグリFC.Jr 0(前半0-0、後半0-1)1 川岸FC

昨日これなかったたくほも加わり、6年生17名全員が参加することができました。

○ たくほ(DF)
 ・サイドDFとして、仲間とともにDFラインの裏を取られない、抜かれないよう懸命にゴールを守り続けてくれた。たくほの武器は、常に準備をしてタイミングよくインターセプトを狙い、相手ボールを奪えること。また、インターセプトして奪ったボールをより早く、的確に体勢のよい仲間へパスを配れること。1対1に強く、ゴール前の最後の要として安定感が増している。ボランチとしてもチームに大きな貢献ができる選手。たくほが加わることでますます守備の厚みが増しました。

卒業生のかいとこうきが雨の中、応援に駆けつけてくれた。
ゲーム後のミーティングでは、先輩から次のようにアドバイスをいただきました。

<課題>
● パス&ムーブが足りない。
  ・パスを出した選手が、パスをして終わってしまっている。
  ・パスを出したら、さらに動き出していかないと、全体の動きが生まれてこない。

● パスが浮き球になってしまっている。
  ・パスが浮いてしまっているため、受け手がコントロールしにくい。浮き球はコントロールが難しいので、パスは浮かさないほうがよい。

<よかった点>
○ 声がよく出ていた。
  ・自分たちのとき(昨年のチーム)より、しっかり声が出ている。
  ・お互いのコミュニケーションをとろうとしている。

○ バックパスなど、ふくらみが持てていた。
  ・中盤MFを中心に、DFやGKへのバックパスや、サイドの選手へのパスなど、後ろや横へのふくらみを大きくしようとしていた。

・・・先輩の話から、「なぜサイドやバックパスがよいのか?」「後ろへ下げたときの効果や狙い」や「GKやDFに戻したときの危険性」などについても確認することができました。
先輩たちは卒業して1ヶ月余りですが、次のステージで新しい環境のもとサッカーに取り組み、ますます成長していることを感じさせてくれました。忙しいなかアレグリの仲間を思い、雨のなか駆けつけ、貴重なアドバイスをくれました。ほんとうにありがとうございました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconalegre

喬木アレグリFC.Jr 
チーム発足1993年

練習会場:
長野県下伊那郡喬木村
喬木第一小学校グランド

練習日時:
毎週土曜日pm1:30~4:30

対象:小学1年生~6年生
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:129790

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 「第11回チラベルトカップ」
  2. がんばれっ上郷FC!!
  3. 全日本少年サッカー大会長野県大会
  4. 第2回下伊那少年サッカーフェスティバル2日目
  5. チラベルトカップ2日目
  6. SBC杯長野県少年サッカー交歓会
  7. 第17回喬木村フットサル交流会
  8. 『竜洋カップU-11サッカー大会』
  9. チャイルドカップU8
  10. 下伊那トレセン 追加選手

月別アーカイブ

2016
05
04
03
2015
05
04
03
01
2014
05
04
03
01
2013
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2010
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss