akimizuブログ

錦織圭 決断と不安 そして利点

このエントリーをはてなブックマークに追加

錦織圭の怪我が長引いています。マドリードオープン出場を受け、大丈夫なのかと危惧せずにはいられませんでした。

2回戦、3回戦と本来のテニスを取り戻し、序盤戦の不安を払拭したなとの思いで、QFでのジョコビッチ戦での勝利を期待していたのですが、フェレール戦後に、右手首の痛みが発症し、翌日も痛みが引かずに、棄権を決断しました。急に発症したと思っていましたが、少なからず、痛みに近い違和感は感じながら戦っていました。以前から、よく発症する軽度の怪我だと言っていたマイアミオープン時のコメントを思い出しましたが、長引く炎症は、重度と捉え、治療に専念して欲しいと思っていました。

しかし、マドリードオープン出場も、錦織圭、錦織圭陣営の、怪我の状態を吟味した決断なのでしょう。

ジョコビッチ戦棄権の決断は、ジョコビッチだったからのようですね。もしジョコビッチを前にしてコートに立ち、痛みを伴う右手首をかばいながら戦っても、勝機はなく、悪化の一途を辿る。無様な試合をしてしまう。また、ここはローマを見据え、無理をしない決断だったようですが、もしも格下の対戦相手との次戦だったら、棄権の決断を下せただろうかとの不安が残ります。大会に敬意を払い、また、相手を尊重し、多少の痛みを押して戦おうとする姿勢は、尊敬するところですが、英断を下さねばなりません。また、格下相手に痛みの中で勝利し、翌日には痛みが緩和するかもとの憶測の中でも、悪化するリスクがある以上、英断を下さねばなりません。

本来、痛みが引き、練習時に負担が掛かるショットを多用し、翌日も痛みがない状態を確認し、完治した状態で大会に挑んで欲しいところですが、ローマも出場することになりました。怪我も完治に近い状態との認識が、錦織圭陣営にはあるようですが、近いであって、完治ではありません。ローマでも勝てば連戦になり、無理をすると、全仏に影響を与える危険があります。大会中、微妙な違和感の中、悔しい決断を下さねばならい時は、スポンサーや、大会サイド、対戦相手に気兼ねせずに、英断を下して欲しいものです。

他方、棄権後、治療に加え、ラケットを握らずといった期間を過ごしていました。そのような棄権後の期間が幾度とありました。ですが、遊んでいた訳ではなく、マイケル・チャンコーチ就任時にスパルタされた、反復運動などの基礎体力向上トレーニングや、砂地でのランニングやダッシュなど、体力アップに勤しんでいたと聞きます。以前から指摘される体力アップの機会が得られたのが、利点となったと期待したいです。

ヨーロッパ大会に連戦するかもしれませんが、この期間に怪我を完治させ、体力アップした肉体で、夏以降の大会で暴れることを期待します。

すでに始まったローマ。フェレールとロペスの勝者との対戦が決まっています。出場するとの決断を下した錦織圭を尊重し、勇者の戦う姿を応援してまいります。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

新世代によるビッグ4への挑戦歴史:ティエムのマドリッド決勝より【After the "ROGER"】

フェデラー欠場で錦織の状況一変!ローマで9位維持が錦織の全仏へ大きな意味をもつ!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

全仏ワイルドカードはシャラポワに与えられるべきか?【テニスをデータで見ようの会】

ブロガープロフィール

profile-iconakimizu

スポーツライターではなく、シナリオやメディア、紙面のライターをしています。スポーツ全般に好意があり、また観戦もこよなく愛し、錦織圭が世界の頂点に昇る日を目の当たりにしたく、贔屓目でポジティブ思考のブログをお届け致します。
  • 昨日のページビュー:488
  • 累計のページビュー:289559

(05月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 錦織圭 完治の時
  2. 錦織圭の闘志とマイケル・チャンの思い
  3. 錦織圭 何かが変わるかもしれない
  4. マイアミから試される錦織圭の実力
  5. 錦織圭 インディアンウェルズのタイトルはまだ早いのか
  6. 拝啓 錦織圭様
  7. 錦織圭 決断と不安 そして利点
  8. 良い時間を貰ったと捉えようか
  9. 気を引き締めてQFへ
  10. やっとパリバが始まる

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss