AJPS オフィシャル・ブログ

「JAPAN RUGBY TOP LEAGUE 2014-2015」 Photo 井田新輔

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォトギャラリーをAJPS公式サイトで見る




2015年2月1日今季のジャパンラグビートップリーグの掉尾を飾るトップリーグプレーオフトーナメントLIXIL CUP2015ファイナル、パナソニックワイルドナイツ対ヤマハ発動機ジュビロの一戦はパナソニックが初の決勝進出を果たしたヤマハ発動機を30対12で退け2年連続3度目のトップリーグ王座を獲得した。

NZで名声を得たロビー ディーンズHCのもと、昨年のMVPプレーヤーベリック バーンズ、日本代表に名を連ねる田中史朗、堀江翔太、山田章仁を擁しファースト・セカンドステージで苦杯を喫した東芝とヤマハにプレーオフトーナメントでは雪辱を果たして堂々の2連覇であった。

いま日本のラグビーは2019年に開催されるラグビーワールドカップに向けて変革期を迎えつつある。

代表チームのさらなる強化、南半球最高峰リーグであるスーパーラグビーへの来年度からのフルシーズンの参戦、五輪種目となった7人制ラグビーへの継続的な強化などこれまでにない積極的な取り組みを見せており、それは昨年度の日本代表チームの好成績など成果も徐々にあげつつある。

しかし現在ラグビーを取り巻く環境は4年後に向けて楽観視できる要素は残念ながら多くはない。

いま日本のラグビーに必要なことはトップカテゴリーの強化と同時にジュニア層へのラグビーの普及あるいはスポーツに関心を持つ人々へのプロモーションなど裾野まで広範囲かつ地道な活動を同じウエイトで展開することではないだろうか。

ラグビーワールドカップは単にホスト国あるいは参加国の勝敗のみならずその国のスポーツを取り巻く環境を含めた多くの事柄がラグビーを通して問われる場でもある。

2019年秋、オープニングマッチで新国立競技場のピッチに立つ桜のジャージのフィフティーンは日本ラグビーの歴史にどんな一章を書き加えてくれるのだろうか。


<著者・撮影者紹介>

井田新輔(いだしんすけ) 1961年東京生まれ。 明治大学政経学部卒。4年余りの会社員生活ののち写真への想い立ちがたく1989年よりフリーランスフォトグラファーとして活動を開始。 現在はラグビー、プロ野球の取材をメインにスポーツグラフ誌、専門誌、書籍の装丁等を中心に活動している。ラグビーW杯は1999年ウェールズ大会より4大会連続で取材している


2015年2月22日更新

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フォトギャラリー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

元気便り【グラウンドから愛を込めて】

第19回東海高校選抜ラグビー大会1日目【グラウンドから愛を込めて】

にしやん松戸ラグビー教室2015-7【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconajps

一般社団法人 日本スポーツプレス協会(A.J.P.S)は、1976年に設立された国内外の第一線で活躍するフリーランスを中心としたスポーツジャーナリストの集団です。
  • 昨日のページビュー:80
  • 累計のページビュー:579120

(06月30日現在)

関連サイト:日本スポーツプレス協会 公式ウェブサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. コラム「羽生結弦が見せた精神力」
  2. コラム「今なお色褪せないF1シューマッハの神業ドライブ」
  3. コラム「グラチャンバレー 女子日本代表の注目選手は22歳のサウスポー」
  4. 「ホンダ不振の理由とF1界が抱える問題」Text 尾張正博
  5. コラム「1年で数年分の経験をした羽生結弦」text 折山淑美
  6. コラム「なぜバルサは欧州CLの真の勝者ではなかったのか」 Text 田邊雅之
  7. コラム「川内優輝に負けない中本健太郎の“常識破り”」
  8. コラム「錦織のグランドスラム決勝進出を2年前に予言していた松岡修造氏」Text 矢内由美子
  9. コラム「『2020年 東京五輪』サッカーで輝きを期待させる大器たち」
  10. コラム「強いのか? 弱いのか? セレソンの現状」

月別アーカイブ

2016
04
02
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss