「ビバ!だらだら」 湖国スポーツ

ビバ!蹴球 (日本代表)

ドーハの悲劇から、今日で20年。 あの日、あの時、貴方は?

1993年10月28日。 カタールはドーハ、アルアリ・スタジアム。 FIFAワールドカップ・アメリカ大会、 アジア地区最終予選、最後の第5戦。 悲願のワールドカップ初出場を目指す日本代表は イラク代表を2対1とリードしたまま、 試合は後半ロスタイムを迎える。 イラクが、ショートコーナー。 (思えば、「ショートコーナー」という言葉を  初めて明確に意識したのは、このときだ......続きを読む»

なでしこ佐々木監督に、ロンドン五輪引き分け狙いの件を訊いてみた。

「ロンドン五輪、グループリーグ第3戦、  引き分け狙いは、最初から指示していたのですか?  それとも・・」 問う、私こと、くーまん。 応えるは、なでしこJAPAN監督、佐々木則夫氏。 「君は、どこかの記者さんかな? (苦笑」  ・・・というわけですが。  この件について、こんなに詳しく話したのは、初めてだよ。 (苦笑」 甲賀市工業会5周年記念事業 ......続きを読む»

中国には、国際試合を開催するメンタリティーは、無い。

中国には、国際試合を開催するメンタリティーは、ありません。 東アジア選手権 第2戦 2008/02/20(水) @中国・重慶 日本代表 1-0 中国代表  得点 ; 山瀬功治 (前半17分) 《少林サッカー》 後半10分。 縦パスで抜けた安田理大、GKと1対1の絶好機を迎えるも・・ 中国GKゾン・レイ が、安田に飛び蹴り。 ・・安田は、担架で運ばれ、病院送りに。。 ......続きを読む»

東アジア選手権!

東アジア選手権 第1戦 2008/02/17(日) @中国・重慶 日本代表 1-1 北朝鮮代表  得点 ; 前田遼一 (後半24分) 東アジア選手権緒戦・北朝鮮戦は、 なんとかかんとか痛み分け、ドローとなりました。   試合開始直後から、パスミス、トラップミスが頻発し 「なんか、浮き足立っているなあ・・」 と、感じはじめた、前半5分。   先発2度目のCB水本裕貴が......続きを読む»

いざ! 東アジア選手権。

いよいよ、東アジア選手権ですね~ 主力選手の欠場があいついでいますが・・ 岩政大樹、安田理大、水本裕貴、田代有三・・ 代表初選出の若手選手には、ビッグ・チャンス。 スタメンでなくとも、インパクトのあるプレーを魅せてほしいですね。 さて。 岡田監督の選手交代といえば、『ジョホールバルの歓喜』 ”KINGカズの交代” ”2枚同時交代” が、想い出深いですが。     そ......続きを読む»

いまさらながら。。 日本 vs タイ戦。

ワールドカップ・南アフリカ大会 アジア3次予選 第1戦 2008/02/06(水) @埼玉スタジアム 日本代表 4-1 タイ代表  得点 ; 遠藤保仁 (前半21分)        大久保嘉人 (後半9分)、中澤佑二 (後半21分)、巻誠一郎 (後半46分)        ティーラテープ・ウィノータイ (前半22分)   いやー、いい滑り出しをみせてくれましたね。 セットプ......続きを読む»

はやくも、ワールドカップ予選。 いざ、タイ戦!

キリンチャレンジ・カップ 国際親善試合 2008/01/30(水) @国立競技場 日本代表 3-0 ボスニア・ヘルツェゴビナ  ※得点 : 中澤佑二 (後半23分)、山瀬功治 (後38分、43分) 身を焦がすような緊張感は、最終予選になってからでしょうが。 3次予選とはいえ、W杯予選です。 速いですねえ。。   先日のボスニア戦。  緒戦の戦・スコアレスドローとはうってかわ......続きを読む»

岡田ジャパン。 初陣は、4-1-3-2!

キリンチャレンジ・カップ 国際親善試合 2008/01/26(土) @国立競技場 日本代表 0-0 チリ代表 岡田ジャパン、初陣はスコアレス・ドローでした。。 まっ、しかたないですね。。 プレビューにも書いたとおり、  まずは、守備はしっかりと。  攻撃は単発で・・   少しは個々人のアピール・個性が見られるか・・ぐらいでしょうか。 そういう意味では、 デ......続きを読む»

岡田ジャパン ver. 2008、戦い始め!

キリンチャレンジ・カップ 国際親善試合 2008/01/26(土) @国立競技場 日本代表 - チリ代表 2008/01/30(水) @国立競技場 日本代表 - ボスニア・ヘルツェゴビナ ワールドカップ・南アフリカ大会 アジア3次予選 第1戦 2008/02/06(水) @埼玉スタジアム 日本代表 - タイ代表 早くも、岡田ジャパン ver. 2008の ”戦い始め......続きを読む»

スポナビ・アワード2007は、浦和レッズ。

『スポナビ・アワード 2007』 私も、毎年、投票しておりますが・・ 2007年の受賞者が、決定しました! 浦和レッドダイヤモンズ 関係者、サポーターのみなさん、おめでとうございます! 2位 「星野ジャパン」 に、2倍以上の大差をつけて ぶっちきりの1位でした。 アジア・チャンピオンズ・リーグを制し クラブ・ワールド・カップで、ACミランに挑む。 その姿は......続きを読む»

天皇杯。 さすがの鹿島、そしてナゼ広島は。。

天皇杯 第87回 全日本サッカー選手権大会 決勝戦 2008/01/01(火・祝) @東京・国立競技場 鹿島アントラーズ 2-0 サンフレッチェ広島                         1 【前半】 0                         1 【後半】 0  ※得点 ; 内田 (前半8分)、ダニーロ (後半ロスタイム) Jリーグとの2冠を狙うアントラー......続きを読む»

2007回顧。 アジア杯3連覇を逃す。

『2007年を振り返るシリーズ』、第6弾。 《7月 アジア杯、3連覇を逃す》 前回、2004年・中国大会。 ひとつひとつの試合における戦術だけでなく。 大会全体を睨んだ戦略、そして、次代を見越した育成方針・・ 『内容』 に文句をつけられながらなぜか劇的な勝利を重ねて・・ 連覇という 『結果』 は勝ち取ったジーコ・ジャパン。 今回は、『内容』 を伴った 『結果』 を求めら......続きを読む»

ジョホールバルの歓喜から10年。。 オシム監督、倒れる。。

ワールドカップ・フランス大会 アジア地区第3代表決定戦 1997/11/16 @マレーシア・ジョホールバル・ラーキンスタジアム 日本代表 3 【延長 ゴールデンゴール】 2 イラン  得点 : 中山雅史 (前半39分)、 城彰二 (後半31分)、岡野雅行 (延長後半13分)      : アジジ (後半1分)、ダエイ (後半14分) 日本代表が、はじめてのワールドカップ出場を決......続きを読む»

ロスタイム。 日本、大逆転勝利。

国際親善試合 2007/09/07(金)20:30(現地)/27:30(日本) @オーストリア・クラーゲンフルト 日本代表 4-3 スイス代表  ※得点者;中村俊輔 (後半7分PK、後半33分PK)、巻誠一郎 (後半22分)、矢野貴章 (後半47分)         マニャン (前半11分)、エンクフォー (前半13分)、ジュールー (後半35分)  前半、スイスに苦しめられた日本でし......続きを読む»

オシム・ジャパン、欧州遠征。 松井大輔に期待!

国際親善試合 2007/09/07(金)20:30(現地)-27:30(日本) @オーストリア・クラーゲンフルト 日本代表 - オーストリア代表 オシム・ジャパン初の欧州遠征です。 ヨーロッパ選手権のホスト国との対戦ですから 相手のモチベーションも高く、よい強化試合になるでしょう!   4位に終わったアジアカップ、そして、カメルーン戦(前半)を通じて 4バックで挑んできた、我らが......続きを読む»

二宮清純氏の講演会と。 川渕キャプテンの御言葉と。

8/26(土)、栗東芸術文化会館さきらにおいて、 スポーツジャーナリストの二宮清純氏の講演会がありました。   テーマは、 「地域力をつけるスポーツと市民生活」 ということで。 約1時間半にわたって、 『スポーツが、地域に対してできること』について、お話を聴いてきました。   主な内容は ・スポーツ振興の効果   Jリーグ発祥の裏話   新潟、甲府、鹿島、ヨーロッパ......続きを読む»

アジア杯、攻めきれず。。 日韓戦は、PK負け。。

AFC アジア・カップ 2007 2007/07/28(土) 23:35(現地時間) @インドネシア・バレンバン 《決勝トーナメント 3位決定戦》 日本 0 【 5 (PK) 6 】0 韓国 退場 ; カン・ミンス (後半11分) 後半11分。 高原直泰が相手DFと競り合ったところで 韓国選手にイエローカード。 この試合2枚目で、退場!  この判定に対して、  ......続きを読む»

アジア杯、日韓戦。 夢やぶれて、三決あり。

AFC アジア・カップ 2007 2007/07/28(土) 23:35(現地時間) @インドネシア・バレンバン 《決勝トーナメント 3位決定戦》 日本 - 韓国 サウジアラビアに敗れて、3連覇の夢が潰えたオシム・ジャパン。。 3位決定戦の相手は、永遠のライバル・韓国となりました。 さて、韓国の、ここまでのアジア杯の戦いぶりを振り返ってみますと。。 《グループD》 0......続きを読む»

アジア杯、準決勝。 日本、サウジに敗れる。。

AFC アジア・カップ 2007 2007/07/25(水) 20:20(現地時間) @ベトナム・ハノイ 《決勝トーナメント 準決勝》 日本 2-3 サウジアラビア  得点者 ; 中澤佑二 (前半37分)、阿部勇樹 (後半8分)        ; ヤセル (前半35分)、マレク(後半2分)、マレク (後半12分) やられました・・ とられて、すぐ追いついて。 またとられて......続きを読む»

アジア杯。 いざ、サウジアラビア戦!

AFC アジア・カップ 2007 2007/07/25(水) 20:20(現地時間) @ベトナム・ハノイ 《決勝トーナメント 準決勝》 日本 - サウジアラビア 準決勝の相手は、ウズベキスタンを2-1で下した、サウジアラビアとなりました。 日本とサウジとの対戦成績は、 9戦、6勝 1分け 2敗。 実は、オシム・ジャパンの初黒星が、 アジア杯予選、アウェーでのサウジ戦。......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconagnis1969

管理人:くーまん
岐阜県生まれ。
京都で学生時代を謳歌した
バブル世代。
現在は、湖国在住。
  
マール・ブランシュのモンブランと
浜田省吾を、こよなく愛する
『体脂肪率8%』 の漢。
 
2010年春、
双子の息子と娘を授かり、
仕事・家事・育児に驀進中
な為、ブログは「週刊」化。
 
ホークス・ファン歴’82~
K-1ナマ観戦歴’96~
滋賀レイクスターズの
ボランティア歴’07~
(参入0年目から)
シィカさん親衛隊No.2、
改めフキさん近衛隊先鋒
 
愛機ニコンを片手に
アリーナへ、スタジアムへ。
初号機D50 (2006/02~)
弐号機D5100 (2011/09~)
 
ブログ開設:2006/11/01
(それ以前のアーカイブは
 ココログから転載)
 
画像、図表、文章などの
著作権は、特記のない限り、
管理人にあります。   
選手名を呼び捨てにしている
場合がありますが、
他意はありません。
論理性、道徳性に欠ける
コメントは削除される
可能性があります。
誤字脱字、事実誤認記事が
ある場合は御指摘ください。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5448447

(07月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 盗まれた 『五輪韓国人選手、竹島アピール問題』 レポ。
  2. 消された日本代表選手。 冤罪を認めない、Jリーグの”闇”
  3. 東京 ”ドームラン” 批判を、嘆く。
  4. 大阪桐蔭、うちとったり。 されど、3季連覇を止めた代償は大きかった。
  5. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。~J1・J2まとめ~
  6. センバツ。 イチ押し1年生エース(新2年)、無念の敗退。。
  7. グラゼニ。 12球団総年俸事情。
  8. 1勝の格差。 選手年俸的に最も効率よく、勝ちを積み重ねた球団は。
  9. 貴方が愛するJクラブが、ライセンスを取り消される日。
  10. 西武と巨人のドラフト10年戦争。

月別アーカイブ

2017
07
06
02
2016
11
10
09
08
07
06
04
03
2015
10
09
07
06
05
03
02
2014
12
10
09
07
06
05
04
03
02
2013
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss