AJPS オフィシャル・ブログ

コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之

このエントリーをはてなブックマークに追加

■「単なるクラブ以上の存在」という誇り

 「単なるクラブ以上の存在」。バルセロナで受け継がれてきたこのテーゼには、様々な含蓄がある。まず政治の世界においては、カタロニアの自治独立を目指す運動のシンボルとなってきた。他方、ピッチ上では「テクニックに基盤を置く、良質なサッカーを追求するクラブ」を自任してきた伝統がある。両者が融合して誕生したのが、常に革新的なスタイルで世界の頂点を目指すという姿勢だ。  先日行なわれたCL決勝。バルサはユベントスを倒し、見事に欧州の頂点に返り咲いている。戴冠は5度目となり、ビッグイヤーを永久に保持する権利も与えられた。にもかかわらず歴史的な偉業にさほど脚光が当たっていないのは、単に強いだけではファンの支持を得られない、このクラブのバックグラウンドに遠因がある。

■独自の美学、哲学は失われたのか

 ペーニャ(クラブ公認のファンクラブ)に所属している友人に従えば、ルイス・エンリケが率いる現在のチームは、カウンター志向が強すぎるということになる。“ティキ・タカ”の名で呼ばれた、究極のポゼッションサッカーを実現したペップ・グアルディオラ時代に比べて、独自の美学や哲学が感じられないのだという。  むろん誤解のないように述べておくと、対戦相手や戦況次第では、バルサのボール支配率は今でも驚異的なレベルに上がっていく。CL決勝でさえ、支配率は62%対38%を記録した。ルイス・エンリケ自身、昨年の11月には次のように断言している。 「我々が探し求めているのはバージョンアップしたバルサだ。山や谷はあるだろうが、自分たちが信じる哲学に忠実でなければならない。我々はポゼッションを重視したゲームにこだわるし、その最高の形を目指す」  しかし配下の選手たちは、明らかに引き気味に構えてカウンターを狙うようになった。と同時に“ティキ・タカ”は、以前にも増して鳴りを潜めた。バルサのサッカーが、「アイディアリスティック(理想主義的)」なものから「リアリスティック(現実主義的)」なものへ変質したと評される所以だ。

■テクニックの活かされ方が変わった

 僕自身は、プレースタイルの変化そのものを云々するつもりはない。前線にはMSNトリオ(メッシ、スアレス、ネイマール)を擁しているし、バックラインには衰えが見られるのだから、慎重な戦い方に徹するのは理に適っている。ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイのトップストライカーが展開する速攻はシルクのごとく滑らかで、桁外れに破壊的でもあった。  またバルサからは、技術の高さが失われたわけでもない。カウンターベースの戦い方に移行すれば、ボールハンドリングのスピードと精度は、より求められるようになる。テクニックが軽んじられたのではなく、テクニックの活かされ方が変わったと捉える方が適切だ。

■ペップ・グアルディオラの求めるもの

 ならば、どこに問題があるのか。  現在のバルサに物足りなさを覚えてしまうのは、ポゼッションからカウンターへの路線変更というよりは、カウンターの方法論そのものに関して、斬新なアイディアを付け加えることができなかった事実に負う部分が大きい気がする。表現を変えるなら、今シーズンのバルサはサッカーの改革者(イノベーター)としての役回りを十分に全うできなかった。  かくして再びクローズアップされたのが、グアルディオラの存在である。  バイエルンの監督に収まった彼が、バーバリア地方で革命的なカウンターのモデルを提示できていたならば、バルサのファンも多少は溜飲を下げることができていただろう。サッカーの進化に寄与できなかったのは、ルイス・エンリケの力量不足によるものだと結論すれば済む。  ましてやグアルディオラは、ポゼッションサッカーを極めること自体が、もはや不可能になっていたと述べていたはずだった。昨年、ドイツで発行された話題の書「Herr Guardiola erste Bayern München Der」には、悲痛なまでの告解が綴られている。 「バルセロナを離れたのは、完全に消耗してしまったからだ。 (中略) 素晴らしいプレーはしていたけれど、僕は何かにすがるような気持ちになっていたし、戦術のアイディアはもう一つも残されていなかった(筆者訳)」  さらに述べれば、グアルディオラは、自分が率いていたバルサが“ティキ・タカ”いう単語と結びつけられることにさえ、アレルギーにも似た拒否反応を示している。 「“ティキ・タカ”とは、パス回しそのものを目的にすることだ。明確な目的なんて何もないし、意味もない。(中略)バルサは“ティキ・タカ”なんかやっていなかった。そんな説は完全にでっち上げだ。  (中略)ピッチの片側で相手に負荷をかけて、逆サイドをがら空きにさせる。そしてがら空きになったサイドで攻撃を仕掛けていく。だからこそボールをパスしなければならないんだ。パスを回す唯一の目的は、相手に負荷をかけることだ。“ティキ・タカ”とは何の関係もない(同)」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 text 田邊雅之

MSNの破壊力はサッカーの歴史に永遠に残るでしょうね。
ウイイレ並の前線で本当にバルサ史上3番目のドリームチームを作り上げてしまったエンリケの手腕には脱帽です。

こんな記事も読みたい

スティーブン・ジェラードについて英文エッセイを書いた件。【Footballに夢中】

カゼミロが復帰、ケディラはユベントスへ【レアルマドリードのある生活】

ビジャレアル、マラガの攻撃陣を支えた“2人のサムエル”を獲得【クラシコとリーガ優勝争いを現地ネタで盛り上がるブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconajps

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)は、1976年に設立された国内外の第一線で活躍するフリーランスを中心としたスポーツジャーナリストの集団です。
  • 昨日のページビュー:80
  • 累計のページビュー:579120

(06月30日現在)

関連サイト:日本スポーツプレス協会 公式ウェブサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コラム「羽生結弦が見せた精神力」
  2. コラム「今なお色褪せないF1シューマッハの神業ドライブ」
  3. コラム「グラチャンバレー 女子日本代表の注目選手は22歳のサウスポー」
  4. 「ホンダ不振の理由とF1界が抱える問題」Text 尾張正博
  5. コラム「1年で数年分の経験をした羽生結弦」text 折山淑美
  6. コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之
  7. コラム「川内優輝に負けない中本健太郎の“常識破り”」
  8. コラム「錦織のグランドスラム決勝進出を2年前に予言していた松岡修造氏」Text 矢内由美子
  9. コラム「『2020年 東京五輪』サッカーで輝きを期待させる大器たち」
  10. コラム「強いのか? 弱いのか? セレソンの現状」

月別アーカイブ

2016
04
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss