「完封さ!ヤクルトなんて打ちそうなの若松さんだけじゃないか」

「それでもプロ野球経営者は、時代遅れだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球は16チームにすべし。 東と西、各8チーム

北海道 東北 埼玉 千葉 東京 東京 横浜 新潟(新)

西

名古屋 京都(新)大阪 兵庫  広島 福岡 北九州(新)鹿児島(新)

移動の体力、労力、交通費がある程度軽減。一応全て新幹線が止まる地域。

試合数18試合×7=126試合 交流戦、現状のような隔年、3試合×8=24 トータル150試合

チームを増やしたのは、 将来的に、後述のアジア枠の選手の為。 その為地理的に、北九州、鹿児島にチームを新設。

決まり

・アジア枠

“現状の一軍ベンチ入り28人 +2 育成枠(野球留学生含む)の場合東南アジアの選手含め、最低3人”

そのアジア枠も、最低中国人1 というのもこの構想の根底を支えているのは、中国をマーケットにすること。

例えると、NBAで姚明(2002年ロケッツ ドラフト全体一位) 活躍により中国でNBA大ブームが起き、今も中国でNBAの人気は高い。

素人なのでよくはわかりませんが、大リーグで今選手の年棒が高騰しても、 それでも契約がまとまるのは、一部PPVといったケーブルテレビやネットとリンクした 収益があるからで、それをリーグ全体で分配している?

しかし、NPBはリーグ全体で収益をまとめることはほとんどやってない。 (パ・リーグでは一部ありますが)

まあそれもそのはずで、親会社ありきのNPBなので、 今黒字の球団が、その甘い汁を手放すわけはない。

でも、もうその昔の感覚の経営はよくね?と、今の言葉で言いたくなります。

スポーツで外貨を稼ぐ手段として、相撲におけるモンゴルでも証明されています。 モンゴルでは大相撲が中継されているから。

アジアでNPBの試合が中継されれば、その規模は日本の現状とは比較にならないのでは。 広告、スポンサー、観光など、その波及効果はさらに期待できる!?

先んずれば、人を制す。中国を制する者は、世界を制す。 日本の人口の10倍という、マーケットは垂涎もの。

さらにそれだけに留まらず、アジア枠なのでベトナムやタイ、ミャンマーといった 国も見通しています。その潜在力は、決して侮れない。

中国ではおそらくサッカーの人気が、広州恒大の影響もあり一番高いと思われますが、 まだ野球にも付け入る隙はありそう。

姚明という一人のスーパースターが、時代を動かした事実があります。 仮に日本経由、メジャー着でもいいではありませんか。

つらつら書いてきましたが、 おそらく100年経っても、NPBは12チームのままでしょう。

しかし、今チームを増やす絶好の機会だと思われます。 アジアの発展は、まだまだ続くと思われるから。

NPBに、川淵チェアマンは現れないのだろうか。

鍵を握るのは、もちろん巨人? ふっ 確かに野球が国技とも言える貢献をした功績を忘れてはいけませんが、 しかし現状の閉塞感も、この紳士球団が招いたのでは?

ならどの球団? 当然 当然 ソフトバンク!

多分、それに近い事はもう検討してるでしょう。 親会社が通信やネット関連なので、アジアの潜在能力は見通しているはず。

時は過ぎ、2101年…アジア各国のプロ野球は大盛況。 ベトナムはホーチミンで、第一回アジアシリーズ開幕。

アジアチャンピオン、鹿児島ルリカケス、 MLB王者、NYヤンキースによる真のワールドシリーズが。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
海外
新リーグ
ソフトバンク
アジア枠
プロ野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「それでもプロ野球経営者は、時代遅れだ」

>k_kubotchi1453 様
こんばんは、コメントありがとうございます。
そして、建設的な意見をなさってくださる事に感謝。

 >14球団、つまり2球団増やす
仰る通り、私もいきなり4球団は資金面やマーケティングなども不十分になりそう
ですので、その方が現実的ですね。

ただ場所は、神戸も北陸もいいのですが、
どうしてもアジアにより近い、九州に一球団は新設してほしいです。
ちなみに四国は、アイランドリーグと新幹線が通ってないので外します。

北九州、熊本、鹿児島 どれかに本当にできてほしいなあと。

>外国人枠プラス1
ほんとそうなんですよね。どうしても競争の元が原則ですから。
チームの不協和音を抑える為にも、その形の方が納得しやすいですね。

>育成枠
多様な提案をありがとうございます。
貴方様が仰る通り、育成枠は試合出場にチャレンジと縛りの両方があると、
支配下登録の選手も、ある程度納得してもらえるかもですね。

(縛りの例 育成枠は毎日の試合には出られず、週三日が上限
 チャレンジの例 登録されたら必ず三日以内の試合に出場しなければならない)

あとちょっと脇にそれるのですが、
球団を増やしてほしいと思った理由がもう一つありまして、

「年棒」です。

一昔前と比べて、もらいすぎなのでは!?
(世界の王さんが現役時代、最高8000万円ですからね)

一部の選手だけがもらいすぎていて、特権階級のスポーツかと。

そうではなくもっとたくさんの、本当に野球が好きなプロ野球選手が増え、
年棒がそこそこでも素晴らしい技術、そして一生懸命に野球をする姿がもっと身近に見られたらなあという思いも入っていました。

チームが増えると、一人あたりの年棒相場もどうしても下がりますしね。

それとアジアの選手の絶対に成功するぞというハングリー精神は、球界全体のレベルも押し上げるのではと。

長文お読みいただき、ありがとうございました。

「「それでもプロ野球経営者は、時代遅れだ」」へのコメント

コメント失礼します。

私も経営など全くの素人ですが、プロ野球が今後も発展してほしいと思います。

球団拡大ですが、16球団にこだわらなくもいいのではないでしょうか?
私は14球団、つまり2球団増やすのがいいと思います。
将来は16球団にしたいですが、いきなり4球団増やすのは経済圏・人口面で難しいと思います。
一つは北陸(新潟ないしは金沢中心の富山・福井を含めたエリア。北陸新幹線開通で首都圏と繋がりが出来たため)と、もう一球団は神戸(ほっともっとフィールドがある・京阪神エリアは平日でも人口が多いため)。
リーグ編成としては7球団ずつにして交流戦を常時開催するか、8対6にするかは議論の余地があると思いますが、この二つの地域に球団を増やすとイースタン・ウエスタンリーグが奇数である現状も変えられて二軍の試合が増やせ、若手にチャンスが増えて結果として競技レベルが過度に低下するのも防げるのではないかと思います。

アジア枠は導入していいと思いますが、あくまで外国人枠プラス1(外国人を合計5人起用できる、内一人はアジア人)という方がいいと思います。
アジアのマーケットは魅力的ですが、アジア人だけの育成枠を作ると競争が鈍化して結局育たなくなりそうですから、もし育成枠を作るなら日本人も含めて28プラス2にする方がいいかと思いました。
育成枠の考え方は面白いと思います。予め二人登録しておき、その二人は週4試合出場ないしは一試合先発登板しなくてはならない、育成登録は1ヶ月ごとに変更しなければならない、外国人を育成枠登録した場合、登録中は外国人枠を外れるなど色々考えられますね。

特に球団数拡大はスポンサーの問題など解決すべきことは多いですが、実現目指して動いてほしいですね。

「それでもプロ野球経営者は、時代遅れだ」

>prinprin 様
コメントありがとうございます。
あの、文中でも述べている繰り返しになるのですが、

「できない理由をつらつら書く人はたくさんいますが、  
できるよう、意見してくれる人はほとんどいない」

以上です。

「それでもプロ野球経営者は、時代遅れだ」

>myouzin 様
コメントありがとうございます、しかもよく勉強なされているのが伝わる納得できる長文を。
心から感謝です。

最初に断っている通り、私は素人です。具体例など全くと言っていいほどわかっていません。
こうなったらいいな、という素人ならではの構想です。

具体的に答えられそうなのは、アジア枠だけでしょうか。
仰るとおり一軍ベンチに+2固定ですね。ですから30人という事になります。

「打撃はいいんだけど」「守備は見張るものがあるんだけど」
おそらく発展途上のアジアの選手は、日本人のようなトータルのスペックはまだまだだと思います。
そこで、一芸なら対抗できるのものがあるのでは?という思いです。

最後に巨人についてですが。
正直もっと辛辣な意見を書こうと思っていましたが、遠慮しました。
今までの巨人の行動を知ったら誰でも、言葉を浴びせたくなります。

現実だけを書きます。
2004年の球界再編の時、どんな行動を取りましたか?
プロ野球選手やファンの事は置き去りの、1リーグ構想の旗頭。
(チームが減るので、プロを失業する選手が増える)

そこには「保身」しかありませんでした。ですからあの「ふっ」です。

少なくともそれまで球界の盟主を謳ってたのなら、
せめて直接の当事者である球界の宝であり、主役である選手は守るべきではありませんか?

まあそれを止められず、静観してた我がヤクルトも強くは言えませんが、
「○○軍は、紳士たれ」という言葉はどこにいったのですか?

あの時、古田選手会長を始め、選手会が動かなかったら間違いなく一リーグになってたわけです。
その巨人を、時代遅れという事に何かありますか?

長文、読んでいただきありがとうございました。

こんな記事も読みたい

前田健太の24億円を何に使うのか【広島鯉太郎】

広島本部長発言から感じた違和感と、広島の評価を下げた理由【いろいろ所持雑感】

ラミレス野球は王道野球だ。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

ブロガープロフィール

profile-iconaki1600

小学生だった1980年代からの
ヤクルトファンです。

2017年 寺島は、じっくり育てよう。

投手 伊藤智仁 岡林洋一 野中徹博
打者 土橋勝征 秦真司  パリッシュ
現役 石川雅規 山中浩史 植村美奈子

タイトルは、1980年代、
最強チームは西武でも巨人でもなく、レイルウェイズだった。

そんな昭和の良き香りが残る時代、
コロコロコミック「リトル巨人くん」のセリフから。
  • 昨日のページビュー:30
  • 累計のページビュー:1388703

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン 阪神タイガース
  2. 広島東出↔ヤクルト田中浩 トレード案
  3. 2016セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン 阪神タイガース
  4. 2016セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン DeNAベイスターズ
  5. 2016セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン 中日ドラゴンズ
  6. 2017セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン DeNAベイスターズ
  7. 2017セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン 読売ジャイアンツ
  8. 2016セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン 広島カープ
  9. 2017セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン 広島カープ
  10. 2017セ・リーグ戦力分析と予想開幕スタメン 中日ドラゴンズ

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
2016
12
11
10
08
07
05
04
03
02
01
2015
11
10
07
06
02
2014
03
02
2013
12
10
09
06
05
03
2012
11
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss