「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ

月別アーカイブ :2009年11月

アリスター・オーフレイム。 『K』 の秩序を、破壊せし者。

アリスター・オーフレイム。 破壊者。 破壊するのは、自転車ではなく。 『K』 の秩序。 2008年7月。 元K-1王者、マーク・ハントをアームロックで秒殺。 2008年9月。 Kの技を基に、Pの頂に立ったミルコ・クロコップを、戦闘不能に。 (ノーコンテスト) 2008年12月。 『CHANGE』 を推し進めるバダ・ハリを、1RKO。 200......続きを読む»

K-1 WGP FINALは、SRSで観よう! 歴代特典は、コレだ。

今回は、閑話休題。 ’97年からの東京ドーム大会から、 ’02年大会 (ボブ・サップ劇場) を除いて、 決勝大会は、通算11回、観戦しましたが。 今年は、ひさしぶりに行けません。。 最近は、SRSでも、結構、簡単に取れますが。 ’97年は、電話が繋がらず (・・時代!)、スタンド席しか取れず。 あと1回、SRSで申し込んだのに、RSしか取れなかったことがありました。......続きを読む»

グーカン・サキ。 時代は廻るのか。

グーカン・サキ。 トルコ (共和国) の英雄。 昨年は、最終予選をぶっちぎりで突破すると、 開幕戦も、老雄レイ・セフォーを延長で凌いで、Final.8に。 レミー・ボンヤスキーには、手痛いKO負けをしましたが。 エロール・ジマーマン、エヴェルトン・テイシェイラとともに K-1新時代を背負う若人として、人気・実力とも申し分ナシ! 今年は、昨年を上回る活躍を・・ と、思っ......続きを読む»

エロール・ジマーマン。 ボーン・クラッシャー。

エロール・ジマーマン キュラソー島出身。 キュラソーは、オランダ領アンティル (州に相当する行政区画) の中心をなす。 カリブ海はベネズエラ北に浮かぶ、種子島とほぼ同じ面積の小島。 当初、ジマーマンは、スリナム出身、となっていたような。 (位置関係は、西からベネズエラ、ガイアナ、スリナム) このへん、出身国を多国籍風にみせたい?思惑が・・ (レミー・ボンヤスキーは、スリナム......続きを読む»

ジェロム・レ・バンナ。 残された時間。

ジェロム・レ・バンナ フランス共和国出身。 開幕戦では、武蔵 (負けたら) 引退試合の相手を務めたとはいえ。 自身も、『WGPは、今年が最後』 との声もあり。。 残された時間は、それほど多くはありません。。 というか、「決勝大会キャンセル」 の声もちらほら・・ さて、そのバンナ。 御存知のように、開幕戦のあと、ボクシング・マッチに出場しています。 ボクシング 4回......続きを読む»

エヴェルトン・テイシェイラ。 未だ、発展途上。

エヴェルトン・テイシェイラ ブラジル連邦共和国、サンパウロ州出身。 2007/11/16。 第9回全世界空手道選手権大会を制し、 外国人選手として2人目の、極真空手世界王者となる。 K-1デビュー後、1年8か月で、8試合7勝2KO1敗。 K-1ルール、11戦での最速・最短WGP王者を目指す。 (おっと、相手のアリスターは、更に少なくて、僅かキック7戦でした) K-1 ......続きを読む»

ルスラン・カラエフ。 再び、名勝負を。

ルスラン・カラエフ 出身地、北オセチア共和国。 ロシア連邦を構成する85の地方行政体のなかでも、最西端、かつ、最南端。 黒海とカスピ海に挟まれた内陸にあり、国境南部はグルジアと面している。 紛争で良く聞くチェチェン共和国は、東側のイングーシ共和国の隣りに位置している。 北オセチアは、露鵬、白露山、若ノ鵬 (全て引退)、阿覧などの関取を生み、 また、隣国グルジアは、リングスなどでも......続きを読む»

ピーター・アーツ。 陽は、また昇る!

『準々決勝で勝利しましたレミー・ボンヤスキー選手ですが  ステファン・レコ選手の度重なる下腹部への攻撃により、  ダメージが深く、ドクターストップが掛かりました。  準決勝へ進出する第一優先権は、  ボンヤスキー選手に敗れたステファン・レコ選手にありますが  レコ選手もダメージが大きく、ドクターストップとなりました。  K-1オフィシャルルール第15条第4項を適用し、  第ニ優......続きを読む»

魔裟斗vsサワー決定、DREAMと戦極が合体(?)、角田さん処分。

ひさびさの更新になってしまいました。 最近、スポナビ・ブログでも、待望のK-1ブログができたりして。 嬉しいかぎり。 読ませて、楽しませてもらうだけで、なんか満足していたのですが。 今週1週間、ひょんなことで、連れ逢いが家を空けまして。 鬼の居ぬまに、命のなんとか。 夜な夜な、MAX完全版やら、WGP開幕戦CS版やら見直してましたら。 また、意欲が湧いてきました。 や......続きを読む»

工藤公康、ライオンズ復帰へ。 菊池雄星と・・!

小学生の頃。 初めて連れてきてもらった、夏の甲子園。 マウンド上、Meidenの文字が入った左腕、 工藤公康投手を、憧れの眼差しで見つめていました。 今年の夏。 「どうしても、観たい」と 28年ぶりに向かった甲子園。 そこには、涙にくれるサウスポー、菊池雄星投手がいました。 その二人が、2010シーズン、 ライオンズで一緒に......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconagnis1969

管理人:くーまん
岐阜県生まれ。
京都で学生時代を謳歌した
バブル世代。
現在は、湖国在住。
  
マール・ブランシュのモンブランと
浜田省吾を、こよなく愛する
『体脂肪率8%』 の漢。
 
2010年春、
双子の息子と娘を授かり、
仕事・家事・育児に驀進中
な為、ブログは「週刊」化。
 
ホークス・ファン歴’82~
K-1ナマ観戦歴’96~
滋賀レイクスターズの
ボランティア歴’07~
(参入0年目から)
シィカさん親衛隊No.2、
改めフキさん近衛隊先鋒
 
愛機ニコンを片手に
アリーナへ、スタジアムへ。
初号機D50 (2006/02~)
弐号機D5100 (2011/09~)
 
ブログ開設:2006/11/01
(それ以前のアーカイブは
 ココログから転載)
 
画像、図表、文章などの
著作権は、特記のない限り、
管理人にあります。   
選手名を呼び捨てにしている
場合がありますが、
他意はありません。
論理性、道徳性に欠ける
コメントは削除される
可能性があります。
誤字脱字、事実誤認記事が
ある場合は御指摘ください。
  • 昨日のページビュー:141
  • 累計のページビュー:5485068

(09月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 盗まれた 『五輪韓国人選手、竹島アピール問題』 レポ。
  2. 消された日本代表選手。 冤罪を認めない、Jリーグの”闇”
  3. 東京 ”ドームラン” 批判を、嘆く。
  4. 大阪桐蔭、うちとったり。 されど、3季連覇を止めた代償は大きかった。
  5. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。~J1・J2まとめ~
  6. センバツ。 イチ押し1年生エース(新2年)、無念の敗退。。
  7. グラゼニ。 12球団総年俸事情。
  8. 1勝の格差。 選手年俸的に最も効率よく、勝ちを積み重ねた球団は。
  9. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。
  10. 西武と巨人のドラフト10年戦争。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
02
2016
11
10
09
08
07
06
04
03
2015
10
09
07
06
05
03
02
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss