AJPS オフィシャル・ブログ

お知らせ「AJPS AWARD 2014を朴柱奉氏と寺本進氏が受賞」

このエントリーをはてなブックマークに追加

第8回AJPS AWARD 2014は会員及び実行委員からのノミネート者4名、寺本進氏(元セパタクロープレイヤー)、賀川浩氏(ジャーナリスト)、国枝慎吾(車いすテニスプレーヤー)、朴柱奉氏(バドミントン日本代表ヘッドコーチ)からの選考作業に入りました。 実行委員による協議、審議いたしました末、AJPS AWARD2014は朴柱奉氏と寺本進氏に決定いたしましたことをお知らせいたします。



【受賞理由】

朴柱奉 氏

アテネオリンピック後にヘッドコーチに就任後、男女ともに世界と戦える選手の育成と実績に目を見張るものがある。更に2014年は国別対抗の男子トマス杯で初優勝。女子のユーバー杯では2位と躍進を遂げ、来年行われるリオデジャネイロ五輪においても大いに期待できる、として選出されました。

寺本進 氏

日本セパタクロー界の第一人者であり、20年の長きに渡り第一線で活躍。また、単身、タイに渡り外国人としては初のプロリーグに参戦。2014年仁川アジア大会にて引退。長きにわたってマイナー競技を支えてきた功績は大きい、として選出されました。

【略歴】 ■朴柱奉(ぱくじゅぼん) 1964年12月5日 生まれ。国際大会において主にダブルスの選手として1980年代から1990年代半ばにかけて活躍。1992年のバルセロナ五輪男子ダブルス金メダル、1996年のアトランタ五輪ミックスダブルス銀メダル、世界選手権では通算5回の優勝、アジア大会では通算2回の優勝をあげる。2001年に国際バドミントン連盟(現・世界バドミントン連盟)の殿堂入りを果たす。 現役引退後にコーチとなり、母国の韓国やマレーシア・イングランドで実績をあげる。2004年から日本代表のヘッドコーチを務める。2008年の北京五輪で女子ダブルスがベスト4に進出し、2012年のロンドン五輪では女子ダブルスの藤井・垣岩組が史上初となる銀メダルを獲得する。 更に昨年の2014年、男子国別対抗戦トマス杯で悲願の初優勝、歴史的快挙を達成した。また女子国別対抗戦ユーバー杯では33年ぶりに決勝に進むが惜しくも準優勝に終る。来年のリオ五輪での益々の活躍が期待される。

■寺本進(てらもとすすむ) 1976年1月28日、広島県生まれ。山陽高校3年の時に地元広島で開催されたアジア大会のプレ試合に出場するためセパタクローに出合う。高校卒業後はセパタクローで亜細亜大学の一芸一能試験に合格。本格的にセパタクローに打ち込むと、すぐに頭角を現し日本代表のエースとして活躍する。2004年にはセパタクローの本場タイに渡り、唯一の外国人選手としてプロリーグに参戦。2010年まで実に7シーズンを過ごした。2010年の広州アジア大会では団体、ダブルの2種目で銅メダルを獲得。2014年、ダブルで銅メダルを獲得した仁川アジア大会を最後に、20年の現役生活にピリオドを打った。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
お知らせ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

レスリング部・東日本学生レスリングリーグ戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【採用情報】スポーツニッポン新聞社2016年度定期採用【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

全試合マスクをかぶれる‘正捕手’は必要か?【スポーツ えっせい】

東京マラソン 招致イメージビデオ【東京マラソンを墨田区に招致する会】

アジア第二集団最強チーム、野球フィリピン代表を掘り下げてみよう【世界の野球】

育成型期限付き移籍の積極利用を!~U-22の強化と若手選手の出場機会増を~【犬の意地】

2015年4月度 ウエイトリフティング木下選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

【閑話休題・8】北九州で日本代表に会った話【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

ブロガープロフィール

profile-iconajps

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)は、1976年に設立された国内外の第一線で活躍するフリーランスを中心としたスポーツジャーナリストの集団です。
  • 昨日のページビュー:36
  • 累計のページビュー:576938

(03月21日現在)

関連サイト:日本スポーツプレス協会 公式ウェブサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コラム「羽生結弦が見せた精神力」
  2. コラム「今なお色褪せないF1シューマッハの神業ドライブ」
  3. コラム「グラチャンバレー 女子日本代表の注目選手は22歳のサウスポー」
  4. 「ホンダ不振の理由とF1界が抱える問題」Text 尾張正博
  5. コラム「1年で数年分の経験をした羽生結弦」text 折山淑美
  6. コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之
  7. コラム「川内優輝に負けない中本健太郎の“常識破り”」
  8. コラム「錦織のグランドスラム決勝進出を2年前に予言していた松岡修造氏」Text 矢内由美子
  9. コラム「『2020年 東京五輪』サッカーで輝きを期待させる大器たち」
  10. コラム「強いのか? 弱いのか? セレソンの現状」

月別アーカイブ

2016
04
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss