akimizuブログ

良い時間を貰ったと捉えようか

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織圭のリオオープン1回戦敗退から一夜が明け、少し落ち着きました。まさかとの落胆からの復活は一夜を要します。

やはり、第1シード、ATP500ということもあり、久し振りのタイトル獲得の期待は過大ではなく、必然だったからでしょうか。

ベルッシとの一戦では、ベルッシが良かっただけの敗戦ではないことは明白でした。錦織圭のミスが目立ち、チグハグなテニスをしていた印象です。トッププレイヤーでも年に数度は取りこぼしをすことはありますが、この試合に限って言えば、今の錦織圭の実力なら、ねじ伏せることは可能でだったでしょう。

ではなぜか… 英紙でも、錦織圭の1回戦敗退を、驚きを持って掲載していました。アルゼンチンオープン決勝でのドルゴポロフの敗戦から立て直しが出来なかったと、結んでいました。やはりメンタルの問題です。私もメンタルだと思います。しかし、アルゼンチンオープンは決勝だけの問題ではなく、勝ち上がり全体で、メンタルを引きずっていたような印象を受けました。ドルゴポロフとの敗戦だけで、リオに引きずったのではないような気がします。あくまでも私個人の意見ですが、メンタルが安定していないのは、全豪でのフェデラー戦敗戦から来ているのではないか…

あの一戦を前にした錦織圭は、プレス会見で、フェデラーの復帰を心底喜び、歓迎していました。一方で勝たなければいけい相手だとも言いました。裏を返せば、怪我前のフェデラーにも勝てるとの自信もあったのかもしれません。昨年は、ジョコビッチに肉薄し、リオではナダルから勝利をもぎ取り、全米でもマレーに勝利を収め、勢いあるデルポトロをかわし…そのような確信から勝てる、勝たなければいけないと挑んだのではないでしょうか。

しかし結果は、完全に試合をコントロールしたフェデラーに翻弄され、錦織圭が想像していた以上の、往年のフェデラーではなく、往年を維持しているフェデラーを目の当たりにしました。 センターに打ち込む1stサーブの精度やバックの精度、展開の早さなど、対処出来ませんでした。言い換えれば、そこまでのフェデラーを想像していなかったとも言えるかもしれません。フルセットでの敗退ではなく、3-1もしくはストレートで敗退した感覚に陥ったのかもしれません。

しかし…一発勝負での実力は、BIG4にも引けを取らない実力がついた錦織圭がいるのも事実です。

2016年 ブリスベン国際 ベスト8 全豪オープン ベスト8 メンフィス 優勝 アカプルコ 2回戦

2017 ブリスベン国際 準優勝 全豪オープン 4回戦 アルゼンチン 準優勝 リオ 1回戦

2016と2017のすべり出しを比較しましたが、悪くないです。上々と言っても過言ではありません。

今回早期敗退したことで、パリバ、マイアミと続くMS1000の準備に充てられますし、メンタルの向上にも必要な時間の確保が出来るのではないでしょうか。

現男子テニス界の面子が揃い、本当の戦いが始まろうとしています。敗戦の悔しさは、勝利でしか補えないのかもしれません。BIG4を打ち砕くのは錦織圭しかいないと信じ、今回はこの辺で。

今回は私見が多く入っており、あくまでも一例を唱えただけですので、違う見解があったも、大いに結構だと思います。

フレーフレー錦織圭〜



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「良い時間を貰ったと捉えようか」へのコメント

錦織圭にも届きます。

フレーフレー錦織〜です。

「良い時間を貰ったと捉えようか」へのコメント

フレーフレー錦織圭~!藁

こんな記事も読みたい

ラケット破壊から得るもの 錦織圭選手【スポーツ身勝手解説ブログ】

【2017ATP500リオ】錦織選手初戦敗退。この瞬間ベルーチの方が強かった、、、【"テニス"感覚観戦】

リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因【たまにテニス】

ブロガープロフィール

profile-iconakimizu

スポーツライターではなく、シナリオやメディア、紙面のライターをしています。スポーツ全般に好意があり、また観戦もこよなく愛し、錦織圭が世界の頂点に昇る日を目の当たりにしたく、贔屓目でポジティブ思考のブログをお届け致します。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:253504

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭 完治の時
  2. 錦織圭の闘志とマイケル・チャンの思い
  3. マイアミから試される錦織圭の実力
  4. 錦織圭 インディアンウェルズのタイトルはまだ早いのか
  5. 拝啓 錦織圭様
  6. 錦織圭 決断と不安 そして利点
  7. 良い時間を貰ったと捉えようか
  8. 気を引き締めてQFへ
  9. やっとパリバが始まる
  10. 思い描いた構図

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss