TRABALHO LEALDADE RESPEITO 

アジアで勝てないワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 来期への課題が見えて良かったと強がる。赤イオ雑感です。 ①何も変わっていない  今日の試合は引き分けというのなの【敗戦】です。鹿島は苦しくなりました。なぜ勝ちに行かなかったのか?問題はそこです。石井さんも大岩監督も負けを【恐ている】。それに尽きると思います。今日の試合はボランチの二人に助けられた試合です。試合序盤。動けていたのは、金崎選手・レオ選手・三竿健選手の3人だけでした。他の選手は硬さがみられ、それがプレーを消極的にしていました。後半レアンドロ選手は盛り返しましたが、金崎選手がガス欠になり決定機はほとんどありませんでした。毎年数回はこのような試合は必ずあります。 ②3枚目  今節は3枚目の交代枠を使いませんでした。【使えなかった】赤イオはそう言い切ります。この試合、引き分けは負けと同じです。それは試合が始まる前から解っていたことです。ボランチを削って鈴木選手を入れてパワープレー。通常は負けることが許されません。でもこの試合に限ってはそれも許される。致し方ない試合と言っても良いでしょう。アジアはこういう試合の積み重ねです。このままでは来年も同じです。 ③それには理由もある  鹿島は今シーズンに入る前、準備期間がほとんどありませんでした。それが許されるたった一つの言い訳でしょう。全ての試合中、監督が選手たちの背中を押してあげることが出来る唯一の方法。それが選手交代です。負ければファン・サポーターは容赦無く批判します。でも今日のような試合は解るはずです。そして鹿島は負けません。次節、バタバタしてはいけません。スタメンはこのまま。それが赤イオの考えです。 ④2017シーズン  【4つのタイトル】全てが違うチームというのが赤イオの理想です。来年の日本サッカーが面白くなると思います。もちろん、リーグは鹿島です。ここでひっくり返されるほど鹿島というクラブはヤワじゃありません。それはみんなが解っているはずです。磐田戦。歓喜の瞬間はすぐそこです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アジアで勝てないワケ

コメントありがとうございます。
ホームで決められなかった。この事実はクラブとして重く受け止めて貰いたと思うわけです。
常勝=鹿島の先に何を見据えるか。資金の目処が経つ今だからこそ次の25年をどうするか。
大きな岐路に立たされている気がします。

アジアで勝てないワケ

コメント失礼します。

言いたいことは分かります、確かに引き分けは負けに等しい試合です。
その試合を勝てなかった部分は、まだまだ未熟なチームということです。

しかし、試合が終わってちょっと時間もたちました。
冷静に考えましょう。
少なくとも、引き分けたことで、川崎は引き分けさえ許されなくなりました。
絶対勝たないといけないプレッシャーは想像を超えるものだと思います。
少なくとも、半歩は進みましたから、そこはポジティブにとらえましょう。

最終戦、しっかり勝って文句なく終われるよう応援しましょう。

こんな記事も読みたい

2007年以来のホームでタイトル獲得ならず。柏戦はスコアレスドロー。しかし、リーグ全体で微妙なハンド見逃し判定が続きますね。【二つの歓喜をもう一度!】

J1残留、そしてミカ、ありがとう。【ピッチに紫の風が吹く】

J2長崎のJ1昇格について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

2017 J1 リーグ 第33節 柏戦 晴れ時々曇り【アントラーズ晴れ時々曇り】

今更ながら興梠慎三選手へ【鹿野苑】

【鹿島】いざリーグ制覇へ【常勝紅鹿】

鹿島アントラーズーーいわゆる”伝統の勝負強さ”の正体とは何か?【Memories of the game】

20冠【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

ブロガープロフィール

profile-iconakaio

鹿島アントラーズのファン。
千葉ロッテマリーンズのファン。
  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:198967

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 負けてもいいクラブ
  2. 天皇杯【残されたタイトルは二つ】
  3. 補強
  4. 成熟したクラブの未来
  5. 仕事だから当たり前だけど・・・
  6. レジェンド
  7. 実り多き勝利
  8. チャレンジの限界
  9. やっと・・・・ダンコたる決意
  10. 反省と言い訳 挑戦と暴挙

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss