AJPS オフィシャル・ブログ

「女子バスケはなぜ3大会ぶりの五輪出場を勝ち取れたのか」Text 小永吉陽子

このエントリーをはてなブックマークに追加


■世界選手権6位の中国に圧勝

アジア2連覇を達成するとともに、リオへと続くオリンピックロードを鮮やかに駆け抜けた。

9月上旬、女子バスケットボールのリオ五輪予選を兼ねたアジア選手権が中国・武漢にて開催され、日本は決勝で中国を85-50の大差で下して3大会ぶりとなるオリンピック出場権を獲得した。日本がアジアを制覇して五輪切符を得たのは初のこと。今大会は選手層からいって日本と中国の一騎打ちになることは予想されていたが、「まさか決勝でここまで大差がつくとは」(内海知秀ヘッドコーチ)という予想外の出来だった。

なぜ、日本は圧勝できたのだろうか。

大会前、下馬評が高かったのは昨年の世界選手権で6位へと躍進した中国だ。中国は“オリンピック請負人”の異名を持つオーストラリア人の名将、トム・マーが指揮官就任3年目で世代交代を成功させ、平均身長186㎝の高さと若い才能を成長させていた。世界選手権では伸び盛りの若手がチャレンジャー精神で向かっていくことで、そのポテンシャルが開花した。

一方、日本は世界選手権では3連敗を喫して予選ラウンド敗退。司令塔の吉田亜沙美(27歳、165㎝)が膝を負傷してメンバーから外れていたとはいえ、アジアナンバーワンを誇る脚力が世界の高さの前に封じられてしまった。

■ディフェンスと走力の勝利

世界選手権後の日本は戦い方を見直し、強みである走力を前面に推し進める方針に変えた。それが、内海ヘッドコーチが掲げた「勢いとトランジション(攻防の切り替えの速さ)」のチーム作りだ。Wリーグで躍進した本川紗奈生(23歳、176㎝)、ユニバーシアードでベスト4の原動力となった篠崎澪(24歳、167㎝)ら、走力ある若手を加えてチームカラーを色濃く出したことで、日本の脚力はより一層のターボエンジンを搭載した形となったのだ。

そこに今シーズンから世界最高峰リーグのWNBA(アメリカ女子プロバスケットボールリーグ)に参戦している192㎝の渡嘉敷来夢(24歳)が最後のワンピースとしてはまった。渡嘉敷はシーズン中のために大会直前に代表チームに合流。大会序盤は噛み合わずに我慢の連続だったが、「WNBAで高さのある選手とマッチアップすることで手応えをつかんだ」というディフェンスで貢献し、徐々にチームにフィットしていった。

今大会の勝因は、渡嘉敷に象徴されるように、ディフェンス力にあった。35点差をつける要因となった速攻の数々は、プレッシャーディフェンスをかけて相手のミスを誘ったからこそ出たもの。ポテンシャルは高いが国際経験の浅い中国にフラストレーションを溜めさせて自滅させ、高さで主導権を握らせなかったことに尽きる。そのディフェンスの要となったのが、前線からプレッシャーをかけ続けた吉田と、高さある選手を1対1で抑えた渡嘉敷。日本の大黒柱である二人が支えたことが、何よりの強みだった。

しかしそれでも、35点差とはずいぶんと差がついたものだ。ホームコートの中国を戦意喪失させるほどのディフェンス力と、オールコートを駆け抜ける走力を身につけたことは自信を持っていい。準決勝までは渡嘉敷を入れてチーム力を融合させる“我慢の展開”だったが、その苦しみを乗り越えたあとに待ち受けていた“爆発”が35点差となってアウェイのコートを支配したのだから。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
バスケットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【男子バスケットボール部】関東大学リーグ戦 vs筑波大学○71-68【東海スポーツ】

ターキッシュ エアラインズ bjリーグ、10月3日(土)試合結果【 bjリーグ最新情報ブログ】

2015' 男子第67回 北海道大学バスケットボール選手権大会 (インカレ予選) Game8 道都大●71-95○東海大札幌。【星槎道都大学 男子バスケットボール部 BraveFoxies】

ブロガープロフィール

profile-iconajps

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)は、1976年に設立された国内外の第一線で活躍するフリーランスを中心としたスポーツジャーナリストの集団です。
  • 昨日のページビュー:80
  • 累計のページビュー:579120

(06月30日現在)

関連サイト:日本スポーツプレス協会 公式ウェブサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コラム「羽生結弦が見せた精神力」
  2. コラム「今なお色褪せないF1シューマッハの神業ドライブ」
  3. コラム「グラチャンバレー 女子日本代表の注目選手は22歳のサウスポー」
  4. 「ホンダ不振の理由とF1界が抱える問題」Text 尾張正博
  5. コラム「1年で数年分の経験をした羽生結弦」text 折山淑美
  6. コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之
  7. コラム「川内優輝に負けない中本健太郎の“常識破り”」
  8. コラム「錦織のグランドスラム決勝進出を2年前に予言していた松岡修造氏」Text 矢内由美子
  9. コラム「『2020年 東京五輪』サッカーで輝きを期待させる大器たち」
  10. コラム「強いのか? 弱いのか? セレソンの現状」

月別アーカイブ

2016
04
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss