AJPS オフィシャル・ブログ

「正念場だぞ、日本ラグビー」 Text 松瀬学

このエントリーをはてなブックマークに追加

空前のラグビーブームである。大きな声では言えないけれど、“ラグビー特需”でもある。でも、「人間(じんかん)万事塞翁が馬」ともいう。今こそ、浮かれず、騒がず、ラグビー選手も日本ラグビー協会も性根を据えてかかるべきだろう。


■時の人となった五郎丸

先のラグビーワールドカップ(W杯)の活躍で一躍「時の人」となった五郎丸歩(ヤマハ発動機)の人気たるや、すさまじいものがある。五郎丸が出場するトップリーグの試合の前売り券は完売し、テレビのバラエティー番組にも引っ張りダコである。芸能イベントにも出演し、クリスマス直前のディナーショー(なんと1万6千円!)のチケットは予約開始から30分で約400席が売り切れた。

五郎丸はしずかなオトコである。ゴールキックを蹴る時と同様、自身の置かれた状況を客観的に見つめることができる。このラグビー人気をどう思うかと聞けば、29歳のヒーローはこう答えた。

「4年前から、こういう姿になりたいと思って、ずっとやってきました。ほんとうに日本代表が成し遂げた大きさを感じながら、プレーしていきたい。これを一瞬で終わらせるのではなく、2019年W杯日本大会にどうつなげていくのか。まずは自分らがプレーで100%、力を出し続けることでしょうね。選手としては、それしかありません」

模範解答みたいなコトバである。もちろん、「タテマエ」かもしれない。でもスポーツは、少なくともラグビーぐらいは、タテマエを貫ける世界であってほしい。


■ファンが選手に求めるのは南ア戦のようなパフォーマンス

五郎丸やひと握りの日本代表選手は、ラグビーの人気アップのため、そういった広報活動に積極的に協力している。それは重々承知しているけれど、グラウンド上でのプレーの質が落ちてはならない。そのためには、試合は当然として、チーム練習をさぼるようなことがあってはならないのである。

さらに、このラグビー人気を持続させるためには、初めてトップリーグの試合にきた観戦客をリピーターにしないといけない。にわかファンのスタンダードはおそらく、W杯の日本×南アフリカ戦だろう。チームや選手たちは、その試合に近づく努力をしなくてはならない。相当の鍛練と覚悟が求められている。

ファンはしっかり、パフォーマンスを見ているぞ。グラウンド外の行動や言動とて、そうであろう。社会的責任のある人間として襟をたださなくてはならない。


■空席スタンド問題を引き起こしたもの

日本ラグビー協会も正念場である。長らく人気低迷に沈んでいたから、突然のスポットライトにどたばたしてしまう。あの「空席スタンド問題」など、情けない限りである。

トップリーグの試合、前売り券が完売しているから満員と喜んでいたら、スタンドはガラガラだった。チケットを買いたくても買えない人がいるのに、チケットを持っている人がスタジアムにいかない。

これは「リスクマネジメント」の問題である。リスクとは、「目的に対する不確かさの影響」を指す。影響とは、期待されていることから、よい方向および悪い方向に逸脱することである。これをマネジメント、つまり運用・管理しないといけない。

これがズサンだった。空席スタンド問題は、日本ラグビー協会とチームを抱える企業の責任である。チケットが売れることと観客が入ることはイコールではない。協会はチケットが売れればいいだろう、企業側はカネを払えばいいだろう、そう考えていたのではないか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ラグビー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

東海学生リーグの代表として【グラウンドから愛を込めて】

「観戦記/大学ラグビー(ジュニア)」 明治×帝京 (2015年12月5日、秩父宮)【ラグビー冥利】

これからも【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconajps

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)は、1976年に設立された国内外の第一線で活躍するフリーランスを中心としたスポーツジャーナリストの集団です。
  • 昨日のページビュー:44
  • 累計のページビュー:580240

(08月09日現在)

関連サイト:日本スポーツプレス協会 公式ウェブサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コラム「羽生結弦が見せた精神力」
  2. コラム「今なお色褪せないF1シューマッハの神業ドライブ」
  3. コラム「グラチャンバレー 女子日本代表の注目選手は22歳のサウスポー」
  4. 「ホンダ不振の理由とF1界が抱える問題」Text 尾張正博
  5. コラム「1年で数年分の経験をした羽生結弦」text 折山淑美
  6. コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之
  7. コラム「川内優輝に負けない中本健太郎の“常識破り”」
  8. コラム「錦織のグランドスラム決勝進出を2年前に予言していた松岡修造氏」Text 矢内由美子
  9. コラム「『2020年 東京五輪』サッカーで輝きを期待させる大器たち」
  10. コラム「強いのか? 弱いのか? セレソンの現状」

月別アーカイブ

2016
04
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss