AJPS オフィシャル・ブログ

ラグビー

「正念場だぞ、日本ラグビー」 Text 松瀬学

空前のラグビーブームである。大きな声では言えないけれど、“ラグビー特需”でもある。でも、「人間(じんかん)万事塞翁が馬」ともいう。今こそ、浮かれず、騒がず、ラグビー選手も日本ラグビー協会も性根を据えてかかるべきだろう。 ■時の人となった五郎丸 先のラグビーワールドカップ(W杯)の活躍で一躍「時の人」となった五郎丸歩(ヤマハ発動機)の人気たるや、すさまじいものがある。五郎丸が出場するトップリー......続きを読む»

コラム「スーパーラグビー所属の田中史朗が見せた存在感」

井田新輔=文・写真 (4半世紀ぶりの歴史的勝利)  タイムアップのホイッスルが吹かれると、No8菊谷崇に抱きかかえられたキャプテンWTB廣瀬俊朗は両手を高く突き挙げた。今年初の真夏日となった6月15日に行われたラグビーテストマッチにおいて、日本代表は23対8でウェールズを破った。IRB(国際ラグビーボード)オリジナル8か国からの勝利は、1989年のスコットランド戦勝利以来、実に四半世紀ぶ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconajps

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)は、1976年に設立された国内外の第一線で活躍するフリーランスを中心としたスポーツジャーナリストの集団です。
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:582279

(11月19日現在)

関連サイト:日本スポーツプレス協会 公式ウェブサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コラム「羽生結弦が見せた精神力」
  2. コラム「今なお色褪せないF1シューマッハの神業ドライブ」
  3. コラム「グラチャンバレー 女子日本代表の注目選手は22歳のサウスポー」
  4. 「ホンダ不振の理由とF1界が抱える問題」Text 尾張正博
  5. コラム「1年で数年分の経験をした羽生結弦」text 折山淑美
  6. コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之
  7. コラム「川内優輝に負けない中本健太郎の“常識破り”」
  8. コラム「錦織のグランドスラム決勝進出を2年前に予言していた松岡修造氏」Text 矢内由美子
  9. コラム「『2020年 東京五輪』サッカーで輝きを期待させる大器たち」
  10. コラム「強いのか? 弱いのか? セレソンの現状」

月別アーカイブ

2016
04
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss