阪神をのんびり応援するブログ

FA公示されたのでFA選手を少し考察

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日FA権を行使した選手が公示されました。 色々同行が注目された選手が多かったですが、7人が行使ということになりここ数年では一番多い年になりました。

一方で同日にはマツダスタジアムで残念ながら戦力外になった選手達の生き残りをかけたトライアウトが行われました。 華々しいFA交渉のスタートとプロ野球選手として生き残れるかどうかの瀬戸際のテストが同じ日というのは偶然にしては出来過ぎだろうと思いますし、なんかプロ野球の光と闇がはっきり表れたような気がしないでもないです。 去年のトライアウトは土曜且つ甲子園だったので見に行けたのですが、それでもトライアウトでいいなーと思った選手がどこからも声がかからないのが多いとなるとやっぱりプロと素人のファンの目線はかなり違うのだなと思ったりもします。 今年も一人でも多くの選手がどこからか声がかかればいいのですが・・・

余談はここまでにして今年FAした投手は以下の通りです。

国内FA宣言選手

増井浩俊(日本ハム)33歳 今季成績:52試合 投球回52 2/3 6勝1敗7H27S 奪三振82 防御率2.39

大和(阪神)30歳 今季成績:100試合 1本塁打 16打点 打率.280 OPS.650

野上亮磨(西武)30歳 今季成績:24試合 投球回144 11勝10敗0H0S 奪三振113 防御率3.63

海外FA宣言選手

平野佳寿(オリックス)33歳 今季成績:58試合 投球回57 1/3 3勝7敗8H29S 奪三振47 防御率2.67

涌井秀章(ロッテ)31歳 今季成績:25試合 投球回158 5勝11敗0H0S 奪三振115 防御率3.99

大野奨太(日本ハム)30歳 今季成績:83試合 3本塁打 13打点 打率.221 OPS.620

鶴岡慎也(ソフトバンク)36歳 今季成績:29試合 3本塁打 5打点 打率.321 OPS1.030

ただしこの中で涌井と平野はメジャー志望なので実際の国内市場は5人ということになります。 こう考えるとこういう言い方はアレですが去年よりもやや地味な市場といえるかもしれません・・・

国内FA組の中で一番実績があるのは増井でしょうか。 シーズン通じての活躍が未知数とはいえ先発適正もありますし、何よりリリーフの実績が素晴らしいです。 今年は投球回を大きく上回る奪三振をマークしており球の球威はまだまだあります。 ただ早速オリックスが平野の後釜候補として4年の大型契約を提示する方針を打ち出しており、いつも通り?巨人も興味を示しているらしいので獲得しようと思えば相当条件を出さねばならないでしょう。

次は野上ですが大和と同じくFA年にキャリアハイという本人からすれば最高の展開に。 セイバー等の指標はいいのはいいのですが、個人的に気になるのは規定投球回に達したのが今年も含めて2回だけという事。 しかも今年もギリギリで到達という状況なので先発としてはそこまでイニングを稼いでくれることを期待して獲るのは間違いなのかなあという気がします。

平野はメジャー志向ですし、移籍に失敗した場合は残留の意向を示しているので国内移籍はほぼ間違いなくないでしょう。 ただ仮に国内移籍を模索していたとしても奪三振数が年々低下しているのか気がかりで、そこまで優先的ではないだろうという気がしないでもないですが。

涌井も平野と同じくメジャー志向ですがこのタイミングでFAというのが驚きました。 今年のキャンプ直前に3年契約で契約延長していたことに加え、ロッテ移籍後では殆どの成績がワーストと言ってもよかったのでまずしないだろうと思っていたのですが・・・ 実際メジャーの評価はどうなんでしょうね。 昔ならともかく今はそこまで高くはない気がするのですが。 国内移籍と言っても今年の成績と年俸などを考えるなら難しい気がするのですが・・・

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

FA公示されたのでFA選手を少し考察

れにさんコメントありがとうございます。

西田に関しては支配下復帰直前の成績が打率が.263と悪くはないですがそこまで良くもなく支配下復帰させるほどかなあとは思っていました。
枠が空いているので完全な温情だと思っていましたが、ダメならまたオフに育成契約に切り替えればいいとは思っていたんですけど支配下契約続行みたいですね。
正直守備がお世辞にも良くない打ってナンボの選手なのに2軍でもこの成績で支配下契約というのはどうかなーという気はするんですけどね・・・

支配下復帰は西田の復帰時のコメントを見るに二軍の現場が推薦して金本監督が決めるというのがここ2年の流れっぽいですね。
それが当たったのが去年の原口であり、外れたのが西田と田面といったところでしょうか。
目利きに疑問を感じないでもないのですが、プロのスカウトもある程度外す以上そういうものだと割り切った方が良いのかもしれませんね。

FA公示されたのでFA選手を少し考察

個人的には西田の支配下登録が早かったのかなと思います。
今年二軍で成績の推移を追いかけていましたが、支配下前にはよくアピールしていましたが、支配下登録後は成績が安定せず結局打率.219(OPS.601)・守備は相変わらずで終わってしまいました。
金本監督以前は育成選手がいつまでも育成のままで勿体ないと思っていましたが、金本掛布体制になってからはフットワークが軽い分ちゃんと見極めてるのかな?と疑問に思う事もあります。
勿論原口の支配下登録には感謝しているのですが。

こんな記事も読みたい

【西武】FA宣言期間終了。そして180億円の大プロジェクト発表。【獅子党のつぶやき】

細川が見せたチームの光と課題【NPB 言いたい放題】

古本武尊と再契約ありで・・・【春夏秋冬ドラ応援】

阪神タイガース、年齢別打席数【虎流砕】

背番号順の今季通信簿 上本編【阪神をのんびり応援するブログ】

F/A宣言出揃う!阪神獲得の是非 【ラテンアメリカの虎】

【お知らせ】 ラテンアメリカの虎 新規ブログ用Twitter始めました【ラテンアメリカの虎】

阪神タイガース 前田大和F/A権行使【ラテンアメリカの虎】

ブロガープロフィール

profile-iconakuahanki

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:180467

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中田トレード記事について少し考えてみる
  2. FA公示されたのでFA選手を少し考察
  3. もうすぐドラフト
  4. ドラフト終了
  5. 背番号順の今季通信簿 大和編
  6. 来年のコーチ人事について思う事
  7. 背番号順の今季通信簿 上本編
  8. はじめまして。 そして阪神関係者の皆さん1年間お疲れ様でした。
  9. 背番号順の今季通信簿 鳥谷編

月別アーカイブ

2017
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss