AJPS オフィシャル・ブログ

フォトギャラリー「SPORTS THEATER」 Photo 築田純

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトギャラリーを更新しました。

フォトギャラリーをAJPS公式サイトで見る



1988年の初の個展「SPORTS THEATER」を発表して以来、常にスポーツを通して「人間性の表現」を主眼にしております。

スタジアムなどアスリートたちがいる場所を「THEATER」(劇場)に見立て、そこで繰り広げられる様々なスポーツシーンを切り取ることにより「人間ドラマ」を表現させていこうと考えています。 スポーツには高度なテクニックで観衆を魅了させるアクションシーンやフォルムの美しさを競うシーンもあります。更に、光と影のコントラストといった「写真的表現」や「選手の内面的表現」など、より印象的なシーンが表現出来ます。そして、人間が行うスポーツ競技では様々な感情が表情やしぐさ、態度にも表れてきます。この人間らしい「喜怒哀楽」がスポーツ写真の最大の魅力でドラマチックな瞬間と言えるでしょう。 試合前の緊張感や不安感、今にもこの場から逃げ出してしまいたい感情を抑えて試合に挑む選手の姿や数々の困難を乗り越え、勝利という頂点を成し遂げ、喜びの絶頂を迎えた瞬間は見ている側の興奮も最高潮を迎えます。この瞬間にシャッターを切る喜びもまた楽しい瞬間です。逆に、厚い壁に阻まれ勝負に敗れ去る選手の姿もまた非常に美しい瞬間でもあります。

これからもスポーツのドラマを追いかけて行きたいと思います。

<著者・撮影者紹介>

築田純 (つきだじゅん)

1962年埼玉県所沢市生まれ。1984年東京綜合写真専門学校卒業。 その後、写真家の水谷章人氏に師事し、1988年にフリーのスポーツ写真家として活動を始める。 1997年からスポーツ写真家集団アフロスポーツに参加し、オリンピックや各種世界選手権など国内外のスポーツ競技を幅広く撮影。2013年に再びフリーで活動を始める。 「サンディスク エクストリームチーム メンバー」 1989年第5回東川賞新人作家賞受賞。 AJPS(日本スポーツプレス協会)、AIPS(国際スポーツプレス協会)各会員。

■写真展(個展) 1988年  個展『SPORTS THEATER』(富士フォトサロン) 1990年  個展『BALL On』(コニカプラザ) 1992年  個展『超人伝説』(コニカプラザ) 1998年  個展『THE NORDIC』(オリンパスギャラリー) その他グループ展多数

築田純 報道写真展「SPORTS THEATER」

●キヤノンギャラリー梅田 2014年11月20日(木)~ 2014年11月26日(水)10:00~18:00 ※休館日は日曜・祭日及びキヤノンマーケティングジャパン休日

●キヤノンギャラリー札幌 2014年12月25日(木)~ 2015年1月13日(火)9:00~17:30 ※休館日は土曜・日曜・祭日及びキヤノンマーケティングジャパン休日

2014年11月20日更新

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フォトギャラリー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第91回箱根駅伝の戦い方~日本大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

松戸ジュニアラグビー練習会2014-39【Dream Rider  西山淳哉】

アギーレ・ジャパンの今シーズン終了【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconajps

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)は、1976年に設立された国内外の第一線で活躍するフリーランスを中心としたスポーツジャーナリストの集団です。
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:582355

(11月25日現在)

関連サイト:日本スポーツプレス協会 公式ウェブサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コラム「羽生結弦が見せた精神力」
  2. コラム「今なお色褪せないF1シューマッハの神業ドライブ」
  3. コラム「グラチャンバレー 女子日本代表の注目選手は22歳のサウスポー」
  4. 「ホンダ不振の理由とF1界が抱える問題」Text 尾張正博
  5. コラム「1年で数年分の経験をした羽生結弦」text 折山淑美
  6. コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之
  7. コラム「川内優輝に負けない中本健太郎の“常識破り”」
  8. コラム「錦織のグランドスラム決勝進出を2年前に予言していた松岡修造氏」Text 矢内由美子
  9. コラム「『2020年 東京五輪』サッカーで輝きを期待させる大器たち」
  10. コラム「強いのか? 弱いのか? セレソンの現状」

月別アーカイブ

2016
04
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss