751015〜すべてはそこから始まった

カープのドラフト~私の一位指名一推しはあの選手!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペナントレースも終盤に差し掛かり、早くもFA、ドラフトに関する話題が飛び交っています。 まあ、FAの方はカープには無縁のことでしょうが、選手を自前で育てて行くことをモットーとするカープにとってはドラフトで誰を指名するかは非常に重要な戦略課題です。 特に、今年の場合は、好投手が目白押しで、ドラフトで誰を指名するか、その選択はなかなかに悩ましい状況といえます。 これが、たとえば図抜けた選手が2~3人しかいないような年だと、競合覚悟でその2~3人の誰かを指名するか、それとも競合を回避して、チームに必要なポジションとの兼ね合いで、別の選手を単独指名するか、他チームの動向を探ったりしつつ決断して行くわけです。 もちろん、それはそれで悩ましいことではあります。 しかし、今年のように、150キロ以上の速球を投げられる投手が十指を優に超えるくらいいる場合には、また違った悩みが生じて来ます。 ここでちょっとお話が横道に逸れるのですが、最近、150キロオーバーがいとも簡単に出ているような気がしませんか? 少し前までは、150キロを投げる投手なんて、年に1人か2人出ればいい方だったのに、今年は高校生だけで大方10人くらいいるわけですから、これは本当に凄いことです。 ところが、甲子園では、相対する打者も、そうした剛速球投手を結構打ち崩したりするのですからまた驚きます。 この剛速球の大安売りのような現象はいったい何なんでしょうか? 選手の体格がよくなったせいなのか、トレーニング方法が進化したのか、はたまたボールのせいか、いやいやもしかしたらスピードガンの設定が甘いんじゃないのか等々、つい、いろいろと考えてしまいますが、本当のところはどうなんでしょうね・・・。

で、話を戻しますが、今年のドラフト候補が凄いのは、ただ150キロ以上のスピードが出るというだけでなく、高校生も含め、わりと早い段階で一軍で投げられそうな投手がかなりいそうだということです。 先日も、別のカープファンの方のブログを読ませていただきましたが、結構な数の候補選手の名前が出ておりました。 では、我がカープはどの選手を一位指名すべきなのでしょうか? というわけで、私なりに検討した結論を述べさせていただきたいと思うのですが、カープはやはり一位指名に関しては投手をリストアップしているようで、少し前のカープのスカウト会議では、一位の候補としては社会人の山岡投手、大学生の田中投手、高校生の今井投手、藤平投手、寺島投手あたりの名前が出ていたように記憶しています(正確でなかったらごめんなさい)。 まあ、ここで名前が出ている投手はいずれ劣らぬ好投手ですので、今年の場合、どの投手を指名したとしても特に間違った選択とはならないと思います。 しかし、そんな中でも、私の希望としては、カープには、ぜひこの投手を一位指名してもらいたいと思っています。 それは、作新学院の今井達也投手です。 甲子園での活躍をテレビで見ましたが、圧倒的だと感じました。 スピードがあるだけでなく、非常に切れがいいですし、球種もあり、マウンドさばきも落ち着いていて、とてもクレバーな印象です。 間違いなく、カープに来ればマエケンに匹敵する投手になると思います。 そういえば、カープの尾形スカウトもマエケンのようだと絶賛していたようですね。 現時点の実力でも、1年を通じて投げれるだけの体力さえつけば、早い段階で一軍のローテーションに入れるかもしれません。 しかも、彼は甲子園で成長して優勝投手となったわけで、スター性も十分です。

そして、ここからが今年のドラフトの面白いところなのですが、こんなに素晴らしい投手ですから、例年なら、4球団、5球団くらいが競合しても全然おかしくないと思うのです。 しかしながら、今年に限っては、即戦力あるいは潜在能力という意味では、今井投手に引けを取らない好投手が目白押しですので、一位指名はかなりばらける可能性があります。 なので、今井投手についても、さすがに単独指名は無理かもしれませんが、せいぜい2~3球団程度の競合に留まる可能性が高いと思うのです。 ついでに申しあげると、今年の「神ってる」カープであれば、仮に競合になっても、当たりくじを引いてくれるのではないかなどと、勝手に思ったりしています(笑)。 まあ、それはともかく、例年だったら倍率が高くて獲得できる可能性の低い超高校級の選手が、今年に限っては投手大豊作のおかげで、そこまでの競合にならない可能性が高いわけですから、もうこれは大チャンスといっていいでしょう。 今井投手が入ってくれたら、今のカープ投手陣の充実振りからして、向こう10年間、投手王国を築くことができるのではないかと思うわけです。 あと、私が、もう一つ、今井投手を推す理由があります。 それは、超高校級の甲子園優勝投手というスターでありながら、プロへの志望届を出すにあたって早々と12球団OKと宣言したことです。 これは彼には関係ないことですが、あの事件のあの投手の出身校なので、余計に彼の宣言の潔さにちょっと感動しました。 何処に行ってもプロとしてやっていくんだという覚悟というか、気概のようなものも感じましたし、そうしたメンタル面もカープ向きで推したくなる理由の一つなのです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

カープのドラフト~私の一位指名一推しはあの選手!

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。

今の戦力を踏まえて補強方針を決めるという視点からしても、高校生の将来性豊かな投手に行ってほしいですが、はたしてどうなるでしょうか?

カープのドラフト~私の一位指名一推しはあの選手!

私も作新の今井一位指名大賛成です。

今年のドラフトは好選手揃いで本当に楽しみですが、競合覚悟で田中、今井でいくか単独指名狙いで山岡にいくか(山岡もロッテ指名が噂されています)どちらかだと思います。黒田引退もささやかれる中、将来のエース候補指名に挑んでもらいたい。

今年は25年ぶりの優勝で何かと75年初優勝と比較されることが多いのですが、75年のドラフトは、北別府(ちなみに2位山根、3位長内、4位小林、5位高月でした)を指名し、その後の黄金期の基礎を築きました。そういう意味で、今井は打ってつけの人材だと思います。

もちろん田中も悪くはないけれど、怪我も心配される中、ここはぜひ高校生を。もし外れて山岡が残っていればそこで山岡であれば誰もが納得するのではと思うのですがいかがでしょう。

カープのドラフト~私の一位指名一推しはあの選手!

コメントありがとうございます。

これだけ好投手が多いということは、裏を返せば、一位指名、二位指名が投手に集中することを意味しますから、三位以下でもカープお得意の将来性の高い高校生野手を指名できるチャンスが増えるともいえます。
しかもカープの戦力の充実振りからして、補強ポイントは明確ですからね。

シーズン同様、良いドラフト指名が出来そうですね。

カープのドラフト~私の一位指名一推しはあの選手!

今井は数年後にマエケンになれる素材ですね。
まだ細いので、これからもっと肉をつければさらに良くなるでしょう。

田中は即十勝以上が期待でき、うまくいけば代表不動のエースもありえそうです。

山岡はどうなんでしょうか。初年度からローテ入りも期待できるというところでしょうか。

今井は複数指名、田中は5球団以上、山岡は一本釣りも狙えるという感じだと思います。

見る目が確かな広島のスカウトが、最終的に誰を選ぶかが今から楽しみです。

こんな記事も読みたい

【巨人vs中日 第23回戦】これで来季も契約延長!?ジャイアンツ、ギャレットが起死回生の逆転サヨナラツーラン!!2位確定までマジック「3」!!!【孤独のプロ野球】

2016年クライマックスシリーズ展望予想~「勝ち上がってくるのは、ずばり巨人?横浜?」【関東鯉人、ブログ始めました。】

ベイスターズの雰囲気問題 ~今になって98年と空気感が似てね~【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

中日、横浜に続き阪神との最終戦も落とす【カープのことが好きだから】

最多勝争いの行方【きたへふ おおの かわくち つた゛】

あまり流れがよくないですね…CSが心配です【関東のカープファンのブログ】

かなり心配です【カープ一筋40年の独り言】

【さらば廣島伝説の宴】『はじまりの鐘は鳴り止まぬ』【©カープ狂の宴】

ブロガープロフィール

profile-iconakaushikoinoshiro

  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:590646

(11月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. セリーグMVP予想〜条件付きですが、MVPはこの選手に!
  2. カープの歴代外国人選手(超主観的)トップ10~前編
  3. カープの相手はどっち?〜ちょっと早いけど、セリーグCS1stステージを展望してみました👀
  4. カープの歴代外国人選手(超主観的)トップ10~後編
  5. カープのドラフト~私の一位指名一推しはあの選手!
  6. カープのCSチケット即完売→オークションで高額転売の理不尽(*`へ´*)
  7. 緒方監督を見ていて思うこと〜監督に必要な資質とは何か?
  8. CSの前だからこそCS改革のお話を
  9. ドラフト雑感~とっても興味深いドラフトでした
  10. 金本と緒方~重なり合う軌跡

月別アーカイブ

2016
10
09
08
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss