阿房データ

2017シーズンの見通し(セリーグ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ2017年のペナントレースが開幕する。そこで、過去3シーズン(2014〜2016)の個人成績を加重平均して算出した予測値から各チームの戦力比較をおこなった。この予測値をもとに各チームの強みと弱みを確認し、どのような見通しがもてるか考えてみたい。

※各数値はリーグ平均との比較から得点換算した値。パークファクターで補正。 ※守備に関してはデルタのUZRを参照した。(リンク

 

● 昨シーズンのスタッツ

 最初に昨シーズンの成績を軽く振り返っておこう。

2016年セリーグスタッツ

  • チーム
    • オフェンス(打撃/ 走塁), ディフェンス(投手/ 守備), 合計 (期待勝率)
  1. 広島
    • Off: 118.4 (108.5/ 9.9), Def: 53.6 (27.5/ 26.1), 合計: 172.1 (.626)
  2. 巨人
    • Off: 10.5 (12.6/ -2.1), Def: 9.7 (26.7/ -17.0), 合計: 20.1 (.515)
  3. DeNA
    • Off: -43.3 (-40.1/ -3.2), Def: 18.8 (18.3/ 0.5), 合計: -24.5 (.482)
  4. ヤクルト
    • Off: -13.5 (-2.6/ -10.9), Def: -44.2 (-51.9/ 7.7), 合計: -57.7 (.458)
  5. 阪神
    • Off: -49.9 (-59.9/ 10.0), Def: -9.4 (25.0/ -34.4), 合計: -59.2 (.457)
  6. 中日
    • Off: -32.9 (-29.1/ -3.8), Def: -28.4 (-45.4/ 17.0), 合計: -61.3 (.455)

 ざっと見て、オフェンス面ではカープが圧倒したというのがわかるし、ディフェンス面ではカープ、ジャイアンツ、タイガースの投手力は拮抗していたものの、守備で差がついたというのが見て取れる。  昨年躍進したベイスターズは、打力よりはむしろ投手力に強みがあるチームだった。スワローズとドラゴンズは守備力はあるが投手陣に難点を抱え、タイガースは打線と守備に大きな弱点があった。

 さて、順番が前後してしまうが、ここで数値の説明をしておきたい。

 各数値はリーグ平均に対して何点多く得点を奪ったと見込めるか(ディフェンスであれば失点を防いだか)を投打の成績から計算した数字であり(打撃はwOBA、投手はFIP、守備はUZR)、合計については、スタッツから見込まれる得失点差と考えてもらえば良い(期待勝率はこの得意失点差から予測される勝率)。例えば、昨シーズンのカープの実際の得失点差は+187、上記スタッツの合計値は+172.1なので、だいたいの目安となるのがわかると思う。また、ここではこれらの数字を各チームが持つ(持った)戦力と考える。

8ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
成績予測
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017シーズンの見通し(セリーグ)

非常に科学的で納得いくデータだと思います。

ここに広島には昨年優勝した影響による「厳しいマーク」が加わるため、結果的には巨人より下の結果になると予測されます。

また、ヤクルトの3位が意外ですが、これはよいシーズンと悪いシーズンのいわば「間」をとった読みだと思うので「よければ優勝争い・3強の一角」「悪ければ昨年と同じ5位」になると思います。

あまり「よくも悪くもない」という状態が少ないチームなので、どちらかになると推測できます。

横浜・阪神が同じようなチームで4位争い(ヤクルトが悪いシーズンだった場合はCS争いに繰り上げ)。中日が最下位。ここに関しては納得です。

いずれにせよ、今まで見た予想の中で最も納得のいく分析に出会えたことに感謝します♪

しかしこうしてはっきりデータで出ると、ヤクルトの軒並み5位や最下位予想は確かに「当たらない」ですよね・・・。だって戦力的に3位ですもんね・・・。
しかもあのやたらと評価が高い横浜より「上」の。

こんな記事も読みたい

【西武】開幕1軍メンバー発表【獅子党のつぶやき】

公示【春夏秋冬ドラ応援】

2017 セリーグ順位予想【つばめの黄金時代を築け!】

ブロガープロフィール

profile-iconakagumiganbare

  • 昨日のページビュー:68
  • 累計のページビュー:598268

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. カープの41試合から見えること(課題と改善点)
  2. 2017シーズンの見通し(セリーグ)
  3. 2016年 ペナントレース振り返り(セリーグ)
  4. 2015シーズンのふりかえり(カープの僅差勝敗と守備・走塁)
  5. 広島はなぜ巨人に勝てないのか
  6. シアーホルツ選手の成績予測
  7. 本拠地球場対戦チーム別観客動員数、黒田登板試合の観客動員
  8. 采配のアヤ
  9. 対外試合ここまでの成績
  10. 新外国人選手の成績予測

月別アーカイブ

2017
04
03
2016
10
05
2015
11
10
06
05
04
01
2014
12
11
08
07
06
03
02
01
2013
11
10
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss