「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ

月別アーカイブ :2011年11月

勝って、勝って、勝って。 最後の最後に負けるのか。

勝って、勝って、勝って。 最後の最後に負けるのか。 ラインハルトの気持ちが、少しわかったアジアシリーズ。 ホークスは 交流戦、レギュラーシーズン、クライマックスシリーズ、日本シリーズ に続く、最後のタイトルにはわずかに届かず。 5冠ならず、2011シーズンを終了しました。 アジアシリーズ 2011 決勝戦 2011/11/29 (火) @台湾 福岡ソフトバンクホークス......続きを読む»

アジアシリーズ直前。 9年前の台湾での公式戦を思い出した。

アジアシリーズが、台湾で開催されるそうです。 し、知らなかった。。 ということですが、ホークスは 小久保、松中、和田、杉内は帯同せず。 ホールトン、ファルケンボーグも帰国。 大隣は、海外ウィンターリーグへ出発。 といったメンバーでの戦い。 まあ、長いシーズンも、日本シリーズも頑張ってくれたので、休んでいただくと。 そして、来年いないメンバー (和田、杉内、ホールトン) でも、......続きを読む»

ホークス日本一を振り返る。 投手陣編。

ホークス日本一の余韻は続く。(笑 いいじゃん、8年ぶりなんだからさ。 ということで、日本シリーズを振り返る、投手陣編。 日本シリーズの先発ローテは、 和田、杉内、攝津、ホールトン、山田、 和田、杉内。 奇をてらうことなく、オーソドックスな編成。 そして、大崩することなく、5回以上2失点以下に押さえてくれました。 早い回に失点したのも、2失点したのも、 クライマックスから数え......続きを読む»

ホークス日本一を振り返る。 打撃陣編。

ホークス日本一の余韻は続く。(笑 いいじゃん、8年ぶりなんだからさ。 ということで、日本シリーズを振り返る、打撃陣編。 オーダーの変遷からみてみると 1番・川﨑、2番・本多、3番・内川が、シーズン同様に7戦不動。 中軸は、第1・2戦が 4番・松田、5番・長谷川、6番・小久保、7番・多村、 と、シーズン終盤のパターンを踏襲、 弊ブログ直前予想の 「4番カブレラ外し」 を実施しま......続きを読む»

ホークス日本一の余波、メディア編。 あのデイリーが。

ホークス、8年ぶりの日本一。 興奮さめやらず、日曜夜は翌日仕事だというのに、ニュースを梯子。(笑 まずは、日本テレビ23:45から。 おつぎは、フジテレビすぽると! ワールドカップ・バレーが40分延長したので、翌0:35始まり。 TBSのS-1は、シリーズの中継自体が延長したので、翌1:15スタートと。 全て、時間差で観られるは、録画も可能だわで、うはうは。(笑 ただし、第7戦......続きを読む»

ホークス日本一! 分れ目は第5戦、中4日チェンに賭けた竜、1年の取り組みが結実した鷹。

ホークス、8年ぶり、日本一! やった、やりました! あの強いドラゴンズに勝っただけに、嬉しさは格別ですね! 選手、監督、スタッフの方々、お疲れ様でした! そして、ホークス・ファンだけでなく、 全てのパ・リーグ党の皆さん、この喜びを分かち合いましょう! 誰ですか? ホークスが、短期決戦弱いって云うヒトは! 短期決戦に弱いんじゃなくて、 パ・リーグ2位・3位のチームは、1位チ......続きを読む»

勝って涙の泣き虫エース。 日本一を、FA移籍の手土産に。

2003年、ホークスが日本一になったときは 福岡ドーム ○○ 甲子園 ××× 福岡ドーム ○○ 完全・内弁慶シリーズでした。 今回は、まったく逆で 福岡ドーム ×× ナゴヤドーム ○○○ 福岡ドーム × さて、いかに 日本シリーズ 2011 第7戦 2011/11/20 (日) @福岡ヤフー・ジャパン・ドーム 福岡ソフトバンクホークス - 中日ドラゴン......続きを読む»

ドラ先発はネルソン?山井? 中6日の吉見よりマシ、と思って戦おう!

初戦チェンの先発は、ある。 吉見・チェンの4試合のうち、3敗は仕方ない。 ただし、ナゴヤは3つ、いただく。 怖いくらい、私の予想どおり、シリーズが進んでいますが 逆王手をかけられたホークスのほうが、追い詰めれた感ありあり。。 しかし。 第7戦、ドラゴンズの先発が ネルソンだろうが、川井だろうが、山井だろうが。 中6日で吉見が来るより、マシだろうと。 それくらいの気持ちで......続きを読む»

2000年の巨人以来、2連敗→4連勝で日本一・・とはいかず。。

崖っぷち竜が、得意の2-1で制して、いざ最終決戦へ! 日本シリーズ 2011 第6戦 2011/11/19 (土) @福岡ヤフー・ジャパン・ドーム 福岡ソフトバンクホークス 1-2 中日ドラゴンズ (3勝)                          (3勝) 第1・2戦を、ホームで連敗したチームが、 逆転日本一になったのは、これまで、2ケースしかないそうです。 その......続きを読む»

勝利の空へ! 2003年と同じく、胴上げ投手は和田で。

2003年の日本シリーズ、第7戦。 ホークス最後の日本一となったマウンドで 胴上げ投手となったのは、今日、先発予定の和田毅。 新人王を獲得した、ルーキー・イヤーでした。 あれから、8年。 今オフにも、海外FAが濃厚な和田は、 おそらく、福岡ドームのマウンドに上がる姿が見納めになります・・ 日本シリーズ 2011 第6戦 2011/11/19 (土) @福岡ヤフー・ジャパン・ド......続きを読む»

ホークス、日本一へ王手。 8回無死満塁で河原はアリなのか・・?

「うちの選手はいつも、  瀬戸際に追い詰められないと、本気にならない」 日本シリーズ第5戦、敗北をうけての落合監督の談話。 それは、余裕か、諦観か。 2勝2敗のタイながら、追い詰められていた、 と感じていたのは、ホークスファンの私だけでしょうか・・ 日本シリーズ 2011 第5戦 2011/11/17 (木) @ナゴヤ・ドーム 福岡ソフトバンクホークス 5-0 中日ドラゴ......続きを読む»

ドラ以上にドラらしい野球で、ホークス、タイに。 「明日なき戦い」は続く。

日本シリーズ第4戦。 ホークス、敵地ナゴヤで連勝、タイに! エントリーが、第6戦前になりましたが、 ナゴヤドームでの観戦記、ぜひ読んでください! 日本シリーズ 2011 第4戦 2011/11/16 (水) @ナゴヤ・ドーム 福岡ソフトバンクホークス 2−1 中日ドラゴンズ (2勝)                          (2勝) 数少ないチャンスを、徹底......続きを読む»

ナゴヤドームなう。

ドラゴンズファンの連れと、 日本シリーズで戦うことになったら一緒に見よう! と、約束して。 2004、2010とホークスが不甲斐ないせいて反故にして。 今日、ようやく約束が守れます! 日本シリーズ 2011 第4戦 2011/11/16 (水) @ナゴヤ・ドーム 福岡ソフトバンクホークス − 中日ドラゴンズ いきなり電車に乗り遅れ(汗 試合開始ギリギリの到着、 先が思......続きを読む»

片目が開いたホークス、あとは! ナゴヤで観たいぞ、アゴタッチ!

ああ、とりあえず、ようやく片目が開きましたね。 しかし、12安打で4点、そのうち3点がホームラン、と。 まだまだ、ホークスらしくないというか。 ドラゴンズの流れを止めきれてない、、かなあ。 {日本シリーズ 2011 第3戦} 2011/11/15 (火) @ナゴヤ・ドーム 福岡ソフトバンクホークス 4-2 中日ドラゴンズ 打線は、4番・5番を入れ替えました。 初回、1死1・2......続きを読む»

初戦チェン、打線沈黙、連敗は・・想定内(やせがまん。 福岡へ帰るポイントは。

初戦チェン先発、想定内。 ホークス打線沈黙、想定内。 連敗、想定内。 日本シリーズ・プレビューのエントリーで 吉見の中5日嫌って、チェンが来ても驚かない、 吉見・チェンの4試合で、3敗は覚悟、 と、書いてはおきましたが。 実際、連敗くらうと、こたえるなあ。。 選手たち、そして馬原は、もっと堪えてるんでしょうけど。 和田毅は、和田ベンちゃんに気をつけよう、 昨シリーズM......続きを読む»

秋の名勝負3選。 江夏の21球、10.19ダブルヘッダー、10.8同率決戦。

熱闘!日本シリーズ。 ホークス、無念の2連敗。。 レビューを書く気力もなく。。 と、いうことで。 秋の名勝負3選。 その一。 1979年、日本シリーズ第7戦、広島-近鉄。 いわゆる、『江夏の21球』。 そのニ。 1988年10月19日、近鉄-ロッテ、ダブルヘッダー。 いわゆる、『10.19』 その三。 1994年10月8日、巨人-中日、史上初同勝率同士の最終戦......続きを読む»

開戦、日本シリーズ。 ホークス打線 vs 竜投手陣。

日本シリーズ。 ホークスファン目線のプレビュー、第2弾。 【鷹打線 vs 竜投手陣】 キーマンは、4番カブレラ。 ・・を、外せるか、どうか。(笑 勝ってるうちは、外しにくいので。(笑 NHKサンデースポーツで、 「カブレラ攻略法」 なるものがやってましたが 特別なことやらなくても、普通に投げてれば、抑えられるはず。(泣 つまり、カブレラを堂々とスタメンから外せる......続きを読む»

ホークス日本一のために。 浅尾が毎試合、登板する展開に?

杉内FA移籍か?で揺れるホークス。 日本シリーズ前に誰だ?リークした奴は! さて、そのシリーズ。 参考までに交流戦の結果は、3勝1敗でホークス。 ○ H (山田) 1-0 D (ネルソン) × ○ H (和田) 6-0 D (チェン) × ○ H (和田) 5-3 D (チェン) × → 交流戦優勝決定 × H (ホールトン) 2-5 D (吉見) ○ 1点差、2点差、3......続きを読む»

チア元キャプテンと、2ショットで。

今回のボランティアは、3年ぶりにbjTVのカメラを担当。 去年・一昨年は、スチールカメラばかりでしたが 初年度は、記念すべき開幕戦を含め、bjTVカメラを8試合やってました。 本当にひさしぶり。 最初の頃は、ビデオテープで。 前半用・後半用・その他(試合開始前、試合後記者会見)と、 テープを3本入れ替えてたのですが、SDカード1枚となったのが時代ですね~ カメラワークも、ゴール......続きを読む»

ホークスCS初制覇の必然。 勝って涙の男たち。

1-1、12回表、2死。 ライオンズ大崎が簡単に初球を打つと、 白球は、ライト多村のグラブにすっぽりと収まった。 プレイオフ創設以来、レギュラーシーズン最高位で挑むこと、4度目。 3連勝、スイープ。 決まるときは、こんなにもあっさりと決まるものか。 おめでとう、ホークス! ついに、遂にクライマックス・シリーズ優勝だ。 12回裏を迎えるホークスベンチ。 小久保キャプテンが......続きを読む»

ホークス王手☆☆☆ 8年分の想いをのせて、代打・松中満塁アーチ!

獅子の守護神から、地を這うようなスライダーがくりだされる。 我らが背番号3、全盛期を思いおこさせるスイング一閃。 インコースをつまり気味に、押し込むように、なぎはらう。 逆スピンがかかった白球は、ホークスファンの待つライトスタンドへ・・ クライマックス・シリーズ・パ ファイナル・ステージ 第2戦 2011/11/04 (金) @福岡ヤフー・ジャパン・ドーム 福岡ソフトバンクホーク......続きを読む»

ホークス先勝☆☆ 1、2、3、(内川) 「ダ」 ーっ!

やりましたね~ まずは先勝、これで2勝。 しかしまだ、何物をも得られていません。 心は燃えて、しかし頭は冷静に。 残り2つ。 頑張っていきまっしょい! クライマックス・シリーズ・パ ファイナル・ステージ 第1戦 2011/11/03 (木) @福岡ヤフー・ジャパン・ドーム 福岡ソフトバンクホークス 4-2 埼玉西武ライオンズ (2勝 ※アドバンテージ含む)   (2敗) ......続きを読む»

開戦、ファイナル・ステージ。 ホークス打線 vs 獅子投手陣。

パ・クライマックス・シリーズ、ファイナル・ステージ。 ホークスファン目線のプレビュー、第2弾。 【鷹打線 vs 獅子投】 予想オーダー 1 (遊) 川﨑 2 (ニ) 本多 3 (指) 内川 4 (三) 松田 5 (一) 小久保 6 (中) 長谷川 7 (右) 福田 8 (左) 明石 9 (捕) 細川 カブレラは復帰するのかな? まず初戦は、優勝メンバー+小......続きを読む»

クライマックス・プレビュー。 ホークス投手陣 vs 獅子打線。

パ・クライマックス・シリーズ、ファイナル・ステージ開幕。 ホークスの対ライオンズ戦績は、15勝5敗4分け。 1年かけて、5敗しかしなかった相手に 6日で4敗できるかって話です。 とはいっても、去年のこともありますし、1戦必勝。 それ以上に、使える選手・使えない選手を 初戦から見極める必要があります。 「勝ってるうちは、いじらない」 とはいいますが ベンチの選手も早めに出し......続きを読む»

クライマックス要る?要らない? 私、鷹党ですが、必要です!

ホークスファンの私は、 「いつも日本シリーズに出られなくて可哀想やな  クライマックスシリーズなんか、やらなければいいのに」 と、慰められることが多いのですが。 強がりではなく、別にそんなことは、ないのです。 2004年 レギュラーシーズン、1位 クライマックス第2ステージ、2勝3敗で、ライオンズに敗退  ※レギュラーシーズン2位のライオンズが、パ・リーグ優勝 2005......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconagnis1969

管理人:くーまん
岐阜県生まれ。
京都で学生時代を謳歌した
バブル世代。
現在は、湖国在住。
  
マール・ブランシュのモンブランと
浜田省吾を、こよなく愛する
『体脂肪率8%』 の漢。
 
2010年春、
双子の息子と娘を授かり、
仕事・家事・育児に驀進中
な為、ブログは「週刊」化。
 
ホークス・ファン歴’82~
K-1ナマ観戦歴’96~
滋賀レイクスターズの
ボランティア歴’07~
(参入0年目から)
シィカさん親衛隊No.2、
改めフキさん近衛隊先鋒
 
愛機ニコンを片手に
アリーナへ、スタジアムへ。
初号機D50 (2006/02~)
弐号機D5100 (2011/09~)
 
ブログ開設:2006/11/01
(それ以前のアーカイブは
 ココログから転載)
 
画像、図表、文章などの
著作権は、特記のない限り、
管理人にあります。   
選手名を呼び捨てにしている
場合がありますが、
他意はありません。
論理性、道徳性に欠ける
コメントは削除される
可能性があります。
誤字脱字、事実誤認記事が
ある場合は御指摘ください。
  • 昨日のページビュー:63
  • 累計のページビュー:5448380

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 盗まれた 『五輪韓国人選手、竹島アピール問題』 レポ。
  2. 消された日本代表選手。 冤罪を認めない、Jリーグの”闇”
  3. 東京 ”ドームラン” 批判を、嘆く。
  4. 大阪桐蔭、うちとったり。 されど、3季連覇を止めた代償は大きかった。
  5. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。~J1・J2まとめ~
  6. センバツ。 イチ押し1年生エース(新2年)、無念の敗退。。
  7. グラゼニ。 12球団総年俸事情。
  8. 1勝の格差。 選手年俸的に最も効率よく、勝ちを積み重ねた球団は。
  9. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。
  10. 西武と巨人のドラフト10年戦争。

月別アーカイブ

2017
07
06
02
2016
11
10
09
08
07
06
04
03
2015
10
09
07
06
05
03
02
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss