スポーツと共に・・・

スポーツを楽しむ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

20070205-00.JPG
20070205-01.JPG
スポーツを楽しむのは様々な方法があります。スタジアム・アリーナなどに行く生観戦だけがスポーツを楽しむ手段ではありません。日本でも最近増えていますが、スポーツバーやレストランにまで様々なイベントやスポーツを現地に行かなくても楽しむ方法は色々あります。これらの仕事もスポーツマネージメントが関わってきたりします。現地以外でどのようなイベントを開催し、多くの人々を楽しませることができるのか。今日はアメリカの最大イベント、SUPER BOWLです。このイベントもチケットを持っている人だけではなく、マイアミでは地域の人々や他の観光客が楽しめるように様々なエンターテーメントが繰り広げられているはずです。 上の写真はスポーツ観戦用のレストランです。普通のファミレスのような場所なのですが、大スクリーンが四つ並んでいて、それぞれの音声を好きに変更できるスイッチが各席に設置されています。友達とはよく、普通のテレビでは物足りないときに訪れたりしています。そしてレストランもオハイオ州ということでOhio State・Cleveland Indians・Cavaliers・Brownsの写真やロゴなどで壁はデザインされています。スポーツファンにとっては本当に食事・スポーツ観戦共に楽しめるハーレムです。 そしてスポーツを楽しむもう一つの方法に実際プレイをするという当たり前な方法もあります。アメリカの大学ではIntramural Sportsと言って、各シーズンごとに友達とチームを組み大学内でリーグ戦を行なったりします。主なスポーツはタックルなしのフラッグフットボール、バレーボールやバスケットボールです。様々なスポーツに触れ合うことができるのは、日本の部活動システムにはない良さかもしれません。部活動というのにも長い間同じチームメイトとプレイする事で生まれる一生の絆という良さもありますが。いつかこの二つが融合したシステムが日本でも生まれて欲しいですね。そして、現在自分のチームは1勝3敗と苦しいシーズンとなってしまっていますが、自分としては平均二桁得点で先日過去最高の20点を奪取しました。アメリカ人に囲まれてこのような活躍が出来たのは嬉しかったですね。 スポーツを楽しませる、楽しむ方法はお互い色々あると思います。友達と団欒しながのテレビ観戦・実際にプレイしてプロ選手は本当に凄いんだなと実感することや視点を変えれば感じれる部分は底知れないでしょう。自分も将来はなんらかの形でスポーツに関わったあと、理想的としては老後にスポーツを生観戦できなくても楽しんでもらえるようなスポーツレストランやバーなどに関わって一生スポーツを楽しんでいきたいですね。その前にはまともな仕事につけて、収入を得ないと実現は不可能ですが。笑 




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツエンターテーメント
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconairyo3

[[center|airyo3-105667.jpg]]

アメリカのシアトル・LAに2歳から合計9年間住んでいて、日本で同志社国際中高を経て、オハイオ州にあるBaldwin-Wallace Collegeを卒業。Sport Management専攻、Business Administration副専攻で大学のSports Information Officeでインターンシップや世界陸上ボランティアを経験。2007年秋学期に違うスポーツの世界を学ぶためイギリスへ3ヶ月の留学も経験。2008年シーズンから二年間メジャーリーグの球団:Cleveland Indiansでメディア・リレーションズインターン兼通訳として働きました。
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:511943

(09月02日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日米スポーツの違い。
  2. メジャーリーガーの必須アイテム
  3. スポーツマネージメント
  4. アメリカのスポーツ文化
  5. 中田英寿・野茂英雄~二人のパイオニア
  6. 名門大学の姿 ~Notre Dame~
  7. フィジカルスポーツ
  8. スポーツを楽しむ。
  9. バスケ文化を変えるためには!?
  10. Lebron Jamesドキュメント映画

月別アーカイブ

2010
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年09月02日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss